プロフィール


  • 名前:牛乳屋黄三郎
    改名暦:一赤太郎→麦茶屋蒼次郎→牛乳屋黄三郎 性別:男
    居住地:静岡県
    年齢:24歳
    職業:製造業(牛乳は作っておりません)
    ストレングスファインダー(R)による5つの強み:【慎重さ】【原点思考】【最上志向】【規律性】【分析思考】

    【このブログ】
     このブログは、管理人が「気になったこと・言いたいこと」を好き勝手書いていくブログです。管理人がどんなことに対して、「気になって・言いたくなるのか」は「カテゴリ」や「プロフィール詳細」の「好きなもの」「嫌いなもの」をご覧ください。
    ブログの特徴:
    だらだら続ける,ブーメラン発言連発,すぐ何かに影響される

    【連絡先】
    各記事コメント欄、「プロフィール詳細」の「メール送信」よりどうぞ。
    なるべく早めに返信・対処します。

    【リンク】
    このページはリンクフリーです。
    現在相互リンク受付中です。コメント欄かメールにてご連絡ください。

    プロフィール詳細
    ドミニオンについて
    「冒険」「Empire」へのスタンス

« 起承転結の転っていうほど転じてないよね | トップページ | だから視聴者同士で「嫌なら見るな」と言い合うのは間違いじゃないって »

「自画自賛」の「賛」は「賞賛・賛成」の「賛」だと思ってません?

 連続国語記事です。自画自賛という四字熟語は「自分で自分のことを褒めること」という意味の故事成語ですが、「じゃあどんな故事(エピソード)が由来なの?」と尋ねると、多くの人が間違えるのでは?というお話。
Jigajisan

自画自賛=自分の描いた絵に自分で賛を書いたことから
 多分、「自画自賛ってどういう故事が由来だと思う?」と尋ねると「自分で書いた絵を自分で褒めたことでしょ?」見たいに答える人が多いと思います。すなわち、自画自賛の「賛」を「賞賛した」という意味で捉えている方が多いのではないでしょうか。
 しかし、新明解四字熟語辞典で自画自賛を調べてみると、

自分で自分のことを褒めること。自分で描いた絵に自分で賛を書く意から。

と、あります。「賛を書く」って何よ?というと、新明解四字熟語辞典には続けて、
▽「賛」は絵画に書き込む詩や文章などのこと。また、詩や文章などを画面の中に記すこと。他人に書いてもらうのが通例。「賛」は「讃」とも書く。

さらに、大辞泉で「画賛」を調べると、
山水画・頂相 (ちんぞう) ・禅画などの画中の余白に書き添えた詩・文章。讚。

とあります。こういう感じのやつですね。なんでも鑑定団にもちょくちょく出てきます。
Gasan

 上記の通り、賛は他人に書いてもらうものなのですが、自分の絵に自分で賛を書いているからおかしい。→そして故事成語へ。ということですね。なので、当初の故事には「褒める」という内容は含まれておらず、どちらかというと「自作自演」のような意味の方が強かったのかもしれません。

じゃあなんで「褒める」という意味が付いてきたの?
 語源由来辞典によると、

自画自賛は、東洋画の詩歌・文章に由来する。
東洋画では、その絵画に関した詩文を記すこと、また詩文そのものを「画賛」「賛」と言い、普通は他人に書いてもらう。
自分で描いた絵に「賛」を書き入れることを「自画自賛」「自画賛」といい、自画自賛の絵画の中には、他人からも立派な作品と評価されているものがあり、現代のように悪い意味で使われていたとは限らなかった。
東洋画での「賛」に「褒める」の意味は含まれないが、「賛」の漢字自体には「褒める」の意味もあるため、「自慢」のような悪い意味で使われるようになったと考えられる。

と、あります。
 やっぱり「賛」の字が「賞賛」などに使われることから、「自分で描いた絵を自分で褒めるとかwwwww」と「褒める」の意味が付いて、比較的悪い意味で使われるようになったんですね。
 っていうか、「自分で描いた絵に自分で賛を書く」こと自体は別に普通に行われていたんですね。

まとめ
 自画自賛は元々は「自分の描いた絵に自分で賛を書く」という「自作自演」的な四字熟語だったが、賛の意味を取り違えられて「自分の描いた絵を自分で褒める」→「自分で自分を褒める」という「褒める」という意味が付いたのだと思われる。

« 起承転結の転っていうほど転じてないよね | トップページ | だから視聴者同士で「嫌なら見るな」と言い合うのは間違いじゃないって »

学校/教育」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ