プロフィール


  • 名前:牛乳屋黄三郎
    改名暦:一赤太郎→麦茶屋蒼次郎→牛乳屋黄三郎 性別:男
    居住地:静岡県
    年齢:24歳
    職業:製造業(牛乳は作っておりません)
    ストレングスファインダー(R)による5つの強み:【慎重さ】【原点思考】【最上志向】【規律性】【分析思考】

    【このブログ】
     このブログは、管理人が「気になったこと・言いたいこと」を好き勝手書いていくブログです。管理人がどんなことに対して、「気になって・言いたくなるのか」は「カテゴリ」や「プロフィール詳細」の「好きなもの」「嫌いなもの」をご覧ください。
    ブログの特徴:
    だらだら続ける,ブーメラン発言連発,すぐ何かに影響される

    【連絡先】
    各記事コメント欄、「プロフィール詳細」の「メール送信」よりどうぞ。
    なるべく早めに返信・対処します。

    【リンク】
    このページはリンクフリーです。
    現在相互リンク受付中です。コメント欄かメールにてご連絡ください。

    プロフィール詳細
    ドミニオンについて
    「冒険」「Empire」へのスタンス

« 俺たちは当分「高安って何人?」攻撃に対処していかなければならない | トップページ | 「自画自賛」の「賛」は「賞賛・賛成」の「賛」だと思ってません? »

起承転結の転っていうほど転じてないよね

 学生時代、とある教員が言っていたこと。
「レポートとか論文を書くときは"起承転結"じゃダメ!"起承結"じゃないと!!
"転"ってのは小洒落たお話を書くときに、『一方その頃○○は・・・』とか書くものであって、そんなもんレポートには必要ないんだよ!"転"なんていらないんだよ!」
 なんてことを言っていましたが、起承転結の転ってそんなに転じてなくね?というお話。

Enpitsu_mochikata

そもそもの起承転結とは
 そもそも起承転結という四字熟語はどういう意味なのか。大辞泉によると

1 漢詩、特に絶句の構成法。第1句の起句で詩意を言い起こし、第2句の承句でそれを受け、第3句の転句で素材を転じて発展させ、第4句の結句で全体を結ぶ。起承転合。
2 物事の順序や、組み立て。

だそうです。もともとは漢詩(絶句)の限定の話なんですね。では、実際の絶句と口語訳を見てみましょう。【絶句引用元】
※注意※ 管理人は漢詩が苦手です!
江雪 柳宗元
千山鳥飛絶
すべての山から鳥の飛ぶ姿が絶え
萬徑人蹤滅
あらゆる小道に人の足跡が消えた
孤舟蓑笠翁
小舟が1つ,みのと笠をまとった老人が
獨釣寒江雪
寒々とした川で独り釣りをしている

物凄いざっくり訳すと、起:「鳥がいねぇ。」、承:「人がいねぇ。」、転:「でも舟に爺さんがいて、」、結:「その爺さんは釣りしてる。」という感じですね。起承で「いねぇ」と寂しい情景を語った後に、転で「爺さんがいる。」と転じている感じでしょうか。「舟に爺さんがいて、」がないと結に上手く繋がりませんから、そんなに転じてないですよね。
村夜 白居易
霜草蒼蒼蟲切切
霜の降りた草が青々とし虫がちりちりとさえずり
村南村北行人絶
村の南も村の北も行き交う人がいなくなった
獨出門前望野田
独り門前に出て野をながめると
月出蕎麥花如雪
月明かりにそばの花が雪のようだ

物凄いざっくり訳すと、起:「虫が鳴く」、承:「人がいなくなった」、転:「ちょっと外出てみるか」、結:「月に照らされたそばの花がきれいだなぁ。」という感じでしょうか。起承で「夜になったので」、転で「外に出たら」、結で「そばの花がきれいだった。」、あえて英文にしてみると”When I went out last night, I was very moved by Soba flower.”でしょうか。転は”When I went out ”部分ですから結とつながって文章を構成する上で、相当大事な要素ですよね。すなわちこちらも転はそんなに転じてはいません。

「桃太郎」も起承転結
 その教員は「起承転結ではなく起承結」の例として桃太郎を挙げていました。「桃太郎には『一方その頃○○は~』なんて突然話が変わることなんて無い!」と。
 でも、こちらのサイトではまさに1本目に桃太郎が「起承転結の例」として出ていますw

1、桃太郎
起 桃から桃太郎が生まれた
承 鬼が島で鬼が暴れているので、仲間を集めて
転 鬼が島に乗り込み、退治する
結 金銀財宝をもって村へ帰還する

とのこと。
 っていうかそもそも大辞泉の2の方「物事の順序や、組み立て。」を採用すれば、それなりに話が通じる物語はすべて「起承転結」と言えますよね。それこそ「一方その頃○○は~」という場面転換があったとしても、それが物語を構成する上で必要なものだったらそれも「起承転結」でしょう。

まとめ
 起承転結の転は言うほど転じておらず、あの教員が言っていた転は相当クソな極端な例。

もちろん、「しっかりと順序だったレポートを書け。突然流れをぶった切って変なことを書くな。」という意味では賛成ですよ。でもそれが「起承転結がちゃんとしているレポート」な訳で。

« 俺たちは当分「高安って何人?」攻撃に対処していかなければならない | トップページ | 「自画自賛」の「賛」は「賞賛・賛成」の「賛」だと思ってません? »

学校/教育」カテゴリの記事

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ