プロフィール

« 郵便書簡で手紙書いてみた | トップページ | いだてん 第25話 高石勝ちゃんの麻雀シーンの謎 »

直江兼続の愛の兜のやつ

367880

直江兼続のいわゆる「愛の兜」が嫌いだ。

ちなみに直江兼続自体は、信長の野望で上杉(長尾)家に苦しめられた思い出があるので、その配下という意味で好感度は5段階評価で2.5ぐらい。ああでも新発田重家に肩入れしちゃうから2だな。

僕の認識では、トリビアの泉で紹介されたのが直江兼続の愛の兜の認知度向上の第一波で、大河ドラマ天地人(とその関連番組)が第二波だと思っている。まあ、圧倒的に大河ドラマの影響が大きくて、そこから愛の兜が戦国武将の兜ベストイレブン入りして、猫も杓子も「愛の兜」、戦国武将のコスプレするときは「愛の兜」になった感はあるんだけど。

兜に「愛」の字があるのっていうほどカッコイイか?

いや、カッコイイと思うか思わないかはそれぞれのセンスだから別にいいんすよ。ただ僕は「ふーん、兜が愛の字なんすね~。ふーん。」ぐらいにしか思わん。

あと、「愛の兜」に「いい意味」を込めてる人が多いみたいだけど、あの「愛」って「愛宕」の頭文字だからね。神様の名前。上杉謙信の旗印の「毘」と同じ。仮に「愛」が単語としての「愛」だったとしても「愛=Love」っていう現代の解釈は明治時代に福沢諭吉が翻訳したもので、当時の「愛」は仏教用語で「執着」だからね。(参考文献:チコちゃんに叱られる)

まあ、愛の兜着けてた人たちは2016年以降、赤備えになったんだけどね。

 

« 郵便書簡で手紙書いてみた | トップページ | いだてん 第25話 高石勝ちゃんの麻雀シーンの謎 »

世間」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ