プロフィール


  • 名前:牛乳屋黄三郎
    改名暦:一赤太郎→麦茶屋蒼次郎→牛乳屋黄三郎 性別:男
    居住地:静岡県
    年齢:24歳
    職業:製造業(牛乳は作っておりません)
    ストレングスファインダー(R)による5つの強み:【慎重さ】【原点思考】【最上志向】【規律性】【分析思考】

    【このブログ】
     このブログは、管理人が「気になったこと・言いたいこと」を好き勝手書いていくブログです。管理人がどんなことに対して、「気になって・言いたくなるのか」は「カテゴリ」や「プロフィール詳細」の「好きなもの」「嫌いなもの」をご覧ください。
    ブログの特徴:
    だらだら続ける,ブーメラン発言連発,すぐ何かに影響される

    【連絡先】
    各記事コメント欄、「プロフィール詳細」の「メール送信」よりどうぞ。
    なるべく早めに返信・対処します。

    【リンク】
    このページはリンクフリーです。
    現在相互リンク受付中です。コメント欄かメールにてご連絡ください。

    プロフィール詳細
    ドミニオンについて
    「冒険」「Empire」へのスタンス

« 「なぜ野球応援に行かなければいけないのか?」について考察してみた | トップページ | 「ストレングスファインダー(R)」をやってみた! »

俺が持ってるカードゲーム(ボードゲーム)のレビューをしてみる3

 またいくつかのゲームを入荷したのでご紹介いたします。第1回第2回同様、友達が少ないのであまりプレイできていないので、薄っぺらいレビューかもしれませんが。

[ボード(カード)ゲームレビューシリーズ]
第1回 第2回 第3回 第4回

評価項目の説明
ルール理解難易度:ルールの難しさを☆~☆☆☆☆☆で評価(☆☆☆☆☆が最も難しい)。目安としては、
☆ 小学生低学年が遊べる
☆☆ 小学校高学年が遊べる
☆☆☆ 中学生・高校生が遊べる
☆☆☆☆ 大人が遊べる
☆☆☆☆☆ 大人でもプレイヤーを選ぶ
運ゲー度:勝負がどれほど運に左右されるかを☆~☆☆☆☆☆で評価(☆☆☆☆☆が最も運に左右されやすい)。
奥深さ度:戦術等の奥深さを☆~☆☆☆☆☆で評価(☆☆☆☆☆が最も深い)。
ゲーム時間:ゲームを1ゲーム(1回勝敗が付くまで)行うのにかかる時間の目安。だいたいパッケージとかに書いてあるのでそれを参考に。

交易王
プレイ人数:2~4人
ルール理解難易度:☆☆
運ゲー度:☆☆☆
奥深さ度:☆☆☆
ゲーム時間:30分
 大航海時代、胡椒・塩・綿・銅・藍・麻を取引して金を稼ぐのが目的というゲーム。プレイヤーは船の積み荷だけでなく市場での需要を操作するのがこのゲーム最大の特徴でミソでしょうか。ゲームの勝敗は最終的な所持金なので注意。ゲーム中に稼いだ金で「"船"をもう1隻買う」とか「"荷役"を1人雇う」とかできるんだけど、結構高いので減価償却できるように買わないといけない(繰り返すがゲームの勝敗は最終的な所持金)。
 ざっとやってみた感じだと、いち早く"協定"を結び、稼ぎやすくしたうえで、"商館"を建てるかもう1つの"協定"を結ぶかしていくのが有利そう。「(自分も得するけど)他人が得するから交易しない」を選んでいると稼げないので相手のことは気にせずに自分の利益を追うのが良かったりする気がする。
 ドミニオンと世界観が被るのが良い。多分僕はこの時代のヨーロッパの世界観が好きなんだろうな。
 ゲーム開始時に「交易王に俺はなる!」っていうのを流行らせたいけど流行らなかった(´・ω・`)
 
モダンアート
プレイ人数:3~5人
ルール理解難易度:☆☆
運ゲー度:☆☆
奥深さ度:☆☆☆☆
ゲーム時間:30分~60分
 画商となったプレイヤーが絵画オークションを行い合って、ラウンドごとに画家ごとの勝ちが決まり、買った絵画を換金し・・・を繰り返すゲーム。オークションの種類が多くて楽しい。オークションに登場する回数が多いほど人気画家の描いた絵となり、ラウンド終了時の絵の価値が高くなるのだが、自分がオークションに出品した絵は基本的には自分は買えないというジレンマ。(しかし、オークションは資金を得る機会だというジレンマでもある)。
 「猫も杓子も○○の絵!」という一大ブームが起きたと思ったら、一気に衰退して絵の価値が0になるなんていうケースもあり、じわりじわりと人気を博して常に価値が上がり続ける画家もいたり、その辺り込で入札額を決めたりと奥が深いです。一通り遊んで、もう一度最初からゲームを始めると金銭感覚が狂います。それほど最終ラウンドは大金で落札しても利益が出る画家が出てきたりします。
 amazonレビューかどこかで「絵を売るゲームなのに誰も絵を見ていない」と書かれていたが、実際そうで、ゲーム中必要なのは「誰の絵で、どんなオークション形式か」だけです。あえて絵に目を向けると5人とも斬新すぎますw とくにKarl。
 
花火(Hanabi)
プレイ人数:2~5人
ルール理解難易度:☆☆
運ゲー度:☆☆☆☆
奥深さ度:☆☆
ゲーム時間:30分
 あなた方花火職人全員で協力して花火を打ち上げこの祭りを成功させましょう!というコンセプトの協力型ゲーム。若干「間違えた日本観」な気がする。自分の手札は見えず、他人の言動をヒントに、正しい順番で花火を打ち上げ用というルール。難易度が高い気がするのだが・・・。

他、一般的なトランプ、花札、麻雀、将棋、ゲーム11(オセロとかが詰め合わせの奴)があります。

« 「なぜ野球応援に行かなければいけないのか?」について考察してみた | トップページ | 「ストレングスファインダー(R)」をやってみた! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ