プロフィール

« 「『妹萌え』に対して『いやいや、実際に女兄弟がいると~』とかいう奴は虚構と現実の区別が付いていない」に反論してみる | トップページ | 謎の野菜"チョロギ" »

3月23日だし差別について考えてみる ~その驕りが差別につながり・・・編~

 今年も3月23日がやってきます。3月23日は「さ(3)べつに(2)ついてみ(3)んなでかんがえる日」だと当ブログは勝手に決めております(詳しいことの顛末は2015年3月23日の記事から)。
323

 さて、今年も昨年同様差別問題全体について考えたいと思います。今年のテーマは「差別的思考はなぜ起こってしまうのか?」「そしてその先に待ち受けるものは?」です。

その「驕り」が差別となる
 差別的な思考はなぜ起こってしまうのかというと、それは「自分たちは特別(良い方)だ」という驕った思考が「あいつらはダメだ」と変わることにあると思います。
 昨年の終戦記念日ごろ、対北情勢が不安定だった事もあって、結構"戦争"というものに切り込んだ番組があり、イスラエルの元軍人さんに話を聞くというものがありました。んで、それを見てたうちの両親は、まあ北朝鮮とイスラエル(っていうか戦争をしているしていた人たち)を見下してるのよね。
 例えば、その元軍人さんの「『人を殺してはいけない』なんてことはもちろん知っている。しかし『これは平和の為なんだ』と言われると、引き金を引くのがいくぶん楽になった。」という発言に対する両親の反応は、「あー昔の日本と一緒だね。洗脳してるんだよ。」と、さも現代日本は洗脳が行われていないかのような言い方。同様のパターンで、戦争ドラマとかで「戦況を伝える新聞が日本にとって都合の良いことしか書かない」シーンについて「北朝鮮は今でもこんなことやってるんだよね」とか言ってるけど、流行の日本凄いぞ番組だってまさに「日本にとって都合の良いシーン・コメントしか流さない」だよね。まあ国主導かメディア主導かの違いはあるけれど、(表向きは)どちらも国民が求めたものだよね。
 その番組では「日本は北朝鮮に対してどうするべきか?」という質問が投げかけられてたんだけど、それに対する母の答えは「ニンジャが"北のあの人"を○す。」だったんですよ。もちろん母は「人を○すことはいけないことだ」なんてことは知っています(なんなら「最近の若い子はすぐ「●ね」とか「○す」とか言うよね~」と辟易しているタイプ)。その事を指摘するとおそらく母は「日本の平和の為よ」と言うでしょう。これってもうまさに↑でイスラエルの元軍人さんが言った「『人を殺してはいけない』なんてことはもちろん知っている。しかし『これは平和の為なんだ』と言われると、引き金を引くのがいくぶん楽になった。」ですよね。なんなら自分で引き金を引かずにニンジャに頼っている分余計タチが悪い。
 まあ若干性格の悪い見方をしつつ両親の意見をまとめると「日本は進んだ国だから平和でいられている、北朝鮮とかイスラエルは遅れた国だから未だに戦時中の日本みたいなことをやってて平和じゃない。」ってことですよね。
 戦争に限らず「こちらが正解を知っている。」的な驕りが危険ですよね。たまたま現代は欧米流(?)で多数派(?)な考え方が世界の正解のような扱いを受けているけど、欧米流でない少数派の人たちだって別に世界や国をめちゃくちゃにしてやろうと思ってそういう考えを持っているんじゃなくて「こっちの方が上手くいくはずだ!」という自分なりの正解を持ってやっているわけで。難民受け入れに対する反応を見るに、"正解"なんてコロコロ変わっていくと思うよ。

驕り→差別→その先は?
 さて、そういう驕り及び差別思考持っていると、いつか日本がなんらかの被害を被ったときに「間違った考えを持った国に逆ギレされた!遅れた国のくせに!」という被害者意識を持つ事になるでしょう。そして「こっちが被害者、向こうが加害者」となり、今の日本では戦争をすることはできませんが、これに外国が絡んできたりしたら・・・。おそらく戦争になるでしょう。そして戦争になった後も「こっちは被害者だ」「間違った考えを持った国の考えを改めさせてあげるんだ」「平和の為だ」「この戦争は太平洋戦争や××でやっている戦争とは違う」などと言ってその戦争を肯定するんだろうなぁ・・・。と思ってしまいます。

まとめ
 「私たちは正解を知っている進んだ国」という驕りが「アイツらは正解を知らない遅れた国」という差別思考を持ち、それが戦争を肯定する原因になってしまうのではないか?

と、いうことで4年目の3月23日だし差別について考えてみる記事を〆させていただきます。差別の無い且つ平和な世界を願って。

« 「『妹萌え』に対して『いやいや、実際に女兄弟がいると~』とかいう奴は虚構と現実の区別が付いていない」に反論してみる | トップページ | 謎の野菜"チョロギ" »

コミュ」カテゴリの記事

世間」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ