プロフィール

« オリンピックで金メダル取れなかった選手が謝るやつ。 | トップページ | 役者さんの別作品の役の話とかするやつ »

アスルクラロ沼津所属中山雅史選手(通称ゴン中山)について、僕のスタンスを述べておく

 去年「ただ、"ゴン中山のいるクラブ"としての賞味期限は割と切れてきているのかなぁという印象もあり、…」なんて書いたものの、そんなことは全くなく、今年に入ってからアスルクラロ沼津のことを話題に出すと、「いつぞやにゴン中山が入ったよね?」とか「中山は試合に出るわけ?」とか聞かれるようになりました。

 そんな中山雅史選手、知名度もあって、"アスルクラロ沼津の中山雅史"が話題に出ると、(特に他サポで)難色を示す方々は多いです。

 ということで、今日はアスルクラロ沼津所属のFW、中山雅史選手について、僕のスタンスを述べたいと思います。

Nakayama

※あくまで、いちアスルクラロ沼津サポーターの意見であってアスルサポの総意ではありません!!アスルサポの中でもいろいろな意見があると思います。

試合出てないじゃん→出れないよ。だって怪我人だもん。

 中山雅史選手への批判としてよくあるのが「"選手"って言ってるけど試合出てないじゃん。」があります。その答えは「出れないよ。だって怪我人だもん。」です。
 具体的に言えば、「試合に出る条件として、①出られる状態か ②出る気があるか ③出られるだけの能力があるか があり、中山雅史選手は①出られる状態か という点だけが不十分である。」と僕は思っています。中山雅史選手は札幌時代にひざの手術をしています。いわば、そのころからウイイレで言うところの赤十字状態です。ウイイレでは赤十字の選手は試合に出場できませんし、怪我人に「怪我をおして試合に出ろ!」なんてブラックなこと、今時言えませんよね。
 ②出る気があるか に関しては、今年の開幕前の決起集会(?)に於いての発言、「今年は怪我を治して、直接試合でチームの勝利に貢献できるようになりたい。」より、試合に出たい気持ちはあると考えています。出る気が無いのに、TVで解説業した次の日に練習に来ませんよね。
 ③出られるだけの能力があるか に関しては、願望になってしまいますが、怪我が完治すれば「ここぞ!」というところで仕事をしてくれる選手ではあると思っています。

と、いうことで、僕のスタンスは、
中山雅史選手は大怪我からの復活の為に、日々トレーニングを積んでいるサッカー選手
というスタンスです。
ちなみに、先日練習見学に行って見た様子だと、ここ2年で一番調子がよさそうです。来年あたりにはベンチ入りぐらい有るかも!!

最後に、中山雅史選手、52歳の誕生日おめでとうございます!!

« オリンピックで金メダル取れなかった選手が謝るやつ。 | トップページ | 役者さんの別作品の役の話とかするやつ »

サッカー」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ