プロフィール

« 福沢諭吉は実は現代人に近い考えを持っていたのかもしれない | トップページ | 逆に10:0でこっちが悪い「テストで×にされた事案」を発表しよう »

ニット帽とオシャレ

完っ全に季節外れですが、先日を冬物を仕舞ったときに思い出したニット帽に関するエピソード(?)をご紹介。

Knitcap

冬の散髪後のニット帽
 小学校高学年ぐらいから、僕の髪型はいわゆるスポーツ刈りそれが伸びたものの2パターンしかないんですが、まあ冬に散髪をすると、散髪したてから慣れるまではとにかく頭が寒い寒い。その対策としてニット帽を被るといい訳ですが、ニット帽を被ると兄姉や母から「ニット帽なんてダサいもん被ってんじゃないよ。」と言われたものです。
 はぁあああ!!!!????
「ニット帽はダサい」←まあ分かる。真っ黒な無地だしね。
「ダサいものは着用するな。」←分からない!ダサいものは着用してはいけない世の中だったら、この世に蔓延るダサい服(ファッション関係)はいったい何の為にこの世に存在しているの!?
まして今回はスキーヤー同様、「防寒」という確固たる目的があるわけで、「オシャレしたい!」より「頭の温もりが欲しい!」を優先してニット帽を被ることを選択したのだからその選択にとやかく言われたくない!

そもそも"オシャレ"とはなんぞや?
 「ダサいものを身に着けるな、オシャレなものを身に着けろ」と言われも、そもそもオシャレとはなんぞや?という疑問が浮かびますよね。
 僕も学生時代、「オシャレしろ」と言われても「オシャレったって、ただ"多数派"の服装をするだけじゃん。俺はそんな民衆に流されるような男じゃないぞ!」とか「俺みたいなブサイクがオシャレしたって『気取ってるw』と笑われるだけじゃん。ブサイクはブサイクらしくダッサイ服着てればいいのさ。」なーんて思ってたんですが、最近は「俺みたいなブサイクこそオシャレ(多数派が認める服装)しないとダメなんだ!」ということが分かりました。
 と、いうのは"オシャレ"というのはごく一部の美男美女を除けば"安牌"なんですよね。安牌で固めれば失敗(放銃)することはないのと同じように、オシャレ(多数派が認める服)すれば失敗はしない訳ですよ。じゃあ突飛な格好をして「オシャレ~!」とか言われるイケメンは?というと、彼らは危険牌も安全牌に変えてしまう麻雀漫画にありがちな"能力持ち"なのでしょう。

まとめ
・ごく一部のイケメン等を除けばオシャレは安全牌。
・でも、オシャレよりも別の目的を優先してダサい格好をしないといけないことってあるよね。

« 福沢諭吉は実は現代人に近い考えを持っていたのかもしれない | トップページ | 逆に10:0でこっちが悪い「テストで×にされた事案」を発表しよう »

コミュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/70543180

この記事へのトラックバック一覧です: ニット帽とオシャレ:

« 福沢諭吉は実は現代人に近い考えを持っていたのかもしれない | トップページ | 逆に10:0でこっちが悪い「テストで×にされた事案」を発表しよう »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ