プロフィール

« 「正義の反対は悪ではなくまた別の正義」という諸刃の剣 | トップページ | 「レディファースト強要おばさん」からの「頑なに遠慮レディ」のコンボが辛い件 »

やっぱり道端での「おかえり」には「ただいま」と返すほうが正しい件

10年ぐらい前の、女優多部未華子さん出演の積水ハイムのCM。

これを見た母が「『おかえり』っていわれてるのに『こんにちは』って返すのはおかしい!『おかえり』と言われたら『ただいま』でしょ!」とツッコんでいたのですが、やっぱり道端で「おかえり」と挨拶された時には「こんにちは」と返すほうが正しいですよね。というお話。

「ただいま」って敬語がないよね?
 CMでは多部さんより年上と思われる女性が「おかえりなさい」と言っています。と、なると多部さんは「ただいま」ではなくその敬語(?)で返さないといけません。
 でも「ただいま」って、「おかえり」に対する「おかえりなさい」のような敬語版がないですよね?あえて言うなら「ただいま帰りました」「ただいま戻りました」になるのかな?

あくまで"岐路の途中"だし・・・
 「ただいま帰りました」「ただいま戻りました」と言えばいいのかもしれないけど、CM中の多部さんは多分、家に帰っている途中なんだよなぁ(じゃあなんで自転車停めたんだって話なんだけど)。そうすると「ただいま帰りました」を意味する「ただいま」は不適切ってことになるよね。
 そういえば、僕が小学校の時、下校中に「おかえり」って挨拶してくれるお婆ちゃんがいましたけど、その時も「『おかえり』って言われたから『ただいま』かな?でも、今いるこの場所が僕の家じゃないしなぁ・・・。」と、ちょっと考えて「こんにちは」と返していました。

道端での「おかえり」は自粛せよ!
 というわけで、道端で「おかえり」と言われた時は家の目の前とかで言われない限りは「こんにちは」と返すほうが自然かと思います。じゃあ、「こんにちは」→「こんにちは」でええやんっていう話ですよね。と、いうことで話しかける側もわざわざ「おかえり」と言わずに「こんにちは」で統一しちゃえばいいんじゃないですかね。
 ところで、道端で会った人に「おかえり」と返すということは、その人がこの近隣の人(もしくは家に向かっている"岐路の途中")だということが分かっていることになりますよね。現代だと「コジンジョウホウガー!」「イナカトクユウノカンシシャカイガー!」となって「おかえり」と挨拶する人が警戒されるかもしれませんね。と、思ったら「こんにちは」と挨拶する人も警戒されていたぜ!!世知辛ぇ!

アンケート設置してみます。ご協力をお願いいたします。

« 「正義の反対は悪ではなくまた別の正義」という諸刃の剣 | トップページ | 「レディファースト強要おばさん」からの「頑なに遠慮レディ」のコンボが辛い件 »

コミュ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ