プロフィール

« 「不遇・戦争は気分が沈むから見ない」これでいいのか | トップページ | 2018年の当ブログを振り返る »

結局、家の掃除も5Sだよねという話

 大晦日ですね。大晦日といえば大掃除。まあ僕は「掃除なんて命の危機を感じてからやりゃいいんだよ。」というスタンスなので、ささっと終わらせてこうしてブログを書いている訳ですが。
 んで、掃除していて思ったんですが、家の掃除も5Sだよな~という話。今日はその5Sを紹介。

5s

5Sとは??

5S(ごエス、ごーエス)とは、製造業・サービス業などの職場環境の維持改善で用いられるスローガンである。 ~wikipediaより~
5S活動の目的は、業務を安全かつ効率的に進めるために行います。そしてその意義は、職場環境の整備と改善にあります。 ~引用元
と、いうことで5Sとは整理・整頓・清掃・清潔・躾の頭文字の5つのSのことを言います。
 と、いうことで5Sのひとつひとつを、家の掃除に当てはめて考えていきましょう。

1.整理
 整理とは「必要なものと不要なものに分け、不要なものを処分する」ことです。いわゆる断捨離ですね。今年の僕はもう写らなくなったボールペンがわんさか出てきたのですべて廃棄しました。

2.整頓
 整頓とは「整理で必要なもの」になったものの配置場所などを決めることです。いわゆるお片付け術でいうところの「モノの住所を決めてあげる」というヤツですね。そうすることによって、モノが必ずその場所に戻るのでキレイな状態が保たれるということです。
 ここで注意してほしいのが「"整列"になってはいけない」というもので、見た目をキレイにするためだけの配置だと、結局その場所にモノを戻すのが面倒になって、モノが散乱してしまうからです。

3.清掃
 清掃とはそのまま掃除です。どこがどう汚れるのかを意識して清掃し、その対策を練り、新しい清掃道具・清掃方法・そもそも汚れない方法を考えるとよいです。

4.清潔
 清潔とは上記の整理・整頓・清掃を徹底し、清潔な状態を維持することです。

5.躾
 躾とは上記4つをしっかり行う為のルールを全員で共有し、遵守するさせることです(これが一番難しい・・・)。どんなに素晴らしい、方法・道具を考えても、その方法でやらない、その道具を使わないで掃除をされては意味がないですからね。ところによっては「習慣化」というところもあるそうですね。家の掃除に関してはそっちの方が適してるかな?

3T(3定)もあるよ
 5Sだけでなく3T(もしくは3定)というものもあります。3Tとは「定品・定位置・定数」を意味します。すなわち、「正しいモノを、正しい場所に、正しい数量」置くというものです。多ければいいわけではないということです。ボールペンとかね。

まとめ
 家の掃除も5Sでできる!!
 まあでも会社で言われてることを家でもやらないといけないってのはやだよねぇ・・・。
 でも5Sの最終目標は機械の故障などの大幅なロスを無くすためのものであり、それはつまり「大掃除」を無くすためのものなので、日々コツコツやった方が得なんですよ。

まあこういうことですよ。

« 「不遇・戦争は気分が沈むから見ない」これでいいのか | トップページ | 2018年の当ブログを振り返る »

生活」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ