プロフィール

だから視聴者同士で「嫌なら見るな」と言い合うのは間違いじゃないって

このブログ記事は嫌でも読んでください!お願いします!!

 6年前に有名になった「嫌なら見るな」という言葉(言葉自体は昔からあったらしいね)。あの発言以降、「嫌なら見るな」的発言をすると「『嫌なら見るな』かよwwwww」みたいなことを言う人がいますが、別に"こっち側"同士でそういうことを言い合うのは間違いじゃないよね。というお話。

IyanaramirunaIyanaramiruna

続きを読む "だから視聴者同士で「嫌なら見るな」と言い合うのは間違いじゃないって" »

ニット帽とオシャレ

完っ全に季節外れですが、先日を冬物を仕舞ったときに思い出したニット帽に関するエピソード(?)をご紹介。

Knitcap

続きを読む "ニット帽とオシャレ" »

3月23日だし差別について考えてみる ~「今は」じゃないんだよ編~

 今年も3月23日がやってきます。3月23日は「さ(3)べつに(2)ついてみ(3)んなでかんがえる日」だと当ブログは勝手に決めております(詳しいことの顛末は2015年3月23日の記事から)。
323

 本題に入る前に、3月8日(国際女性デー)にタレント、エッセイストである小島慶子さんが執筆された記事が素晴らしいと思ったので紹介させていただきます。
国際女性デーだからこそ、男性のしんどさにも目を向けよう(小島慶子) - 個人 - Yahoo!ニュース
 まあぶっちゃけ、言ってる事は昔からネット上でうだうだ言われてることなんだけどね。ただ、それを"国際女性デーに"、"小島慶子さんというデキる女性(そして一般人ではない)"が記事にすることが、変な話、非常に価値があることだと思います。ちなみに、僕は今年まで3月8日が国際女性デーだってことを知らなかったぜ!

続きを読む "3月23日だし差別について考えてみる ~「今は」じゃないんだよ編~" »

「レディファースト強要おばさん」からの「頑なに遠慮レディ」のコンボが辛い件

ここ数年、

おばさん「ケーキ買って来たよー。」
男「いえーい!」
おばさん「レディファーストでしょ!」
男「どうぞどうぞ。」
レディ「いや、私後でいいですよ。」
おばさん「遠慮しないでいいから。早く早く。」
レディ「いやホント私後でいいですから・・・。」

みたいな流れをよく見るんですが、ホント辛いからやめてっていうお話。

続きを読む "「レディファースト強要おばさん」からの「頑なに遠慮レディ」のコンボが辛い件" »

やっぱり道端での「おかえり」には「ただいま」と返すほうが正しい件

10年ぐらい前の、女優多部未華子さん出演の積水ハイムのCM。

これを見た母が「『おかえり』っていわれてるのに『こんにちは』って返すのはおかしい!『おかえり』と言われたら『ただいま』でしょ!」とツッコんでいたのですが、やっぱり道端で「おかえり」と挨拶された時には「こんにちは」と返すほうが正しいですよね。というお話。

続きを読む "やっぱり道端での「おかえり」には「ただいま」と返すほうが正しい件" »

「正義の反対は悪ではなくまた別の正義」という諸刃の剣

 「正義の反対は悪ではなくまた別の正義」という言葉が2chを始めとしたネット上では有名ですよね。マザーテレサの「好きの反対は嫌いではなく無関心」と同系統(なのかな?)で、「確かに!」という感じですよね。
 が、この「正義の反対は悪ではなくまた別の正義」という考えは諸刃の剣なんじゃないかという僕の思いを今日はご紹介。

続きを読む "「正義の反対は悪ではなくまた別の正義」という諸刃の剣" »

名字イジり、名前イジりが凄く嫌いだよっていう話

 幼稚園生からオッサンオバサンまで、老若男女を問わずに行われている「名前イジり」が、僕は凄く嫌いなのでその嫌いっぷりを書きたいと思います。
 ちなみに僕、麦茶屋蒼次郎は、名字はある歴史上の人物とあるタレントと同じなのでそれ方面でイジられ、名前はクラスメートの変なヤツと同じだったのでそれでイジられたという具合です。

続きを読む "名字イジり、名前イジりが凄く嫌いだよっていう話" »

"自虐"と"他虐"は全然違うよっていう話

 最近、「自虐や謙遜をそのまま受け取って返す人が多いなぁ。」と感じるのでその風潮のにNOを突きつけます。

続きを読む ""自虐"と"他虐"は全然違うよっていう話" »

"シュレディンガーの猫"の誤用の誤用を広めたい

 "シュレディンガーの猫"って言葉がありますよね。ものすごいざっくり説明すると、中身が見えない箱に猫を入れる。その箱はなんか「猫が死んじゃうよ!」ってなる装置も入ってるんだけど、その装置が作動するタイミングは"量子力学的には"分かんないから今、箱の中の猫は生きてる猫と死んでる猫両方いると言える。っていうことらしいです。分かりやすい参考資料
 これ、シュレディンガーは「だから、量子力学はクソなんだ。」っていう為に↑の例を言ったそうです。つまり、「シュレディンガーの猫」の真意は「量子力学はクソ」。
 が、現在「シュレディンガーの猫」という言葉はもっぱら「(生と死、両方の状態があるなんて)量子力学は深いなぁ。」とか「古典力学では"生と死どちらか。"なのに、量子力学は"生と死両方"がある!新しい!」みたいな比較的量子力学をポジティブに捉える言葉として誤用されています。
 で、今回はそのさらに誤用である「シュレディンガーの猫」の誤用の誤用はもっと広まってもいいんじゃないかと思うので、ご紹介。

※管理人は量子力学およびシュレディンガーの猫の事を理解せずに記事を書いています
Cat


続きを読む ""シュレディンガーの猫"の誤用の誤用を広めたい" »

お前たち遅生まれは早生まれの苦悩を分かっちゃいない

 僕は2月生まれなので早生まれです。で、日常生活やイベントにおいて早生まれが損した気分になったり、気を遣ったりしないといけなかったりすることは少なくない訳です。
 しかーし、遅生まれ(4月2日~12月31日生まれ)の人達には、そんなことは考えない訳です。いうなれば、「左利きの人は右利きの人が何も感じないところでストレスを感じている」というのと同じですね。「早生まれの人は遅生まれの人が何も感じないところでストレスを感じている。」という訳です。
 ということで、今日は一早生まれの人間として日々感じている苦悩を主張しますので、遅生まれの人達は是非とも頭に入れていただきたいです。

続きを読む "お前たち遅生まれは早生まれの苦悩を分かっちゃいない" »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ