プロフィール

« タバコとかいう逆DHMO | トップページ | ひぐらしひなつ著「救世主監督 片野坂知宏」の感想文を書いてみる »

アスルクラロ沼津外国籍選手列伝(2014~2017)

流行に乗っかってやる。noteでやるのがマナーのようだけど、わざわざnote作るのも・・・ねぇ?

・偉大なる元祖様(レノファ山口編)

・僕がこのシリーズを知るきっかけになった本家様(ジェフ千葉編)

・「だれか清水エスパルス編作ってくんねぇ~かなぁ~~~~」と思ってたら作ってくださった清水エスパルス編

Acn

 

キム・ヨンギ(2014)韓国 DF

 2012年の水戸で20試合出場しているのだが、2013年は8試合に減り、2013年いっぱいで水戸は退団した模様。その後、約半年の浪人期間を経て2014年8月に沼津に入団。やばい、なんも覚えてないぞ。記事にもしたこの試合に出場しているので、実際にこの目で見たはずなのに。入団後は全試合出場してJ経験者としての貫禄は見せてくれた模様。Wikipediaにはその後が何も書かれていないので、今どこで何してるのかは不明。

 

ペ・フミン(2014)韓国 MF

 2013年に横浜FCに入団し1試合出場、2014年はブラジルに留学(?)し、キム・ヨンギ同様、8月に沼津に入団。こちらも先述の試合に出場しており、確かボランチだったと思う。「うめぇなぁ~。Jリーグ経験者はやっぱり違うな~。」と感心した記憶がこちらの選手には残っているw 沼津には7試合に出場し1得点。2015年は横浜FCに戻ったが出場無し。2016年以降は韓国でプレーしている模様。
 ちなみに、横浜FCでの書かれ方はこちら

 

 キム・ヨンギ、ペ・フミンの2014年8月入団の両者がアスルクラロ沼津初の外国籍選手の模様。僕よりも古参の方々が初と言っているので、同じく2014年に在籍していた中山ケビン選手や、(今回は対象外だが)2013年に在籍していた横田デニロ・ルイス選手は日本人の模様。
 ところで、気になるのは今以上に金が無かったであろう当時の沼津は、2人の通訳をどうしたのだろうかという点。通訳を雇ったのか、彼らが日本語を理解できたのか、通訳無しで乗り切ったのか、選手・スタッフに韓国語を喋れる人がいたのか。
 ちなみに、僕は2人とも横浜FCからのレンタル加入だと思っていたが、横浜FCからは1人だけだったしどっちもレンタルじゃなかった。

 

朴昇利(パク・スンリ)(2019~)朝鮮籍 GK

Park

 今シーズン群馬から加入した、いわゆる在日朝鮮人選手。その為、日本語はフツーに喋れる。"Jリーグクラブ"としては初めての外国籍選手である。
 群馬ではリーグ戦の出場が無かったが、FC大阪時代は大卒ルーキーながら26試合に出場するなど、経験豊富。沼津では26歳で最年長(他面子は25歳、22歳、20歳)という若きGK軍団でポジション争いをすることに。
シーズン当初から牲川の2番手ということでベンチを温める日が続いたが、牲川の怪我や天皇杯予選での評価もあって、第9節ヴァンラーレ八戸戦で先発出場となり、Jリーグデビューとなった。
 しかし、その八戸戦の前半に腰(?)を負傷し、無念の途中交代。現在は、復帰を目指しているところである。頑張れ。

 

以上!!

 ちなみに、「朴選手がアスルクラロ沼津初の外国籍選手」というと「いやいや2014年には韓国人選手が2人~」となって、古参サポを炙り出すことができるので是非とも有効活用して欲しい。

 

※追記

 当時をよく知る方がキム・ヨンギ選手に関する情報を下さいました!!ありがとうございます!!

« タバコとかいう逆DHMO | トップページ | ひぐらしひなつ著「救世主監督 片野坂知宏」の感想文を書いてみる »

サッカー」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ