プロフィール

« 寿司屋の玉子焼きは最後に食べるべき | トップページ | ちくわの天ぷらの謎 »

【ネタ】津オリンピック・パラリンピックを開催しよう!

 平昌オリンピックが終わりましたね。次のオリンピックはいよいよ東京な訳ですが、僕はオリンピックやW杯の開催地選考については「童貞卒業を優先すべし」という考えなので、イスタンブール及びトルコのオリンピック開催童貞卒業のチャンスを奪っただけのオリンピックにしなさいよという思いです。
 さて、今日は「もしも今後再び日本のどこかで夏季オリンピックを開催しようという機運がやってきたら、その時は三重県津市でやろうぜ!」という提案。※ネタです。
Tsu

オリンピック史上最も短い都市名で!
 津はオリンピック開催地童貞ですが、日本ではすでに4回(夏季は2回)もオリンピックが開催されています。外国の人からしたら「また日本かよー!」と思うでしょう。ですが、「津では初めてだから!」ということと「津でオリンピックで開催されれば史上初の(史上一位の)××だぞ!」をアピールすれば「そっかー、じゃあしょうがないなー。」と許してもらえるでしょう。さながら2022年の冬季オリンピックの開催地が史上初の夏季冬季両方開催都市ということで"また"北京になったように。余談だけど、アテネ・ベルリン・モスクワ・ストックホルム・モントリオール・サラエボあたりがとっくに夏季冬季両方開催してると思ってたよ。
 と、いうことで「津オリンピックは何が史上初なのか?」ということですが、それはもう「オリンピック史上最も短い都市名」という事です。現地語での音数(1音)、現地語での文字数(1文字)はもちろん、アルファベット表記で3文字(Tsu)も史上最短です。なお、リオ(Rio)オリンピックは正しくはリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)オリンピックなので3文字ではありません。ちなみに、オリンピック史上最も長い都市名は、夏季冬季共通でガルミッシュ=パルテンキルヒェン(Garmisch-Partenkirchen:1936年冬季)で夏季限定だとリオデジャネイロとなります。
 ざっと調べてみても世界のアルファベット3文字の都市ってめったにありません。首都に限って言えば4文字が最短です。まあ仮に津オリンピック以降、アルファベット3文字の都市でオリンピックが開催されたとしても、同点なのでOK!!まあ、実は日本には結構アルファベット3文字の都市って結構あるんだけど(伊東(Ito)市、小野(Ono)市、伊勢(Ise)市・・・etc)、県庁所在地だから知名度・都市レベル的に勝ってるし、最初にやっちゃえばいいのよ。ちなみに、2文字の都市なんてないでしょと思って調べたら大井(Oi)町があった。まあ町だから・・・。

津オリンピックのアピールポイント
 もちろん津オリンピックのアピールポイントは「最短都市名」だけではありません!以下に津オリンピック開催に当たってのアピールポイントを。※ネタです。なお、他都市でのオリンピック同様、津オリンピックという名称ですが一部の競技は津市以外でも行うものとします。
・鈴鹿サーキットがあるので自転車競技会場には困らない。鳥羽には商船高専があるから多分セーリングとかの会場も何とかなるでしょう。多分。
・鈴鹿でのF1開催の実績があるので、「外国人が沢山やってくる世界大会」に対する運営ノウハウや設備、地元住人の理解は割とあるんじゃない?多分。
・夏季オリンピックが開催される8月の津の平均気温(実線)は東京(破線)より若干暑め。でも降水量(棒グラフ)は東京(黒破線)よりだいぶ少ないので多分快適。まあ東京でやれるなら津でもやれるでしょ。
Chart
・三重県の場所は日本の真の中心と言われているので「日本の中心でやる五輪!」とか言える。
・津オリンピックによりスタジアムを建てたりするのでJFLのヴィアティン三重のスタジアム問題が解決する。
・伊勢神宮があるので「神々の五輪」みたいなことが言える。古代オリンピックからの系譜を考えればそういうのは歓迎されるかもしれないし、逆に相容れないかもしれない。
・東京とかだと「オリンピックで使ったスタジアムの老朽化が酷いので建て直しまーす」とか言うと「税金の無駄遣いガー」となるけど三重なら大丈夫。伊勢神宮の遷宮があるからね。
・ここまで書いてて、「津オリンピックっていうか伊勢オリンピックもしくは三重オリンピックだな・・・。」と思った。でも全部アルファベット3文字(Tsu、Ise、Mie)だからOK!!ちなみにMieはドイツ人が読むとミーになる。ミー県。
・「津オリンピック」を何度も言うと「ツォリンピック」になり、「ツォリン(ツォ輪)」という略称がネット上で流行る。
・「津オリンピック」の"つおり"部分に着目して「”つおい”選手が集まる津オリンピック」とかいうキャッチコピーができる。それにちなんでマスコットキャラクターはアラレちゃん。鳥山明先生に100万円でやってもらう。あれもしかして!?と思って調べたら鳥山先生は愛知県出身だった。惜しい!!
・開催前に問題が発生したり政治介入が酷かったりすると、一部の反対派の人やメディアに「三重じゃなくて見栄オリンピックだなw」と揶揄される。
・さらに短いオリンピック開催都市を!という機運が世界で広まり、「ノ(No)市」や「バ(Ba)市」など「短いオリンピック開催都市を目指しただけの都市名」が乱立する。これにより伝統的な都市名が失われることとなり、その事を嘆く人たちの怒りの矛先が津市に向けられてしまう。
・その後、「ン(N)市」「ア(A)市」とか1文字都市まで出てきて最終的には「'NULL'市」ができる。

まとめ
 津市でオリンピックを開催して、「オリンピック史上最も短い都市名」になろう!

重ね重ね言いますが※ネタです。不快に思われた、津市民、三重県民の方々、オリンピック誘致のために働いている方々がいらっしゃたら申し訳ないです。

« 寿司屋の玉子焼きは最後に食べるべき | トップページ | ちくわの天ぷらの謎 »

スポーツ」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ