プロフィール


  • 名前:牛乳屋黄三郎
    改名暦:一赤太郎→麦茶屋蒼次郎→牛乳屋黄三郎 性別:男
    居住地:静岡県
    年齢:24歳
    職業:製造業(牛乳は作っておりません)
    ストレングスファインダー(R)による5つの強み:【慎重さ】【原点思考】【最上志向】【規律性】【分析思考】

    【このブログ】
     このブログは、管理人が「気になったこと・言いたいこと」を好き勝手書いていくブログです。管理人がどんなことに対して、「気になって・言いたくなるのか」は「カテゴリ」や「プロフィール詳細」の「好きなもの」「嫌いなもの」をご覧ください。
    ブログの特徴:
    だらだら続ける,ブーメラン発言連発,すぐ何かに影響される

    【連絡先】
    各記事コメント欄、「プロフィール詳細」の「メール送信」よりどうぞ。
    なるべく早めに返信・対処します。

    【リンク】
    このページはリンクフリーです。
    現在相互リンク受付中です。コメント欄かメールにてご連絡ください。

    プロフィール詳細
    ドミニオンについて
    「冒険」「Empire」へのスタンス

« W杯不出場の語り部 (おまけが本編かもしれない) | トップページ | 酒と料理とお酌と女 »

~一遍が主人公の大河ドラマはできないのか?~ 「わが屍は野に捨てよ―一遍遊行」を読んでみた

【第二弾】次の内、「この人の大河ドラマが見たい!」となる人物は??(第一弾はこちら
【結果】
1:伊能忠敬 1件 (3.4%)
2:土方歳三 3件 (10.3%)
3:松尾芭蕉 1件 (3.4%)
4:福沢諭吉 2件 (6.9%)
5:ジョン万次郎 3件 (10.3%)
6:白洲次郎 4件 (13.8%)
7:服部半蔵 1件 (3.4%)
8:杉田玄白 0件 (0.0%)
9:天草四郎 2件 (6.9%)
10:卑弥呼 9件 (31.0%)
11:松永久秀 2件 (6.9%)
12:山中鹿之介 1件 (3.4%)
13:二階堂盛義 0件 (0.0%)

 こちらで名前が挙がっている人物(9人)+当ブログで取り上げた3人+α(1人)でアンケート調査。9人は既に支持を得ている実績があるだけに、票を獲得しています。杉田玄白はなぜか0票だけどね。大河かどうかはともかくとして、少なくともドラマ向きではあると思うけどなぁ。 そして、相変わらずの卑弥呼の支持率。卑弥呼さまぁー!松永久秀、山中鹿之介も当ブログのアクセス数の実績が物語るように票を獲得しています。

 今日は、このアンケートとは一切関係なくある日ふと思った、一遍の大河ドラマは実現可能なのかどうかを佐江衆一著「わが屍(かばね)は野に捨てよ―一遍遊行」を読んで考えてみました。

[○○の大河ドラマはできないのかシリーズ]
松永久秀 山中鹿之介 卑弥呼 ・続 一遍

一遍→踊念仏→インド映画っぽくなる!?
 鎌倉仏教は歴史嫌いな中学生にとって鬼門となる部分だと思いますが、「日蓮の日蓮宗」と「一遍の時宗の踊念仏」だけはやたらとみんな覚えていたのではないでしょうか。「日蓮の日蓮宗」は人物名と宗派の名前が同じなので覚えやすいということでしょうが、一遍の方は「踊念仏」というのがやたらと頭に残るのが原因でしょう。
 ではそんな一遍が主人公の大河ドラマを作ったらどうなるのか?大体の人は「インド映画っぽくなりそう!」と思うことでしょう。

日本人の持つインド映画のイメージ

 「わが屍~」を読んでみると、多分インド映画っぽくなると思います。しかし、一遍が踊念仏を発案(?)するのは物語の後半なので、踊念仏目当てで見ると(読むと)「な~んだ、踊念仏で有名な一遍が主人公なのにぜんぜん踊らないジャン。」と物語前半で見切っちゃうかもしれません。

世にも珍しい教科書の方が美化されている主人公
 ところで中学の時、一遍の踊念仏って、どう習いました?確か「動作を念仏にすることによって、難しい言葉を知らない身分の人でも浄土に行けるようにした。」みたいな感じですよね。これを聞いて「ああ一遍は慈悲深いなぁ。」となるわけですが、「わが屍~」を読むと、踊念仏は「ただ降りてきただけ」です。まあ、「身分にかかわらず誰でもウエルカム」という点は変わらないので十分なのかもしれませんが。
 しかし、主人公の一遍。「性欲を抑えたくても抑えることが出来ない」というクズ主人公です。他にもそういう描写がるのですが一遍は「特別凄い主人公」ではありません。むしろ他の仏の道に進んだ人の中でも劣る側の人物です。作中で本人もそう言っています。
 大河ドラマ:一遍を見ると「歴史の教科書に載ってる人だし、お坊さんだし、『身分にかかわらず』とかって平等主義者っぽいし、多分一遍って凄いい人なんだろうなぁ。」というイメージがガラガラと崩れるかもしれません。もちろん教科書は美化されるものですが、美化されない主人公というのは珍しい。いや、現代風ちゃ現代風。

仏教用語頻出し過ぎぃ!
 正直、「わが屍~」を読んでいても相当詳しい人でないと、「仏教用語頻出し過ぎぃ!」となってしまうでしょう。そこが大河ドラマ:一遍を作る上でのネックポイント(っていうか僧侶が主人公の作品全般)。
 まあ僧侶を主人公にしているので仏教仏教しいドラマになってしまうのは致し方ありませんが、それが宗教観が薄いといわれている現代人にウケるかどうかは甚だ疑問。が、しかし!2017年2月は某女優と某宗教団体に注目が集まりましたね!?さらに、一遍の時代は飢饉やら元寇のころと、物騒で不景気な、人々が現在の在り方に疑問を抱くくら~い時代。意外と現代とマッチしていたりするのです。
 あと、作中には鎌倉仏教で習う僧侶達。浄土宗の法然・浄土真宗の親鸞・日蓮宗の日蓮も登場します!臨済宗の栄西・曹洞宗の道元も名前だけ出てきます!こういうのはいいよね。

まとめ
 大河ドラマ:一遍は「特別凄くない主人公」が「暗い時代」に「新興宗教」を救う!という現代人にマッチした大河ドラマになるかも!!もちろんグランドフィナーレは踊る!
 ちなみに、「わが屍~」によると、踊念仏の最初の発案者は一遍じゃないそうです。あと、時宗ではなく時衆と記述するほうが正しいそうです(彼らは宗派ではないので)。

« W杯不出場の語り部 (おまけが本編かもしれない) | トップページ | 酒と料理とお酌と女 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ