プロフィール

« 「どうだ明くなつたろう」の風刺画について考えて調査してみた | トップページ | 8273分の1 【 #インプロカンパ 】 »

人気YouTuberがTVに出演していた件

 昨日、フジテレビのホンマでっか!?TVに某人気YouTuber"H"さんが出演されていましたね。YouTuberがTV番組に出演する(取材対象ではなく出演)というのは珍しいことのような気がするので、予告を見たときから楽しみでもあり不安でもありました。と、いうことで、その感想を。

※以下、某人気YouTuber"H"さんはHさんと表記します。理由は検索除けです。(Hさんに個人に関する話をするつもりもあまりないので)

H

辛辣な雰囲気になるかと思ってたけど
 以前より当ブログでも扱っていますが、僕は基本的には「YouTuberと芸能人は同じ」というスタンスです。
生主「一般の方とお付き合いさせて頂いております」について考える: 牛乳屋黄三郎の雑感ブログ
子供の将来の夢ランキングにYouTuberが入ることの問題点を考えてみる: 牛乳屋黄三郎の雑感ブログ

しかし、世間的、特にTVをよく見るという人(≒年寄り)には「一般人が芸能人のマネしてる」とあまり受け入れられていない様子。なので、番組もそういう流れになるのかなー?と思ってました。

【俺が予想してた番組の流れ】
Hさん何か言う→マツコ「お前一般人だろ!」→Hさん何か言う→さんま「お前、芸能人か!w」→評論家の先生方「Youtuberと芸能人は本質的に同じ」とさんま達を論破
こんな感じ。さんまやマツコ等芸能人衆はYouTuberには否定的だけど、評論家の先生方は肯定的(僕の偏見だと武田先生とか植木先生あたりはスゴイ肯定的)というイメージでした。まあ、頭ごなしに否定はしないだろうけど、YouTuberという職業に関して、さんま等とのバトルぐらいはあるのかなと思っていました。
 が、実際に番組を見てみると芸能人衆は「芸能人と一緒だ!」「芸能人+TV局を1人でやらないといけないんだから大変だ!」というような反応をしており、想像以上にYouTuberという職業を受け入れていました。まあゲストなんだから(しかもTV番組がドアウェイな人)立てるのは当然ちゃ当然なんだけども。

さあ、これをどう取ろうか
 さあ、この番組を見てどういう感想を抱いたら良いんだろうか。
1.YouTuberは想像以上に受け入れられている!
 番組の内容をそのまんま素直に受け取って、YouTuberという職業そのものの存在、「Youtuber=芸能人」という考えは、僕が思っていた以上に世間も受け入れていた考えなんだ!という感想。
 そうすると、YouTuberのTV出演は今後増えて入ったりするのかもしれない。そして、今回のホンマでっかは「TVがYouTuberに歩み寄った偉大なる一歩回」となるのかもしれない。と、なると僕は「TV側はネット側(YouTuber)に歩み寄った。さあ、普段『TVなんて2011年以降1秒も見ていない。』とか言ってるネット側の人達はどうする?」とネット界隈に問いかけたくなる。
2.フジテレビ必死だなwwwwwwww的感想
 人気YouTuberをゲストに呼んだのも、大御所芸人がそのゲストを立てたのも全ては最近不振にあえぐフジテレビが視聴率UPを狙ってやったこと。という感想。
 そうすると、↑では「YouTuberへの歩み寄り」と表現したことが「YouTuber(とそのファン、ひいてはネット界隈)への擦り寄り」という表現に変わります。「あのフジテレビがYouTuberに擦り寄る!?」とフジの凋落っぷりがより顕著になって、涙が出てきます。

僕的には自分の考えが受け入れられた感あり、かつポジティブな1を推したいです。

おまけ
 番組内でHさんの表情について言及されていました。確か「口角が上がらず、笑っても歯が見えないから、どこかぎこちなく見える」というような内容だったと思います。そうか、Hさんの動画の評価に「Hからは生気が感じられない」みたいなものを見たことがあるけど、それはそういうものだったんだ!比較対象としてさんまの笑顔が褒められてたけど、これが「プロとアマの差」なんだなぁ。(さんまの笑顔が先天的なものなのか、芸能界入りしてから身に着けたものなのかは知らんけど)。

« 「どうだ明くなつたろう」の風刺画について考えて調査してみた | トップページ | 8273分の1 【 #インプロカンパ 】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

世間」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ