プロフィール

« どうしてオリックスバファローズは「バッファローズ」ではなく「バファローズ」なのか | トップページ | ポテトサラダにはそんなに他の具材を入れるべきではないという話 »

やっぱり心技体で一番大事なのは体だよねという話

 横綱・稀勢の里が引退となりました。まあ致し方なし。お疲れさまでした。
 で、稀勢の里引退で思ったのは「心技体で一番大事なのはやっぱり体だよなぁ~」という話。
Shingitai

「心が大事」って言うけれど・・・
 心技体っていうと心が最初に来ているからか「心が一番大事!」って言われがちだけど、体が万全な状態じゃないと、心も万全な状態でいられないですよね?アスリートで言えば怪我や病気をしてしまうと焦りに繋がってしまいますし、一般人で言っても「疲労が溜まるとイライラする」なんてよくあることですからね。
 まさに「健全なる精神は健全なる身体に宿る」ですね。実はこの言葉、ユウェナリスという詩人の「人は神に、健全な身体に宿った健全な精神を与えられるように祈るべきだ」という詩の一部分だけが訳されて広まってしまったものだそうです。いずれにせよ「健全な精神のベースは健全な身体」ということが書かれていますね。
 先日、大河ドラマ「いだてん」で金栗四三の「体力・気力・努力」という言葉が紹介されいたけれど、「体力が無いと気力が付かないし、気力が無いと努力ができない。」ということらしい。これもまた「心よりも体が大事!」ということになります。
 なので、心技体って↑のようなベン図であらわされがちだけど、↓のようなピラミッド(体心技)の方が正しいんじゃないのかなぁ?
Shingitai2

名横綱は"体"が凄かった
 そう考えると、全盛期の朝青龍と白鵬は本当に"体"が凄かった。よく実況・解説者が「白いもの(テーピング)が何も無い」と言っていたけれど、全盛期の両者は怪我知らずだった。
 と、なると"体"が崩れてしまい、"心"・"技"が崩れてしまった稀勢の里はやっぱり横綱としてはアウトな訳で、引退も止む無しなのかなと思ってしまう。(ちなみに日馬富士は"体"が崩れても"心"や"技"は崩れなかった。土俵外での"心"が崩れてしまってしまったんだけど)
 こう書くと「横綱ってブラック企業!!」ってなるけど、横綱はブラックでいいと思うよ。だって横綱は神様だもん。神様の仕事は重労働でブラックだもん。でも神様はブラック企業の激務を乗り越えられるから!!それが大関との決定的な違い。
 僕ら相撲ファンは神様に無責任な要求をしてもいいと思っているけれど(何度か言ってるけど僕は最近の"消費者"が配慮しないといけない風潮はあまり好きではない)、相撲協会や横審の方々は"神様の威厳"や"御神体"を守るためにやれるべきことがあるんじゃないのかい?

« どうしてオリックスバファローズは「バッファローズ」ではなく「バファローズ」なのか | トップページ | ポテトサラダにはそんなに他の具材を入れるべきではないという話 »

スポーツ」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ