プロフィール

« 日本にブラック企業が蔓延っているのは江戸幕府・明治政府のせい説 | トップページ | 上手いこと言おうとしてすべってることわざランキング »

Platform第9回公演「ヒドラの匣。」を観劇してきたぞ!

 10月14日(金)に、インプロカンパニーPlatformの第9回公演「ヒドラの匣。(はこ)」を観に行ってきたのでその感想を、当日昼の特別企画「はじまりの前。」と併せて書いていくよ!

※管理人のプラフォへの想いはこれとかこれを見るといいと思います。
※管理人は演劇のえの字も知らない人間なので的外れなことを書いてるかもしれませんがその時は失笑してやってください

「コンセプトインプロ」とは?
Platformは、ただのインプロではなく、コンセプトインプロという公演を行っているのですが、コンセプトインプロとは、
即興シーンの羅列ではなく、
1公演がひとつのストーリーとなる演出・構成の本公演がPlatform最大の特色です。
誰と結ばれるかわからないラブストーリー公演や
誰が生き残るかわからないバトルロワイアル
有罪無罪を観客が決める即興裁判など
時に台本や演出、ダンスなど決め打ちの要素を織り込みながらも
劇中劇や予定調和として即興を扱うのではなく
即興の良さ、自由度を最大限に引き出すための構成を探求しています。

と、いうものだそうです。(公式HPより引用)
実は普通の「コンセプトじゃないインプロ」を観たことないので「ここが違う!」みたいなことは言えないんですが、「ALL即興じゃないし、ALL台本じゃない。どこが即興か、どこが台本かは分からない。」ってことだけ分かっておけばいいと思います。

会場は八幡山!
 会場は八幡山ワーサルシアター。京王線八幡山駅から徒歩1分を謳っておりますが、実際にそんなもん!八幡山駅周辺はお店も飲食店も色々あるので開始1時間前ぐらいに来て飯+αで時間をつぶせました。
 ところで、京王線って運賃が凄い安いんですけどそれで採算合うんですかね?

昼の特別企画。リバイバルシアター「はじまりの前。」
真っ白な切符にあなたの行きたい駅名を記す「即興鉄道」の旅へ。 Platform旗揚げ公演の演目をサポートメンバーが完全再現。(公式HP・パンフレットより引用)
 まあ僕はPlatform旗揚げ公演を見たことがないのでこれがはじまりになるんですけどね。
 とりあえず開場して席に着くと、パンフレットと共に"ペーパー"が。この(質問が書かれた)ペーパーに、単語やセリフを書いて箱に入れておくと、公演中、その箱からランダムで選ばれたペーパーの単語やセリフが読まれて、物語が進んでいく・・・ということです。このペーパー、自分の書いたペーパーが読まれるとめちゃくちゃ嬉しいです!多分、ラジオとかのハガキ投稿が採用されたときと同じ気分なのではないでしょうか?(そっち知らんから分からん。)特に今回、僕が書いた単語が結構大事なワード(駅名)となってくれたので、公演後アンケートに「ここが良かった!」と自画自賛させて頂きましたw ペーパーに書いた内容の明言はネタバレになるので避けます。ヒントはドミニオン。(※公演の詳細はネタバレ防止のため、触れません)
 「昼の特別企画には、夜の出演者が観客としてやってくる。」と前説でみくみんさんが言っていたがその通りで、僕のとなりにじゅんきさんが!後方にはいっしーさんやこぱさんが!!
Okashikunacchaiso
うだわくファンの僕としてはいっしーさんにお声掛けするべきだったと後々後悔・・・

夜の本公演。「ヒドラの匣。」
 昼公演後、いったん新宿へ行き時間つぶし(八幡山―新宿間は片道160円!!)。夜、再び八幡山へ。
 入場すると、積田先生ことむらむーさんと江差さんことあすみさんの前説。「あっ!これが俗にいう前説ってやつなんだ!」と気づいたのは開演後だったりしますw (そういえば昼公演の時のみくみんさんとらいふさんのやつも前説ってやつだったのかとここで気づくw)
公演はいわゆるメインの"治療パート"以外にもノンバーバル要素だったり、マスクだったりと盛りだくさん!BGMや照明効果も素晴らしいね!
(※公演の詳細はネタバレ防止のため、触れません)
 残念ながら本公演では僕のペーパーは読まれず。なお、読まれいたらどのワードを拾われていても面倒くさかったと思われます。ワードのひとつのヒントはドミニオン。
 で、終演後、じゅんきさん、みくみんさんえこさんにお声掛けしていただき、僕のことを覚えてくれている旨の発言を!!ファーーーーーwwwwww嬉しい!!
Okashikunacchaiso
 じゅんきさんとは記念撮影までさせて頂きました。これが僕のネット上で出来る最大露出の顔出し。
Cuzlhnduiae1dyl
 偶然にもヒドラの匣。カラーの上着を着てきてて良かった!

以下、思ったこと羅列
・昼、夜講演を見てて感じた第一印象は、ラーメンズの小林賢太郎氏がよく言う「非日常の中の日常」って感じ。あの鉄道は白い切符に書いた行先が行先になるのが日常だし、仁戸一成はああいう治療をするのが日常なんだろう。舞台の様子もラーメンズのライブっぽいし(箱とかね)。
・あすみさんはプラフォ動画内ではデカイと思っていたけど、昼公演の時にみたらあんまり大きくなかった。と思ったら夜公演で舞台上のあすみさんを見たらデカかった。これが舞台女優か・・・。※褒めてます
・「そういえばこれ即興でやってるんだよな。そう考えると凄いな。」と思わせた時が即興演劇の最高潮なのかなと思った。僕は昼夜共にそう思うことが何度もあった。
・そして純粋にみんな演技が上手(あたりめぇだ)。「いっしーが9歳の男の子役とかwwwwwwネタだろwwwwww」と思っていたけど実際9歳に見えたんだよなぁw
・パンフレットとかと一緒に折りこまれてたチラシ見ると即興演劇団体って結構あるんだね~。「演劇を観に行くよ!」→「どんな演劇?」→「即興演劇っていうジャンルで~」と説明するのが二度手間だし、説明したところで自分の説明下手なせいもあって「それ、面白いの?」ってなりそうだから、「即興演劇」というジャンルがもっとメジャーなものになってほしい。
・実は1公演1回観劇じゃ半分も楽しめてないんじゃないか?複数回見て初めてコンセプトインプロの魅力が分かるんじゃないか?というのが最後に持った感想。で、1回しか見れない人のための台本販売なのかもしれないなぁ。上手い商売だなぁwなんて思いながら帰りました。

プラフォの次回公演は5月!行けるかどうかわかんないけど行きたい!そして2回見たい!

« 日本にブラック企業が蔓延っているのは江戸幕府・明治政府のせい説 | トップページ | 上手いこと言おうとしてすべってることわざランキング »

外出」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/67989249

この記事へのトラックバック一覧です: Platform第9回公演「ヒドラの匣。」を観劇してきたぞ!:

« 日本にブラック企業が蔓延っているのは江戸幕府・明治政府のせい説 | トップページ | 上手いこと言おうとしてすべってることわざランキング »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ