プロフィール

« 2018年の当ブログを振り返る | トップページ | どうしてオリックスバファローズは「バッファローズ」ではなく「バファローズ」なのか »

第95回箱根駅伝を振り返りつつ箱根駅伝や駅伝を考える

 プロフィールにも書いてあることですが、僕は箱根駅伝が好きです。よって、毎年1月2日3日は基本的にずっとTVの前で箱根駅伝を見ています。と、いうことで今年の箱根駅伝を振り返りつつ、箱根駅伝そのものや駅伝全体について書いていこうと思います。(ここまで毎年恒例。)
Titile

「箱根から世界へとか言ってるヤツwwwww」とか言ってたヤツwwwww
 大会の総括前にひとつ。僕はさんざんこのブログでも「箱根駅伝って"箱根から世界へ"って言ってるけど、全然箱根から世界に選手輩出してないじゃーん!むしろどんどんガラパゴス化してってない?」とか言っていたのですが・・・。箱根出身の選手が立て続けにマラソン日本記録更新!
 設楽選手、大迫選手、そして箱根駅伝に関わる(関わった)皆様。本当に申し訳ございませんでしたーーーー!!!!!

大会前の予想・展望と結果
・平成最後の箱根って連呼するんだろうな
 天皇陛下の生前退位により、昨年夏から各所で「平成最後の~~」がされておりますが、多分に漏れず箱根駅伝も「平成最後の箱根」「平成最後の山上り」「平成最後の襷リレー」って連呼するんだろうなぁ~と思っていました。
【大会後の感想】
 思ったよりかは連呼しなかったね。どっちかというと東京五輪の方が連呼されてた。中継のエンディングで豊洲・スカイツリー・皇居を映したのは「新時代へ」感あって良い演出だと思った。
・優勝は青学だろうな
 出雲・全日本も制し、「ザ・盤石」って感じの青学。まあフツーに五連覇だと思っていました。
【大会後感想】
 いやぁ、まさかのまさかでしたねぇ。それでも復路優勝、総合2位までもっていったのは選手・原監督ともども凄い。往路終了時では「青学の時代は終わったか?」なんて思ったけど、来年はフツーに優勝しそう。優勝逃した次の年の東洋のように。東海大学優勝おめでとう!
・国士舘が外国人起用。飛躍あるかも。
 年末に読売新聞の箱根駅伝の特集記事を発見。読んでみると、「外国人選手を起用する国士舘大学が飛躍するかも」と。外国人を起用すれば何とかなる時代ではありませんが、面白いことになるかも!と期待。国士舘も我らが上武大と一緒に繰り上げ組だから、そういうところが躍進すると嬉しいねん。
【大会後感想】
 飛躍した!からのズコー!2区で貯めた貯金をコツコツ使って10位でシード権獲得!系大学になると思いきや、3区でシード権から落ちてたね・・・。そして復路では結局鶴見中継所で繰り上げスタート…。
 過去に中継所を1位で襷リレーしたのに繰り上げスタートになってしまった大学ってあるのだろうか。あったら教えてください。

箱根駅伝にどうでもいい区間なんて1つもない!
 今大会は特に「重要じゃない区間なんて1つもない」ということを感じさせられた大会でしたね。先述の国士舘や日大のような1人の頑張りがすぐに消費されてしまうチームでは、上位進出は難しいでしょう(それができたのは國學院ぐらいか)。駅伝はまさにチームプレーであり団体戦。総力が大切だと思い知らされました(夢の無いことをいうと"選手層が厚い方が勝つ"ということになる)。
 そんな箱根駅伝には、どこぞのJリーグクラブのスローガンをパクって「総力走力」というスローガンを捧げたいと思います。
Web_shodo

管理人注目の上武大は?
 さあ当ブログが応援する上武大。11年連続11回目の出場で、初出場から1回も出場が途切れたことのない大学は4校ぐらいしかないらしい。上武大誇らしい。
 ただ、今大会はギリギリ予選突破。それも「今大会は記念大会で出場枠が拡大したから11位でも出れたけど、本来の出場枠は10校なので、いつも通りなら出れなかった」というセルジオ越後苦言案件。「いやでも案外予選ギリギリ通過のチームが躍進したりするし、逆に予選1位通過のチームがダメダメだったりするし。」と一応ポジティブに考えて大会へ。
 うむ。1区からアカンかった…。結局、復路一斉スタートとなり6区途中で見た目の順位最下位に。(いつも通り)8区9区と繰り上げスタートで最終的にはフツーに最下位になってしまった。トホホ~。
 それでも毎回予選突破をする上武大。頑張れ上武大!来年の目標は繰り上げスタート阻止だ!
Jobutaomafu
 ※11月に箱根駅伝ミュージアムに行って上武大のタオマフを買いましたw 俺はもう上武大の応援をやめることはできない。

他、放送見てて思ったこと気付いたこと
大東大のCMのタイミング
 1区スタート早々に大東大の選手が転倒。レース早々足を引きずりながら走るという展開に。そこで流れたCMが大東文化大学。あー棄権しちゃったら流しづらくなるから今のうちに流しといたんだな。
大東大と麗澤大のユニの色使い似てる
 大東大:黄緑色のシャツにオレンジのパンツ
 麗澤大:緑色(エメラルドグリーン的な)のシャツにえんじ色?のパンツ
似てる。日陰に入るとより似る。麗澤大も来年以降本選出場しそうだけど、そうなると大東大と見分けがつかなくなる人増えそう。
相澤選手とカーチャン
 去年の箱根駅伝中継で東洋大の相澤選手を見たカーチャンが「あら~heartこの子イケメン!」と大層お気に入りの様子。と、いうことで今年も相澤選手が出たところで「カーチャン、去年この選手イケメンって言って気に入ってたよ?」と言ったら「え~」とそうでもない感じ。曰く、顔つきが大人っぽいから好みじゃないと。確かにこの1年で大人っぽくなったのかなぁ。大学生じゃまだまだ成長するんだね。ちなみに「今年だったら(東洋の)5区の子の方が好みheart」って言ってました。
次走者不在の件
 往路が終わった時点でちょっと話題になってた「中継所での次走者不在問題」。結局往路で2回あっただけで済んだけど、往復合わせて結構ギリギリになって選手が中継点に飛び込んでくる例が多かった気がする。
 この件の僕のスタンスとしては「選手が悪い」だと思っています。
 ただ、運営だけじゃなくて放送も不手際多かったよなぁ。という印象。テロップの出し間違い、出し遅れ、区間記録更新ペースで走っている國學院浦野選手に全然触れない・・・etc。
 運営・放送スタッフ共に大変だとは思いますが、選手スタッフの安全、快適なレース環境、見やすい放送をよろしくお願いします!
定点ポイントの応援
 今大会は、各地の定点ポイントでの応援が、各大学の応援が増えたなー。という印象。運営がなんか対策したのかな?代表的な「二宮のフリーザー様」は画面隅に追いやられて、TVに映ったと思ったら次のランナーからは映らないように移動させられていたように感じた。僕はフリーザー様も湘南ベルマーレのフラッグも肯定的に捉えてる側なんだけど、大学ののぼりがたくさんあると「まあこっちの方が正しい応援だよな」とは思う。

まとめ
・来年も箱根駅伝見るよ!
・応援マナーは守ってね!
・選手・スタッフの皆様ははお疲れ様でした!

« 2018年の当ブログを振り返る | トップページ | どうしてオリックスバファローズは「バッファローズ」ではなく「バファローズ」なのか »

スポーツ」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ