プロフィール

« 牛乳屋黄三郎氏、築地銀だこにハマりすぎてHNを"たこ焼き屋銀八郎"に改名しそうになる | トップページ | 人気YouTuberがTVに出演していた件 »

「どうだ明くなつたろう」の風刺画について考えて調査してみた

中学生が必要以上に覚える言葉ランキング 歴史部門第1位:「暗くてお靴がわからないわ。どうだ明くなつたろう」
 まあ言葉はともかく、この風刺画自体はやたらとみんな覚えてますよね。
 今日はみんな大好き「どうだ明くなつたろう」について不真面目な考察を。

Kurakuteokutsugawakaranaiwadodaakar

なつたろうおじさん、良い人説
 一般的な認識だと、「戦争によって成功者が増えた。その成功者はいわゆる"成金"だから金の遣い方が、無駄遣いの極みのようなおかしさ。」という感じでしょうか。「成金の金の使い方は汚いわ~。」「金で教養は買えない。」みたいな風刺がこめられてるんでしょうね。
 が、この「明くなつたろう」のおじさん。やたらやさしそうなおじさんに描かれていますよね?上記のような成金だったらもっと性格の悪い顔に描くんじゃないでしょうか。それこそト○ンプさんのような感じに。そもそも、性格の悪い成金だったら「暗くてお靴がわからない」女中さん(?)仲居さん(?)の為に、お靴がわかりやすくする為に明くなんてしなくないでしょうか。「早く靴を見つけてくれよ~www」とニヤニヤしながら何もしないのが性格の悪い成金なのではないでしょうか。
 と、いうことで、あの絵は「お金持ちになっても、(やや身分の低い)女中さんに気遣いができる優しいおじさん」として描かれている!という新説を提唱してみたいと思います。

実際に調べてみた
 調べてみると、明くなつたろうおじさんにはモデルがいるようです。

もととなる人物は山本唯三郎(1873年-1927年)と呼ばれる人物で、第一次世界大戦時に造船業で成金となったものである。朝鮮で大規模な虎刈りをしたり、貸切列車に多数の芸姑を載せて遊行に繰り出すなど奇行が多く、しばしば当時から新聞等で取り上げられていた。

この逸話となったのは函館の料亭での話で、風刺画では百円札1枚で靴を探しているように描かれているが、現実には百円札の「札束」を燃やして探させたと言われている。また同時に、同じ紙幣で鼻をかんだという逸話もある。
成金とは (ナリキンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科


と、いうことで僕の新説は完っ全に否定されました!!

 っていうか実話を(割と忠実に)描いているんじゃ風刺画じゃなくないですか?と、いうことで"風刺"について調べてみる。

[名](スル)社会や人物の欠点・罪悪を遠回しに批判すること。また、その批判を嘲笑的に表現すること。「―のきいた小説」「時代を―する」
ふうし【風刺/諷刺】の意味 - goo国語辞書

うん、やっぱり"風刺"画じゃなくない?

« 牛乳屋黄三郎氏、築地銀だこにハマりすぎてHNを"たこ焼き屋銀八郎"に改名しそうになる | トップページ | 人気YouTuberがTVに出演していた件 »

学校/教育」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ