プロフィール

« それでも「小4で日韓W杯」って絶妙なタイミングだったと思うよ | トップページ | 都道府県の数と大蔵省in10年前のクイズ番組 »

「何イライラしてんの?カルシウム足りてないんじゃない?w」←は?

 よく「怒りっぽい人はカルシウムが足りていない。」なんていいますね。僕も中~高時代よく言われたものです。
 が!僕はそんなこと言われる筋合いは無いと思っていました!
 と、いうことで、僕が学生時代イライラしていた原因を、怒りとカルシウムに絞って考え、「カルシウム足りてないんじゃない?w」といわれる筋合いは無い!ということを証明したいと思います!!

121878b

1.カルシウムの摂取量が少ない
 まずこれはないです。僕は名の通り(名の通り?)牛乳が好きでグビグビ飲んでいるわけですよ。こちらによると2012年の日本人の牛乳類の平均年間消費量は31.6kg≒30リットル。と、いうことは1週間に1リットル、1日200ml飲まないわけですよ。僕は1日200どころか下手すりゃ500ぐらい飲む日もあって、カーチャンに「牛乳を飲むな!水を飲め!」と怒られるほどだったので、僕のカルシウム摂取量が少ないという事はありません。中高生男子が母親に「○○を飲むな!水を飲め!」と怒られたら普通○○の中はジュースですよね?
 まあもちろん牛乳類以外にもカルシウムを摂る方法・カルシウムが含まれている食品はありますが、特別それらの食品を食べていないとは思えないので、僕はカルシウムは十分摂取しているといえます。
2.カルシウムを摂取はしているが吸収がされていない
 カルシウムだけを摂取していても体を素通りするだけでは意味がなく吸収されなければ意味がありません。が、これもないでしょう。カルシウムの吸収を促進する栄養素はビタミンDですが、ビタミンDが多く含まれている食品は魚類・きのこ(まいたけ)だそうです。僕(我が家)はどちらもよく食べるのでビタミンDの摂取量が少ないという事もないでしょう。
3.カルシウムの供給がおっつかないほどの怒り
 こ れ だ !! カルシウムを大量に摂っており、吸収もされている温厚な僕を怒らせるほどのことを彼らはやってきた・言ってきた・・・。うん、これしか考えられないですわ。
 以前twitterで「誰かが怒って雰囲気が悪くなった時に怒った人だけが責められて、その人を怒らせるようなこと言った人が被害者面してんの解せない」みたいなことを呟いている方がいましたが、まさにそれ。
4.実は怒りとカルシウムには関係がない
 まあ元も子もない子というとこれなんだよね。こちらによるとこんな感じ↓

確かに、カルシウムには脳神経の興奮を抑える作用があります。
血液中のカルシウム濃度が低下することによって脳神経が興奮して
イライラを感じる場合がないとは言えません。

でも、私たちの身体は、血液中のカルシウム濃度を常に一定に保つようにできています。
血液中のカルシウムが不足した時には、骨に蓄えられているカルシウムが
溶け出して不足分を補う仕組みになっているのです。

つまり、食べ物や飲み物からのカルシウム摂取が不足したとしても、
すぐに血液中のカルシウム濃度が低下するわけではないですし、
直接的にイライラにつながることもないと言えます。

 つまり、怒りっぽい人も温厚な人も血液中のカルシウム濃度は大差ないという事ですね。そして、カルシウムが足りない人がイライラするのではなく、イライラするとカルシウムが足りなくなると。なので、イライラしている人に「カルシウム足りないんじゃないの?」と言うのは間違いで、イライラしている人には「今のイライラでカルシウムが足りなくなったからカルシウム摂ったほうがいいよ」と言うべきなんですね。もしくは、怒りっぽい人がちょっとした事故で骨折したりしたときは「血液中のカルシウム濃度を一定に保つ為に骨に蓄えられているカルシウムを使い、それを取り戻せていないわけだから、カルシム足りてないんじゃないの?」と言うのが正しいでしょう。

まとめ
 カルシウムを大量に摂っている温厚な僕を怒らせているわけだから、「何イライラしてんの?カルシウム足りてないんじゃない?w」といわれる筋合いは無い!!

« それでも「小4で日韓W杯」って絶妙なタイミングだったと思うよ | トップページ | 都道府県の数と大蔵省in10年前のクイズ番組 »

コミュ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ