プロフィール

【ドミニオン】「へそくり」(プロモ)の"へそくりだけ裏面が違う"を役立てたい

 しばらく見ない間に、ドミニオンセカンドエディションとかよく分かんないもんが出てるぜ!でもここは通常営業でギルドまでしか扱わないよ!!
 と、いうことで今日は「へそくり」(プロモ)です。へそくりというと、「シャッフル時に好きなところにへそくりを入れられる。」という効果を用いて、シャッフルを頻出させることができる「宰相」(基本)や「ゴミあさり」(暗黒時代)と相性がいいことで有名です。しかし、今日はもう一つの特徴である「へそくりだけ裏面のデザインが違う」を効果的に使うことはできないか考えてみたいと思います。ところで、へそくりだけデザインが違うのって、シャッフル時にへそくりを抜き出しやすくする為とか、好きな順番で入れてるのはへそくりだけだと分かるようにするという不正防止の為のものなのかなぁ?


へそくり(Stash) コスト5 財宝
2コイン
-------------------------
あなたが山札をシャッフルをするとき、このカードを自分の山札の好きなところに加えることができる。
(「へそくり」は他のカードと異なる裏面になっているため、プレイヤーの手札にある場合や、誰かの「停泊所」(海辺)で脇に置かれている場合などに、見分けがつく。)
※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

続きを読む "【ドミニオン】「へそくり」(プロモ)の"へそくりだけ裏面が違う"を役立てたい" »

【ドミニオン】「弟子」(錬金術)&「青空市場」(暗黒時代)

 やっぱり「弟子」(錬金術)を使うときは、高コストのカードをドーンと廃棄→手札を充実させる→属州2枚買い!。みたいな風に使いたいですよね。この弟子と相性がいいのが「青空市場」(暗黒時代)。弟子の効果の廃棄時のリアクションで、高コストカードの金貨を獲得することができるし、通常アクションには+購入もついている!
 今日はこの弟子&青空市場のコンボをご紹介。


弟子(Apprentice) コスト5 アクション
+1アクション
あなたの手札のカード1枚を廃棄する。
そのカードのコスト1コインにつき、
+1カードを引く。
そのカードのコストに1ポーションがある場合、+2カードを引く。
青空市場(Market Square) コスト3 アクション-リアクション
+1カードを引く
+1アクション
+1カードを購入
-------------------------
あなたのカード1枚を廃棄するとき、あなたは手札からこのカードを捨て札にしてもよい。そうした場合、金貨1枚を獲得する。
※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

続きを読む "【ドミニオン】「弟子」(錬金術)&「青空市場」(暗黒時代)" »

【ドミニオン】3ターン目「大市場」(繁栄)を目指す

 僕はサプライに「大市場」(繁栄)がある場なら、とにかく大市場を買っていれば勝てると思っており、「○○キャラソート」ならぬ「ドミニオンカードソート」なるものがあれば、大市場は僕のカードソートでは上位5つには入る相当上位のカードです。
 鉱山の村記事でも書きましたが、1カード1アクション2金という超強力な効果出すことができるカードは大市場・「共謀者」(陰謀)・「鉱山の村」(陰謀)の3種のみで、それぞれに「タダではその効果を受けさせない」足枷のようなものがあります。大市場は「銅貨では買えない」という足枷がある訳です。
 銅貨で買えない≒序盤で買えない大市場を序盤。しかも3ターン目に購入することができれば相当有利だと思われます(大市場を1枚買うと、2枚目以降の購入ハードルが途端に低くなるため)。
 と、いうことで大市場を3ターン目に購入できる方法を調べてみました。


大市場(Grand Market) コスト6 アクション
+1カードを引く
+1アクション
+1カードを購入
+2コイン
-------------------------
あなたは場に銅貨を出している場合、このカードを購入できない。
※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

続きを読む "【ドミニオン】3ターン目「大市場」(繁栄)を目指す" »

【ドミニオン】「よろずや」(異郷)と「隠遁者」(暗黒時代)のリカバリー力

 「アタックカードに備える」というと「堀」(基本)や「秘密の部屋」(陰謀)のような「他のプレイヤーがアタックカードを使用した時~」と書かれているリアクションカードを想像しがち。しかし、アタックカードを受けた次の自分のターンで、通常のアクションカードの効果で先程受けたアタックカードのマイナス効果をリカバリーすることも可能です。
 このリカバリー力に優れた2トップが「よろずや」(異郷)と「隠遁者」(暗黒時代)だと思われます。(リアクション効果も含めて対アタックカード性に優れたカードといえば「望楼」(繁栄)もある)
 と、いうことで今日は上記2トップの(ギルドまでの)全アタックカード効果からのリカバリー力を徹底調査!


よろずや(Jack of All Trades) コスト4 アクション
銀貨1枚を獲得する。
あなたのデッキの一番上を見て、そのカードを捨て札にするか、そのまま戻すかをする。
あなたの手札が5枚になるまでカードを引く。
あなたは手札から財宝以外のカード1枚を廃棄してもよい。
隠遁者(Hermit) コスト3 アクション
あなたの捨て札のカードすべてを見る。
あなたの捨て札または手札の、財宝以外のカード1枚を廃棄してもよい。
コスト3コイン以下のカード1枚を獲得する。
-------------------------
あなたがこのカードを場から捨て札に置いたとき、あなたがこのターンにカードを購入していない場合、このカードを廃棄し、狂人の山札から狂人1枚を獲得する。
※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

続きを読む "【ドミニオン】「よろずや」(異郷)と「隠遁者」(暗黒時代)のリカバリー力" »

【ドミニオン】「繁栄」は金量も増えるが購入回数も増える

 ドミニオンの拡張セット第4弾(5番目のセット)である「繁栄」。ホビージャパンの紹介ページでも、
「金貨」よりも価値の高い財宝「白金貨」や、「属州」よりも価値の高い勝利点カード「植民地」も加わり、王国カードとして特殊効果を持ち合わせた財宝カードも盛りだくさん。
と紹介されているように、繁栄というセットは「金量がいっぱい出る。8金で属州を買うようでは勝てない。」という印象が強めです。
 しかし、繁栄の特徴はそこだけではありません。金量・勝利点も増えますが、購入回数も増えやすいのです。
 今日は、植民地場(=繁栄のセットが含まれている)のゲームでは植民地を目指すのが最適解ではない場合もあるというお話。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

続きを読む "【ドミニオン】「繁栄」は金量も増えるが購入回数も増える" »

【ドミニオン】「貢物」(陰謀)を考える

 「陰謀で一番購入しないカード」などと言われている「貢物」について考えていきます。呪いが入ったら役に立たなくなるのは言うまでもなく、「「ハーレム」や「貴族」(共に陰謀)で2つの効果ゲットや!」と企んでも、相手はハーレムや貴族を買わないなんてのもよくある。
 初心者の時はよく買ってたけど、次第に使わなくなっているなぁ。という感じ。


貢物(Tribute) コスト5 アクション
あなたの左隣のプレイヤーは、自分の山札の上から2枚のカードを公開し、捨て札にする。あなたは、その2枚のカードのうち、異なる名前のカードごとに…
アクションカードの場合:+2アクション
財宝カードの場合:+2コイン
勝利点カードの場合:+2カードを引く
(カード名が同一の場合、そのカードの種類のボーナス1つのみを得る。)

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

続きを読む "【ドミニオン】「貢物」(陰謀)を考える" »

【ドミニオン】「冒険」「Empires」に対する俺のスタンスを書いておこう

 ドミニオンに新しい拡張セット「Empires」が出るそうですね(ソース)。ドミニオンの新しい拡張が発表されるのは「冒険:Adventure」以来1年ぐらいぶりでしょうか。"※本ブログでは当面の間は新セット「Adventure」カードは総スルーという方針で話を進めていきます。"という注釈をドミニオン記事に書き続けている間に新拡張セットが発売されてしまいました。
 さっさと冒険のカードやEmpiresのカードについて勉強し、それらを含めてた考察を行った方がいいのは当然ですが、イマイチこの2つのセットのカードについて勉強するモチベーションが上がりません。よって、当ブログでは「冒険:Adventure」と「Empires」のカードは総スルーという方針で話を進めていきます。
 冒険とempiresに関しては、食わず嫌いならぬ使わず嫌い・買わず嫌いをしているだけです。では、なぜ使わず嫌い買わず嫌いをしているのかを、今日は自己分析します。

続きを読む "【ドミニオン】「冒険」「Empires」に対する俺のスタンスを書いておこう" »

【未解決】ドミニオンの「弟子」(錬金術)は誰の弟子なのか?

 ドミニオン七不思議の1つ、「弟子は誰の弟子なのか?」について僕の考察を書いていこうと思います。
【ドミニオン七不思議】
1.なぜ「ハーレム」(陰謀)の女の子は可愛くないのか?
2.なぜ「シルクロード」(異郷)の挿絵はシルクロードっぽくないのか?
3.「弟子」(錬金術)は誰の弟子なのか?




弟子(Apprentice) コスト5 アクション
+1アクション あなたの手札のカード1枚を廃棄する。 そのカードのコスト1コインにつき、 +1カードを引く。 そのカードのコストに1ポーションがある場合、+2カードを引く。
※注意 この記事は管理人の疑問と考察を書き連ねているだけです。本記事では「弟子は誰の弟子なのか?」は解決しません。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください

続きを読む "【未解決】ドミニオンの「弟子」(錬金術)は誰の弟子なのか?" »

【ドミニオン】~ルール考察・確認~俺は「肉屋」(ギルド)について重大な勘違いをしていた

肉屋(Butcher) コスト5 アクション
コイントークン2枚を得る。あなたの手札からカード1枚を廃棄し、その後、好きな枚数のコイントークンを支払ってもよい。
あなたが手札のカード1枚を廃棄していた場合、廃棄したカードのコストに支払ったコイントークンの枚数を加えた数までのコストのカード1枚を獲得する。


 肉屋って、「廃棄したカードのコストに支払ったコイントークンの枚数を加えた数"まで"のコストのカード1枚を獲得する。」なんですね。僕はずっと、「廃棄したカードのコストに支払ったコイントークンの枚数を加えた数のコストのカード1枚を獲得する。」("まで"がない)だと勘違いしていました。思いの外、廃棄云々部分は「改築」(基本)の効果に似ていて、「コイントークン2枚貰って終了という選択肢もある上に、コイントークンでコストの上限を変動させられる肉屋が改築よりコスト1高いだけ!?そりゃ、肉屋は人気カードになるわ。」と納得。
 と、いうことで今日は肉屋のルール考察(っていうか確認)。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。

続きを読む "【ドミニオン】~ルール考察・確認~俺は「肉屋」(ギルド)について重大な勘違いをしていた" »

【ドミニオン】「ネズミ」(暗黒時代)を考える

 ※本ブログでは当面の間は新セット「Adventure」カードは総スルーという方針で話を進めていきます。
 ドミニオン屈指の問題児である「ネズミ」にスポットを当てて、ネズミと相性の良さそうなカードを考えていきます。もちろん何も考えずに購入して使ってるとデッキがネズミだらけになる。効果そのものの良し悪しは置いといて、この効果に対してこのカード名を考えた開発者のセンスが素晴らしい(どっちが先か分からないけど)。


ネズミ(Rats) コスト4 アクション
+1カードを引く
+1アクション
ネズミ1枚を獲得する。あなたの手札からネズミ以外のカード1枚を廃棄する(すべてネズミの場合は手札を公開する)。
-------------------------
あなたはこのカードを廃棄したとき、+1カードを引く。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。

続きを読む "【ドミニオン】「ネズミ」(暗黒時代)を考える" »

より以前の記事一覧

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ