プロフィール

« 清水エスパルスの2017年シーズン背番号7予想大会(結果発表あり) | トップページ | 俺が持ってるカードゲーム(ボードゲーム)のレビューをしてみる4 »

子供の将来の夢ランキングにYouTuberが入ることの問題点を考えてみる

くらしナビ・学ぶ:スマホっ子の風景 竹内先生の新教育論 「夢はユーチューバー」勉強しない子どもたち - 毎日新聞

 ↑は昨年話題になった「子供の夢にYouTuber」の記事です。TV番組でも何かと取り合げられ、「ヒェ~、小学生の多くがあんなのになりたがるなんて~!世も末だ~!」なーんてコメントが挙がっていました。
 と、いうことで1年ほど経ちましたが、このタイミングで「子供の夢にYouTuberがランクインすることの何が問題なのか?」さらには「そもそも問題なのか?」を考えてみたいと思います。

問題なのは「楽してドーンw」だと思っているところ
 基本的に僕はYouTuberという職業には肯定的です。以前、記事にもしていますが僕はYouTuber(っていうか"動画投稿者")と芸能人はイコールだと思っていますので、「将来の夢:YouTuber」と「将来の夢:アイドル・女優・お笑い芸人」は同じだと思っています。しかし、件のランキングの反応はYouTuberばかり取り上げられて、芸能人の方の風当たりは別段悪くありません(「ま~そういう子もいるよね~」ぐらい)。つまり、親世代教師世代の間でのYouTuberという職業の知名度・理解が低いことによるわけですが、YouTuberという職業を「(親世代教師世代からしたら)最近できたよく分かんない職業。すなわち、ろくでもない職業」として、「そんな職業がランク入りなんて不安!」としていう風潮の方が問題です。
 「将来の夢:YouTuber」がランクインしたことについて、嘆く点を挙げるならば「YouTuberは(誰でも、何をしても)楽してドーンと稼げる!」と思われている点ですかね。やっぱりYouTuberも芸能人なわけで、「成功者」となるのは運とセンスとある意味での頭の良さが必要な、非常に狭き門です。僕は「売れないYouTuberの動画」を何本も見てきましたw

別にYouTuberに限らないよね
 たーだー。YouTuberに限らず、アイドルだってパイロットだって野球選手だってケーキ屋さんだって「スポットライトを浴びたい。」「世界を飛び回りたい(≒世界旅行?)。」「自分が好きな野球を仕事にしたい。」「ケーキ屋さんになれば好きなケーキが食べられる!」っていう不純な動機というか、表面的な部分しか見ていないで語っている夢ですよね。そして、「アイドルだったら勉強なんてしなくていい!」「プロになるには勉強より野球の練習しなくちゃ!」と嫌いな勉強から逃げる口実にも使うのも(職業によりますが)YouTuberに限ったことではないですよね。

小学生ならそれでいい
 でも小学生ぐらいだったらそれぐらいの夢でいいですよね。「△△をしたい!××をしたくない!」という単純な思いと、成功者の例だけから夢を持ち、そこから現実を知り、競争に負けた者が現実的な職業を選び、現実を知ってもなお「俺は○○になるんだ!」という強い思いを持ち、競争に勝った者が夢を叶えるわけで。
 あまりにも現実的な理由(たとえば"安定した収入")で夢を持っている小学生がいたら、それこそ「ヒェ~、小学生が現実的な夢(しか)見れないなんて~!世も末だ~!」となり、そうさせてしまった自分(大人)たちが反省するべきでしょう。

まとめ
 子供の将来の夢にYouTuberが入っていることの問題点は、「よく分かんない職業が上位に入っていること」ではなく「楽して稼げると思われている職業が入っていること」。でも小学生ぐらいだったらそれぐらい単純な思考で夢見ていいよね!

« 清水エスパルスの2017年シーズン背番号7予想大会(結果発表あり) | トップページ | 俺が持ってるカードゲーム(ボードゲーム)のレビューをしてみる4 »

世間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/69311779

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の将来の夢ランキングにYouTuberが入ることの問題点を考えてみる:

« 清水エスパルスの2017年シーズン背番号7予想大会(結果発表あり) | トップページ | 俺が持ってるカードゲーム(ボードゲーム)のレビューをしてみる4 »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ