プロフィール

« 日本の教育は一意専心型か? | トップページ | 牛乳屋黄三郎氏、築地銀だこにハマりすぎてHNを"たこ焼き屋銀八郎"に改名しそうになる »

2017年名古屋場所の三賞選考基準に対して、なるべく相撲協会の意向を汲んでみた

【殊勲賞】
 御嶽海
 碧山(優勝すれば)
【敢闘賞】
 碧山
 北勝富士(今日勝てば)
 阿武咲(今日勝てば)
【技能賞】
 嘉風(今日勝てば)

【殊勲賞】
 御嶽海
【敢闘賞】
 碧山
【技能賞】
 該当者なし

になっちゃったよ!!

2017年名古屋場所が終わりましたね。
大相撲の千秋楽といえば三賞ですが、まあ毎場所毎場所twitter界隈や北の富士さんからは不満が出ており、今場所も例外ではないです。僕も不満がない訳ではありません。
が、今日はあえて相撲協会三賞選考委員の肩を持ってみようという話。

3sho

【殊勲賞】
御嶽海(無条件受賞)
 優勝した白鵬に唯一土を付けた力士。無条件受賞は超妥当。
碧山(優勝すれば)
 「優勝すれば」=「優勝決定戦で白鵬を倒す」=「四横綱で最も成績の良かった白鵬に土を付けた」=「御嶽海と同じ」となるのでこの条件は妥当。本割では横綱・大関との対戦が無くても殊勲賞は受賞できるんだ!(優勝決定戦も三賞の選考対称なんだ!)と知ることができた選考でした(平幕優勝者が敢闘賞のみっていうのもねぇ・・・という考えがあるんでしょうね)。今場所の碧山が技能賞を獲得できなかった理由は後述。
○○が殊勲賞を獲得できなかったのはなぜ?
 殊勲賞≒横綱に勝った(かつ勝ち越した)人。という大雑把な選考基準で考えると、上記2名意外には、嘉風・栃ノ心・北勝富士が該当。栃ノ心・北勝富士は休場した横綱(稀勢の里・鶴竜)に勝った"だけ"なので受賞ならずは致し方ないかも。残念だけど「御嶽海と同じ!」とはいえないもんね。しかし、初日に日馬富士に勝利し、さらには2大関(豪栄道・高安)を撃破した嘉風が殊勲賞じゃないのはちょっと意外。まあ、御嶽海のインパクトが強すぎたんだろうね。

【敢闘賞】
碧山
 準優勝の13勝(14日目終了時点で12勝)は自己最高勝利数らしいし、文句なしの受賞でしょ。超妥当。
北勝富士(今日勝てば)
 今場所は「上位初挑戦の若手組(貴景勝・北勝富士・宇良・輝)」にスポットが当たったけれど、ひょっとしたら相撲協会は「この中で9勝以上の力士に敢闘賞あげようかな。」とか考えていたのかもしれない。その結果、他3人が負け越して、14日目に北勝富士が勝ち越したので、北勝富士(今日勝てば)となったと。9勝力士が敢闘賞受賞したら何年ぶり(まさか史上初?)だったんだろう。
阿武咲(今日勝てば)
 新入幕から2場所連続二桁勝利、2場所連続敢闘賞受賞に注目が集まった阿武咲でしたが受賞ならず!彼が候補に挙がること自体は誰も異論は無いと思いますが、なぜ、今日勝てばの条件付だったのか?
 おそらく、同じ新入幕から2場所連続二桁勝利、2場所連続敢闘賞受賞を達成した武雄山がその2場所を10勝→11勝という成績だから「2場所連続10勝じゃあげられん!」となったのかもしれません。
○○が敢闘賞を獲得できなかったのはなぜ?
 敢闘賞≒いっぱい勝った人(10勝以上)。という大雑把な選考基準で考えると、上記3名以外の候補者は、栃煌山・千代大龍・松鳳山が該当、14日目終了時点で9勝(最終成績が10勝になれる可能性があった)の力士まで範囲を広げると、嘉風・栃ノ心・宝富士・千代丸が該当。この7人のうち、千代丸以外の6人は全員三役経験者なんですよね。中継中でも語られていましたが「君はその番付なら二桁勝利は当然。」ということなんでしょうね。千代丸は知らん。ただ、「三賞は終盤負けが混まれるとあげづらくなる。」といわれていますが、敢闘賞だけは逆に序盤白星を積み上げた力士の方が貰える率が高いと思っていて、千代丸は前半戦に3連敗をしているので、それが響いたのかなと思います。

【技能賞】
嘉風(今日勝てば)
 上記二賞で俺的候補には入っているのに貰えなかった嘉風には最後の1個の技能賞を。今場所の序盤は特に技の巧みっぷりが目立ってた気がするしね。無条件でよかったと思うけどなぁ~。千秋楽「優勝決定戦進出の望みをかけた碧山」の対戦相手にも何かをかけたかったのかな。(何も無い相手だと「別に負けてあげて良いや」→「八百長だ!」となることを恐れたのかな。)
○○が敢闘賞を獲得できなかったのはなぜ?
 wikipediaだと「敢闘賞は殊勲賞でも技能賞でもないけど頑張った力士にあげる賞」みたく、「敢闘賞はガス抜き三賞」のように書かれてるんですけど、個人的にガス抜き三賞は技能賞だと思う。いや、舞の海が多く獲得しているように、技巧派が多く受賞する賞なのは確かなんだけど。
 と、いうことで技能賞候補になりそうなのは、まず栃ノ心。今場所は調子が良さそうだったし、あげてもよかった気がするけどね。栃ノ心って先場所は12勝3敗で準優勝なのに何ももらえなかったり、東小結で10勝したのに東小結に据え置きだったり、イマイチ運がないよね。協会に嫌われてんの?
 あと碧山が貰えないのは引き技とかギリギリ勝利(誤審さえもあり)が多かったりしたからだろうね。
 先場所に話しが戻るけど、なんで先場所宇良は技能賞貰えなかったんですかねぇ・・・?

まとめ
 「なんで○○が三賞貰えないの!?」と思われることはあるけど、「番付は生き物」同様「三賞は生き物」ということで、その場所のほかの力士の活躍っぷりとか、三賞選考委員のメンバーの考えも影響するんでしょうね。
 ここ数年、「しみったれ三賞」とか「ケチケチ三賞」とかみんな(含・北の富士さん)言ってるけど、今場所に関しては、最大5人が受賞とか、9勝力士に敢闘賞とか、しみったれじゃなかったと思うよ。結果いつものしみったれ三賞になっちゃったけど。

« 日本の教育は一意専心型か? | トップページ | 牛乳屋黄三郎氏、築地銀だこにハマりすぎてHNを"たこ焼き屋銀八郎"に改名しそうになる »

相撲」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ