プロフィール

« みんなAIの発展をネガティブにとらえすぎじゃない? | トップページ | みんなもっと平日ナイターの試合においでよ【ルヴァン杯:清水vs甲府】 »

「努力した」は自分の口から言った瞬間努力じゃなくなる説

先日、「努力は報われるか?」という問いに対するイチローの答え。というツイートが回ってきた。

まあ、本当にイチローが言ったかどうか真偽は不明だけど「その通り!」と思った次第。

Do

「努力」=「他人が決めること」かつ「自分は努力だと思っていない」
 僕は常々タイトルの通り「仮に努力をしていたとしても、『努力した』は本人の口から努力じゃなくなる」と思っていて、「努力したかどうかは他人が決めること」かつ「本人は『これぐらいはやって当然』と思っている」という2つの条件が重なって初めて"努力"になると思っています。
 イチローの言う「もっと言えば努力と感じている状態はまずいでしょうね。その先に行けばきっと人には努力に見える、でも本人(に)とってはそうでないという状態が作れる。」という部分はまさに同じことを言っているでしょう。イチローはさらに「その先に行けば・・・」と「さらに高みを目指す」とも言っています。
 そもそも、自分から「俺は努力した!」って言う人って、「こんぐらいやれば許してくれるだろう」とか「まあ結果は共伴わなかったけど努力したからOK!」っていう「努力したからOKって言ってもらえる」待ちみたいな態度が透けて見えるんだよね。「いや~よく頑張ったねぇ。努力したねぇ。」という評価に対し、「いえいえ、これぐらいやって当然ですから」と答える。これが"努力した人"でしょう。結果が伴ってないならなおさら。
 まあ現実的には「本人は『これぐらいやって当然』だと思っている」ように見せかける人の方が多いんだろうけどさ、それにしても自分から「俺は努力した!」とは言わないよね。

本人が○○と言った瞬間○○じゃなくなるパターンって他にもあるよね
 「努力した!」以外にも同様のパターンってあるよね。それは「優しい」「真面目」
 「優しい人」というのはその「優しい行為」を「当たり前」だと思ってできるから「優しい」のであって、「私って優しいでしょ?」と言う人はその「優しい行為」を「特別(こんなことしちゃう私って優しい!)」だと思っているからそういうコメントが出るのであって優しくありません。ただ、「やらない善よりやる偽善」なんていいますので、その「優しい行為」自体を全否定するのもまた乱暴だったりします。
 「真面目な人」も同様で、その「真面目な行為」を「当たり前」だと思っているから「真面目」なのであって、中2の後期から内申点を上げるために真面目に振舞って「僕はこんなに真面目ですよー」ってアピールしてもそれは真面目ではないのです。

まとめ
・努力とは「他人が決めること」かつ「自分は努力だと思っていない」ことであるので、自分から「努力した!」とか言っているようではそれは努力ではない。イチローも似たようなこと言ってる。
・努力以外にも「優しい」とか「真面目」も同様のパターンだよね。

 まあ、だからと言って僕はちゃんと努力してるかというとそんなことはなく、それが僕とイチローの人としての格の違いだろうなぁ。

« みんなAIの発展をネガティブにとらえすぎじゃない? | トップページ | みんなもっと平日ナイターの試合においでよ【ルヴァン杯:清水vs甲府】 »

コミュ」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ