プロフィール

« アメリカンドッグのことアメリカンドッグって呼ぶの日本だけらしいんだけど、じゃあアメリカンドッグのアメリカって何? | トップページ

日本代表チームを全日本って呼ぶやつ

 先日TVで森保一サッカーU23日本代表監督が話題になった時のこと。「じゃあ全日本の監督は誰になったんだ?」と我が父。全日本てwwwwwwひっさびさに聞いたわwwwwww
 と、いうことで今日は日本代表チームを全日本と呼ぶことについてと、それにまつわる思い出話とか。

Japan

「全日本」の意味
デジタル大辞泉によると、

ぜん‐にほん【全日本】
《「ぜんにっぽん」とも》
 [名]日本全体。日本全域。「全日本を強い寒波が襲う」
 [接頭](名詞に付いて)
  日本国内すべての、日本国内にあるすべての、の意を表す。「全日本病院協会」
  日本国に所属するすべての、の意を表す。「全日本高等学校野球協会」
  日本国に所属する団体の主催する、の意を表す。「全日本スキー競技大会」「全日本での優勝を目指す」
  日本の中から選ばれた、の意を表す。「全日本代表チーム」「全日本のフォワードとして活躍する」
 [補説]3・4のように「全日本~」の「~」を略して名詞のようにも用いる。
と、いうことでイ-4にあるように、日本代表チームのことを全日本と呼ぶのは間違いではないようです。

でも日本代表のこと全日本って呼ばなくね?
 しかーし、wikipediaの「日本代表」を見ると、

「全日本」「ナショナルチーム」「代表チーム」
かつては競技スポーツ全般において日本代表チームを「全日本」と呼ぶことが通例だったが、現在ではバレーボールなど一部競技を除き、この呼称は使われなくなってきた。また、外国のチームも含めて、以前は「ナショナルチーム」と呼ばれる場合も多かったが、現在では「代表チーム」と呼ぶことで落ち着いている。
と、あり、さらには
「監督名 + ジャパン」
これに対し現在の日本では、主要な競技スポーツにおけるほとんどの日本代表チームは、代表監督の苗字を頭につけて「**ジャパン」「xxJAPAN」のように呼ばれる。この呼び方は1980年代のラグビー日本代表から始まり、1990年代のサッカー日本代表に波及し、ほぼすべての団体球技に対して用いられている。
とあり、特にサッカーに関しては30年近く日本代表=全日本という呼称は縁遠くなっていることになります。まあ僕を含めたアラサー以下の人たちは日本代表チームのことは「日本代表」か「○○ジャパン」と呼ばないとピンとこず、「全日本」といってもポカーンでしょう(意味的に通じるとは思うけどね)。

まとめ
 日本代表チームのことを全日本と呼ぶのは間違いではないが時代遅れ

おまけ:サッカー日本代表チームのことを全日本と呼ぶことに馴染みがなかったことによるトラブル(?)事例
 あいまいな記憶で書きますが、学生時代、専門科目(数学的な教科です)のテストで、「全日本チームを選抜する。47都道府県から11人選手を選ぶとき~~~」という文面があり、他の同級生は「”全日本チーム”で11人ということはサッカーだ!」ということで「全国から11人選ぶ」と解釈していました。一方、サッカーが好きすぎる僕は「サッカー日本代表のことは”全日本”とは呼ばないからこれはサッカーのチームではない!」と解釈し、「"各"都道府県から11人"ずつ"選手を選ぶ(すなわち11×47=517人)」と解釈していました(517人も選んでおいて何が全日本チームを"選抜"するだ!と思ったw)。
 まあ結果として「この問題は2通りの解釈ができてしまう問題文でした」とどちらの解釈で解いてもOKという結果になり、僕はそちらの解釈で解いて正解だったので良かったんですけど。全日本と呼ぶことに馴染みがないが故に起こった出来事でしたね。
 っていうか、僕ら世代でも「サッカー日本代表=全日本」が伝わってるね・・・。

« アメリカンドッグのことアメリカンドッグって呼ぶの日本だけらしいんだけど、じゃあアメリカンドッグのアメリカって何? | トップページ

コミュ」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ