プロフィール

« A4用紙っていうけど、じゃあその大きさはどうやって決めたの? | トップページ | 俺が嫌いなTV番組の演出を書く »

「2万4千円」←この表記って間違いじゃなかった?

 なんでも鑑定団を見ていても、他のTVや本などを見ていても「2万4千円」のような「4(アラビア数字)+千(漢数字)」という表記方法を見かけますが、この表記って正しくないって小学校の算数で習った気がするんだよなぁ・・・。

24000円 正しい
二万四千円 正しい
2万4000円 正しい
2万4千円 正しくない

↑こう教わったはず!!

万と千・百・十は別物
 ↑を見て、「24000(全部アラビア数字)は正しい。分かる。二万四千(全部漢数字)も正しい。分かる。でもなんでその混在である2万4000円は正しくて、2万4千円はダメなんだ?」と思う人もいるでしょう。しかし、万(億・兆・京・・・)と千・百・十(・一)って扱いが違いますよね。日本(漢字圏)ではケタを4ケタごとに区切るので、一・十・百・千・・十・百・千・・・となるわけですね。なので、4ケタごとにアラビア数字で表記する2万4000円は正しいけれど、そうではない2万4千円は正しくないという訳ですね。
 まあこれが24300円だったら、2万4300円は正しくて、2万4千3百円は正しくないとすれば分かりやすいと思います。

銀行とかの「10千円」みたいなのが原因か
 ではなぜ2万4千円のような表記がはびこっているのでしょうか?その原因は銀行等の金融機関にあると思います。10(千円)とか334(百万)みたいなの、よくありますよね。銀行などの金融機関や退職対照表など、お金の世界は漢字圏の4ケタとは違い、ヨーロッパ式に3ケタ区切りで表記しますよね。
 この、4ケタ区切りと3ケタ区切りがごっちゃになった結果、2万4千円という表記がはびこるようになったのでは?と思います。20300円を2万3百円と表記することはあんまりないですからね。

« A4用紙っていうけど、じゃあその大きさはどうやって決めたの? | トップページ | 俺が嫌いなTV番組の演出を書く »

学校/教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ