プロフィール

« 2016年の当ブログを振り返る | トップページ | 俺が行った御殿場市とその周辺の日帰り温泉のレビューをしてみる4 »

第93回箱根駅伝を振り返りつつ箱根駅伝や駅伝を考える

 プロフィールにも書いてあることですが、僕は箱根駅伝が好きです。よって、毎年1月2日3日は基本的にずっとTVの前で箱根駅伝を見ています。と、いうことで今年の箱根駅伝を振り返りつつ、箱根駅伝そのものや駅伝全体について書いていこうと思います。(ここまで毎年恒例。)

駅伝はチームスポーツだった!
 終わってみれば青山学院大学が2位東洋大学と7分以上差をつけての総合優勝でしたが、今年の箱根駅伝は近年まれに見る群雄割拠駅伝だったと思います。どこかの大学が区間賞総なめということは無く、3つ以上区間賞を獲得した大学はありませんでした。逆に青学も東洋大も神奈川大も区間2ケタ順位の選手がいたりしています。つまり"全員駅伝"で走ったチームがよい成績を収めることが出来たわけで、改めて駅伝はチームで行うスポーツ、選手層が物をいう競技なんだなということを再確認しました。
 今大会は2区を4人の外国人留学生が走ることで話題になりましたが、実は4チームとも(山梨学院、日大、創価、拓殖)シード落ちしてるんですよね。俺は留学生ランナーのいるチームを「外人に頼りっきりチームw」呼ばわりするのが冗談でも嫌いなんですが、特に拓殖はそういわれても仕方ないかなという結果に終わってしまいましたね。でも拓殖も6区は頑張ってたし、山梨学院は2区のニャイロが微妙だったのを3~5区はじわりじわりと追い上げてたし、創価は4区の選手の方が抜かしていた。こういうのも無視されて「外人の頑張りを無にした外人に頼りっきりの日本人選手wwwwww」とか言われるのは悲しいなぁ。

上武大があと一歩だった件
 昨年の記事で「上武大学に注目!」と書いたからか、今年は上武大に注目していた僕。1区の選手が上位陣に食らいついて10位で襷リレーして、「お!今年はひょっとしたらひょっとするかも!!」と思っていました。すると5区、TVに映っていない間に8位まで順位を上げており、しかも区間賞が狙えるかも!?というところまで順位を上げており、「今年は一気にシード権までいけるぞ!!」とテンションがあがりました。
 結局シード権もとれず、過去最高14位を上回ることはできませんでしたが、昨年たまたま例に出した國學院大學より、上の順位で終えたりと、確実に一歩一歩躍進に近づいていると感じました。来年は10回目の出場。がんばれ上武大!当ブログは上武大を応援します!

やっぱり学生連合は必要だった件
 今大会の前に「学生連合は必要なのか?」みたいなことが話題になったみたいですね。一昨年の記事で触れていますが僕は学生連合必要派です。しかし、今大会は1区から学生連合はズッコケ展開に「おいおい、学生連合不要派が元気になっちゃうよ。」と思っていたら4区の駿河台大学の選手が区間上位の走り、10区の東京国際大学の選手が幻の区間賞となり、「学生連合でもいい成績を収められる!」と証明することができました。
 ちなみに、↑の留学生頼りっきりチーム呼ばわりするのと同じぐらい「学連選抜はチームの絆が無いから繰上げスタートになっても悲しくない」見たいに言う人が嫌いです。(あとこういうこと言う人はだいたい学連選抜っていう。今は学生連合なのに。)

他、放送見てて思ったこと、気づいたこと
「犬と並走」が復活した!
 昨年、「毎年映ってたのに今年は無かった!」と書いたCM前アイキャッチの「犬と並走」が今年は復活しました。と、いうことはやっぱり去年はあの事件への配慮なんでしょうね。
「復路一斉スタート」が復活した・・・けど
 同じくCM前アイキャッチに「復路一斉スタート」が復活しました。復活しましたが、以前流れていた「復路一斉スタート最後の年」ではありませんでした。
復路順位が発表された!
 昨年、一昨年と当ブログでも「復路順位が発表されていない!」と書きましたが今年は発表されました!さては日テレスタッフはこのブログを見ているな!?(多分ただの時間の都合だと思う。)
8区の区間記録破られねー!!
 今年も8区の区間記録は破られず、現在唯一の20世紀の区間記録が20年間破られずということになりました。毎年見ていると、遊行寺坂までは区間記録更新ペースで走っていてもその後でペースダウンして記録更新できないんですよね。区間記録すげーなー(不正してたんじゃね?)
「箱根から世界へ」触れんのかーい!
 2016年はリオ五輪がありました。リオ五輪の長距離(確か10000m)には箱根のスターともいえる、設楽・大迫・村山の3選手が出場したはずです。僕は「あ、今年のOP("箱根から世界へ"的エピソードを取りあえげる)はコレだな。」と五輪のときから予想していたのですが、結局どこでも触れられず・・・。確かにあんまり記録は良くなかったけど正に「箱根から世界へ」の例なんだから触れてあげてよ!
 それにしても、あれだけ箱根で輝いていた3選手がからっきしだったんだから、箱根駅伝が「箱根から世界へ」ってのはやっぱり無理だよなぁと思ってしまう。
警視庁からのお知らせはしっかりTVで放送したほうがいいんじゃない?
 放送中、データ放送や番組HPの紹介をするときに「警視庁からのお知らせは番組HPをご覧ください」みたいな事いってたけど、ちゃんとTVで放送したほうがいいんじゃないの?と思いました。多分、そういうの見てほしい人は番組HP見ないよ。
ごはん党のCMに同意
 終始流れたサッポロビールのごはん党のCM。「ごはんを我慢する世の中でいいのか!?」には完全同意。ただカツ丼にビールってwwwww

金栗四三杯発表後追記
 金栗四三杯(大会MVP的な位置づけ)は6区で区間新記録を樹立した日体大の秋山選手との事。僕は2区区間賞で、神奈川大の12年ぶりシード権獲得に貢献した鈴木選手だと思ったんですけどね。ところで、6区の選手が金栗四三杯獲得するの初めてだそうで、意外に感じました。そこで思ったんですが、今年の箱根駅伝は「5区・山の神」不在だったり、復路スタート時のタイム差が詰まっていたりして、いつもより6区に注目が高まった大会でしたね。日体大秋山選手が史上初の6区ランナーで金栗四三杯獲得というのもそれを現していると思いました。
「山の神」なら6区にも出る。そう思えた93回箱根駅伝でした。

最後に
・来年も箱根駅伝見るよ!
・ランナーを応援する気のない「映りたがり」は応援したい人の為に場所を譲ってね!!そしてマナーを守ってね!
・選手・スタッフの皆様ははお疲れ様でした!

« 2016年の当ブログを振り返る | トップページ | 俺が行った御殿場市とその周辺の日帰り温泉のレビューをしてみる4 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ