プロフィール

« 最近「予言者」を「預言者」と間違える人多くない? | トップページ | 兄弟姉妹に「似てる!」っていうの、失礼じゃない?という話 »

【ギャングスターパラダイス】全カードレビュー③(コスト1スペシャリストカード+α編)

今回レビューを行うカードはコスト1のスペシャリストカードたち:「諜報員」「詐欺師」「交渉人」「バーテン」「警察」「薬物」「ダムダム弾」「ポルノ」「煙草」

前置きおよび各レビュー記事へのリンクはこちら

さて、今回からは勝利条件には関係無いのだけれども、勝利するためには彼らの協力が必要不可欠なスペシャリストカードを紹介していきます。話の流れ的に摘発対象カードも同時に紹介します。

SPY「諜報員」
Img019
 ある意味このゲームの顔ともいえるカード。2枚収録されており、ゲーム開始時に1枚場に出します。赤・青ライフはゲーム序盤は3枚見るを選び、相手のライフカードを見て味方探し・黒ライフ探しをするのが定石か。2枚見て1枚奪う方の効果で中盤以降も活躍しないわけではないけれどやはり、序盤に活躍し、中盤以降は目立たなくなるカード。
 このカードの扱いでライフの推察ができるというカードでもあります。例えば、「序盤に相手のライフカードを見たがる→赤青どちらか」、「序盤にスパイを使おうとしない→仲間・黒を探す必要がない→黒っぽい」、「序盤にスパイが場にいるのに流す→仲間・黒を探す必要がない→黒っぽい」などなど…。
 うだわくギャンパラでモヤられてた「スパイを使われたときにライフカードの位置を伝える」というルールは公式で「可能だが上級者向け運用ルール」となりましたね。まあ、ババ抜きの「ババはここだよ~ん」的な駆け引きだと思えば。
 余談だけどこのカードを「諜報員」っていうカード名で呼ぶ人皆無だよね。みんなスパイっていう。

TRICKSTER「詐欺師」
Img021
 どちらの効果を使用してもヘイトを集めて黒疑惑をかけられそうなカード(スパイ側は紫・灰の可能性もあるけど)。
 取引側の効果を使用する場合は、取引内容をしっかりと確定させてから使用しないといろいろと面倒なことになりそうですね。

NEGOTIATOR「交渉人」
Img023
 要は相手とカードを2枚交換するカード(こちらが先に受け取れるので有利ですね)。ライフカードは見れないので情報収集には使えません。カードを「奪う」ことができるカードは「交渉人」「諜報員」「大泥棒」「怪盗」とあるけれど、無条件で2枚奪えるのは「交渉人」だけ(しかもコスト1)と考えると強いカードなのかもしれない。

BARTENDER「バーテン」
Img030
 「ギブ&テイク」でマネーカードをかき集めようというカード。金銭勝利狙いのプレイヤーには良き友になりそうですね。が!俺はこのカードでマネーカードをかき集めたプレイヤーを見たことがない!だいたい、出し渋る・金欠・フェイクマネーで目論見通りにはいかないよね。マネーを払う側は、リスクに対してリターンが小さい気がするんだよなぁ。

POLICE「警察」
Img028
 2枚収録。「諜報員」同様、ライフカードを見ることができるカード。使用制限1回があるとはいえ、行動回数を消費しない・手札から3枚・摘発対象カードを捨てさせる。と、「諜報員」より強いとも言えるカード。
 「摘発対象カードってなんぞ~?」と、いうことで以下に摘発対象カードを紹介。また、ウェポンカードの「対戦車榴弾発射機」、スペシャリストカードの「大泥棒」「怪盗」「拷問人」も摘発対象です。
 あくまで摘発対象カードは「場に落とさせる」だけなので、その後拾うことも可能。そうすると悪徳警官感が出てきて、「この世界」の住人感が増しますね。

DRUG「薬物」
Img039
 要は自身の「ライフを公開した黒ライフ化」ですね。そのかわり「警官でライフを見られたら即死亡」というリスクを負います。灰・紫ライフはもともとライフを見られたら死亡なのでローリスクで使用できますね。黒ライフがライフを公開しつつ、薬物を使用した場合なんと行動回数4回!!警官2枚を抑えつつ薬物を使用すると世紀末感が増しますね。

DUMDUMBULLET「ダムダム弾」
Img034
 摘発対象の割には効果が弱いかな?手札が10枚以上の相手のみだし、選べるし。実際のダムダム弾の残虐性はこんなもんじゃない。
 ダムダム弾ってなんぞ?という方はこちら

PORNO「ポルノ」
Img0352
 摘発対象であること以外「売人」と同じ条件・コストで売人の倍のマネーを拾うことができるので強いです。ただ、そんなにマネーが落ちている訳でもないので、最大瞬間風速的にマネーを拾う「売人」だと思ってもらえれば。裏面が↓こんな↓なので持ってることバレバレだしね。
Img040

CIGAR「煙草」
Img0351
 タバコが摘発対象とは厳しい世界ですね。ギャンパラの舞台トルクメニスタン説。
 お隣さん次第では毎ターンカードを1枚ずつ補充することも一応可能。同じことをするのにほかのプレイヤーは行動回数2消費必要なのに、こちらは隣人の許可+行動回数1回で済むから、それがアドバンテージになるっちゃなる。

次回はコスト2のスペシャリストカード+α編の予定!!

« 最近「予言者」を「預言者」と間違える人多くない? | トップページ | 兄弟姉妹に「似てる!」っていうの、失礼じゃない?という話 »

ギャンパラ」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ