プロフィール

« みんなもっと平日ナイターの試合においでよ【ルヴァン杯:清水vs甲府】 | トップページ | 『アイデンティティは日本語でなに?』問題を考える »

【梟月村七不思議】なぜあひるはボクっ娘なのか

 梟月村七不思議のひとつ(あと6個は自分で考えよう!)、「なぜ小雀あひるは一人称がボク(いわゆるボクっ娘)なのか」について考えていきたいと思います。
 フィクションのキャラクターの一人称に何言ってんだと思われるかもしれないけど、そこに目を付けてあれこれ妄想するのが俺の楽しみ。

Kogara_ahiru

小雀あひる(住民番号0004) 演:宮嶋野乃花

16歳の女子高生
年は離れているが斑鳩とは兄妹。
心優しく、会議では誰かの死にいつも心を痛めている。
学校で鷭先生に理科を教わったり、家庭教師のフラ・ミンゴ先生に英語を教えてもらっている。
「ボクは……お父さんを信じるから…お父さんが本物だから…」 ~梟月村HPより~

16歳。 村の高校に通う小雀家の長女。 父は、小雀玄鳥。母は、小雀トキ子。 兄に、小雀斑鳩がいる。 差羽鷭は、クラスの担任教師。 ~梟月村LINE@より~
1期に登場。高校1年生。父は玄鳥、母はトキ子、兄は斑鳩。玄鳥の帽子は彼女が誕生日にプレゼントしたもの。ボクっ娘。2期では人狼に喰い殺されてしまった事が玄鳥の口から語られている。 ~ニコニコ大百科より~

村長の娘=育ちがいい=一人称もしっかりしてるはずでは?
1.(明言はされてないけど)梟月村の舞台は昭和の田舎の村
2.兄の斑鳩はめちゃくちゃ礼儀正しい。おそらく両親にしっかりとしつけられたのだろう。
3.父玄鳥は普段は優しいが、時には厳しくもある。母トキ子も同様。(死の会議決行に踏み出すのは2人だしね)

 という3点を踏まえると「高校生になる前に一人称矯正されるでしょ~!」と言いたくなります(そんなん言い出したらボクっ娘全否定だけど)。じゃあなんであひるはボクっ娘なのか。

A.遅くに生まれた子なので甘やかされた
 動画を見ると、玄鳥は相当あひるを可愛がっています。「遅く生まれた子は甘やかされる」なんていいますが、アヒルもその例なのかもしれません。

B.待望の女の子だった
 Aに追加で、両親は女の子が欲しかったのかもしれません。そしてようやく生まれたあひる。それで甘やかしてしまったのかもしれません。と、言っても「待望の女の子だ!」という女の子の一人称が「ボク」じゃいかんでしょという気もしますが。

C.斑鳩を厳しく育てすぎた反動
 斑鳩は相当しっかり者に育っていますが、「厳しくしすぎたかもしれない。次の子はもうちょっとのびのび育てよう」と2人が思ったのかもしれません。

D.一人称"だけ"正されなかったのかもしれない
 斑鳩は30歳、あひるは16歳。その差はなんと14歳。いくらなんでも差が開きすぎだとは思いませんか?と、いうことで「実は2人の真ん中に、あひるが生まれる前に幼くして死んだ兄(斑鳩の弟)がいる」と妄想。その兄が死んだ直後にお腹にあひるができて、物心付いたあひるがどこから覚えてきたのか「ボク」という一人称を使ったら・・・。こうなったら、もう死んだ息子(弟)を重ねてしまって3人はあひるの一人称を正せないでしょう。さらに村長夫妻を慕う村人達も、全員事情を察してあひるの一人称を正さない。

 と、いうことで僕はD説、「ボクっ娘のあひるに死んだ息子(弟)を重ねてしまって3人はあひるの一人称を正せない」を推します!果たしてこの真相が語られることはあるのでしょうか・・・?
 でも、キョウゲツコモンズで誰でも"真相"を書くことはできるんだぜ!!

« みんなもっと平日ナイターの試合においでよ【ルヴァン杯:清水vs甲府】 | トップページ | 『アイデンティティは日本語でなに?』問題を考える »

文化・芸術」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ