プロフィール


  • 名前:牛乳屋黄三郎
    改名暦:一赤太郎→麦茶屋蒼次郎→牛乳屋黄三郎 性別:男
    居住地:静岡県
    年齢:24歳
    職業:製造業(牛乳は作っておりません)
    ストレングスファインダー(R)による5つの強み:【慎重さ】【原点思考】【最上志向】【規律性】【分析思考】

    【このブログ】
     このブログは、管理人が「気になったこと・言いたいこと」を好き勝手書いていくブログです。管理人がどんなことに対して、「気になって・言いたくなるのか」は「カテゴリ」や「プロフィール詳細」の「好きなもの」「嫌いなもの」をご覧ください。
    ブログの特徴:
    だらだら続ける,ブーメラン発言連発,すぐ何かに影響される

    【連絡先】
    各記事コメント欄、「プロフィール詳細」の「メール送信」よりどうぞ。
    なるべく早めに返信・対処します。

    【リンク】
    このページはリンクフリーです。
    現在相互リンク受付中です。コメント欄かメールにてご連絡ください。

    プロフィール詳細
    ドミニオンについて
    「冒険」「Empire」へのスタンス

« "自虐"と"他虐"は全然違うよっていう話 | トップページ | 1970年代の地図帳が平成1ケタ生まれには色々衝撃的だった件 »

名字イジり、名前イジりが凄く嫌いだよっていう話

 幼稚園生からオッサンオバサンまで、老若男女を問わずに行われている「名前イジり」が、僕は凄く嫌いなのでその嫌いっぷりを書きたいと思います。
 ちなみに僕、麦茶屋蒼次郎は、名字はある歴史上の人物とあるタレントと同じなのでそれ方面でイジられ、名前はクラスメートの変なヤツと同じだったのでそれでイジられたという具合です。

「○○と同じ名字」だからどうした
 よくあるのは「同じ名字でイジる」パターン。「だからどうした」としか言えません。いくら日本はファミリーネームが多種多様な国だと言っても、よっぽど珍しい名字以外は同じ名字の人なんて何世帯もある訳で。
 しかもだいたい「○○と同じ名字wwwww」とか言ってくるのは、敗者扱いを受けている歴史上の人物、犯罪者や不祥事を起こした人とかあんまり誇らしくない人と同じ名字の時に、「××したヤツと同じ名字wwwwwお前も××なんじゃねーのwwwww」というパターン
が多く、「△△した方と同じ名字!あなたも同じ名字!誇らしい!」となることはないです。
 また、犯罪者だけでなく被害者と同じ名字だったからとイジってくるパターンもありますが、不謹慎と言わざるを得ないです。
 名字でなく「○○と同じ(下の)名前!」なんてもっとだからどうしたとしか言えません。「君と同じ漢字が使われてるね!」まで来たら「もう犯罪者にも受賞者にもどっちにも使われてるわい!」と言いたいです。
 つまりのところ、全国規模の話をクラスメート等レベルの狭いコミュニティの話に落とし込んでゲラゲラ笑っている様が不愉快なのです。クラスの中では◇◇という名字の人が冴えないイジられキャラだったとしても、世の中には◇◇という名字のイケメンや美女や世界レベルのアスリートやノーベル賞候補の学者がいるかもしれないのに。

「名前を馬鹿にする→その人の両親を馬鹿にしている」って幼稚園で教わらなかったのか
 幼稚園の頃、クラスメートが女の子の名前をイジった時に先生が「『○○ちゃん』っていう名前は○○ちゃんのお父さんお母さんが一生懸命考えてつけた名前なんだから、○○ちゃんの名前を馬鹿にするっていうのは○○ちゃんのだけでなく、○○ちゃんのお父さんお母さんも馬鹿にしてるってことなんだよ!?」と怒っていました。僕は凄い感銘を受けて、今でもこうやって覚えている訳ですが、名前イジりをしている人っていうのはそういうことを言われずに育ったんですかね。それとも「その人の両親も馬鹿にしていい!」と考えられる凄い人なのでしょうか。

「めんどくさい名字w」とか禁句でしょ
 もう一ついいたいのが「荻原と萩原とかめんどくせーからどっちかに統一しろよw」とか「高田って『タカダ』じゃなくて『タカタ』なのかよw紛らわしいww」とか「『鈴木』ってwww鈴の木ってどういうことwwwwwクリスマスツリー?w仏教徒でしょ?w」みたいなの。もうこういうの全部侮辱罪(?)で罰せられて欲しいです。
 ↑の両親も馬鹿にしている理論で言えば、ご先祖様まで遡って馬鹿にしてることになりますからね。

まとめ
・同じ名字イジりは全国規模の話を狭いコミュニティのレベルに落として笑ってるから嫌い
・その人の名前を馬鹿にするということはその両親も馬鹿にしてるって教わらなかったのかな?
・その理屈でいくと名字を馬鹿にする→ご先祖様を馬鹿にしているだからね?

« "自虐"と"他虐"は全然違うよっていう話 | トップページ | 1970年代の地図帳が平成1ケタ生まれには色々衝撃的だった件 »

コミュ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ