プロフィール

« 100日後に死ぬワニの考察1つだけ | トップページ | お前はのぞみ人間か »

俺の #STAYHOME のお供たち紹介

僕が外出自粛で家に引きこもっているのに、やっていることを紹介。STAYHOMEの参考になれば。一応おことわりしておきますが、案件では無いのであしからず。

Stayhome

スマホゲーム:Hero Rescue (Google Play)
 YouTubeなどの広告で、「ピン抜きゲーム」を見たことは無いだろうか?実はその広告のゲームでのピン抜きゲームはミニゲーム扱いらしく、レビュー欄で詐欺広告だのなんだのと叩かれている。
 そんなピン抜きゲームをメインに置いたゲームがHero Rescueだ。ピンを抜き、財宝をゲットしたり、敵を倒したり、姫を倒したりするのが目的。レベルは定期的に追加されており、2020年4月26日現在で300。一度クリアしたレベルはプレイできない。
 本編以外に4つのゲームが用意されており、そちらも定期的に追加されている。こちらはクリア済のレベルもプレイ可能。
 難易度は割と簡単で、序盤は退屈かもしれないが、レベルが上がってくると少し考えさせられるものもある。「偽物の宝箱」や「矢発射装置」など新しいギミックもどんどん追加され、追加されてからしばらくはチュートリアル的なレベルが続く新設設計。「手ごたえ」を求めている人には簡単すぎるかもしれないが、「暇つぶし」にはちょうどいいレベルだと思う。
 不満点は「たまにキャラクターの挙動がおかしくなり、続行不可能になること」「たまに『製作者の意図した解放はコレでいいのか?』と思うぐらいアッサリクリアできてしまう時があること」「なんやかんや広告が多いこと」ぐらいかな。ちなみに、このゲームの広告で、上述の”広告詐欺ゲーム”のピン抜きゲームも出てくる。

PCゲーム:天鳳 (URL)
 学生時代ぶりにオンライン麻雀ゲーム天鳳を再開した。余談だけど、麻雀を始めとするボードゲーム・アナログゲームってどうなんですかね?基本室内だから密閉空間だし、結構狭いテーブルとかに密集するし、結構喋るから密接だし。
 それまではアプリの麻雀ゲームをやってたんだけど、麻雀AIは微妙(だからゲームシステムからイカサマしている)だっていうし、やっぱり人を交えてのオンライン麻雀の方がいいね。
 2020年4月26日現在で2級。それっぽい名前を見かけたときはよろしくお願いします。
 ちなみに、珍しい役でアガったよ~^0^ 

TVゲーム:信長の野望 嵐世記(PS2版) (Amazon)
 なんと!18年前のゲーム!当時僕は小学4年生で、人生初の歴史シミュレーションゲームでした。もともとコロナ騒動前の昨年から、親父がやっていた(親父曰く嵐世記ぐらいのほうがシンプルでちょうどいいらしい)んだけど、これを機に僕も再開。
 たださんざんやりつくしたゲームなので普通にやったら面白くない。ということで「もしも平家と源氏が戦国時代に転生してきたら」というIFでそれぞれ10人ずつ武将を作ってプレイしております。
 往年のノブヤボファンでは人気の無いシリーズなんだけど「初めての信長の野望」という思い入れもあって、僕は一番好きだな。

本:思いたったらすぐ行ける! 「和」の絶景百選 (Amazon)
 もちろん今は思いたってもすぐ行っちゃいけません!!以前カフェで読んだときに非常に気に入って探していた本。タイトル通り日本全国の100個の絶景を写真付きで紹介。王道もあるけど結構マニアックな絶景も選ばれている。各都道府県から2~3選出しています。旅行好きならば家族と行ったことあるない等、これを読みながらお話してみては?
 重ね重ね言いますが今は思いたってもすぐ行っちゃいけません!!

DVD:大河ドラマ いだてん 完全版 DVD-BOX1 (Amazon)
 昨年の大河ドラマ「いだてん」のDVD-BOXの第1集と第2集が今週発売になったので購入(コロナ騒動前から予約してました)。いまのところ1日1話ずつ見ています。
 「IOCはオリンピックの映像の使用に厳しいから、本放送はできてもDVD化は難しいのでは?」なんて言われていたけれどなんのその。今のところ、映像に抜けがあったりはありません!さらに人気だったオープニングも「いだてん紀行」もしっかりと収録されています!次回予告も!収録されていないのはピエール瀧だけ!
 第3集第4集は5月下旬発売予定です。
 ちなみに、このDVDの購入により、我が家のリビングのDVDプレイヤーが壊れていることが分かりました。

以上!みんなで引きこもろう!!

おまけ:当ブログの引きこもりに役立ちそうなページ
【中2数学】俺的連立方程式攻略法【問題あり】
【中1数学】「資料の散らばりと代表値」について思うこと【問題あり】
この2記事は記事の最後に問題プリント(?)を用意しているので是非ご活用ください(もっと早く紹介すればよかった!)。

 

« 100日後に死ぬワニの考察1つだけ | トップページ | お前はのぞみ人間か »

文化・芸術」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ