プロフィール

« スタジアム観戦における"ヤジ飛ばしおじさん"の害悪さを語る | トップページ | "シュレディンガーの猫"の誤用の誤用を広めたい »

【ドミニオン】「繁栄」は金量も増えるが購入回数も増える

 ドミニオンの拡張セット第4弾(5番目のセット)である「繁栄」。ホビージャパンの紹介ページでも、
「金貨」よりも価値の高い財宝「白金貨」や、「属州」よりも価値の高い勝利点カード「植民地」も加わり、王国カードとして特殊効果を持ち合わせた財宝カードも盛りだくさん。
と紹介されているように、繁栄というセットは「金量がいっぱい出る。8金で属州を買うようでは勝てない。」という印象が強めです。
 しかし、繁栄の特徴はそこだけではありません。金量・勝利点も増えますが、購入回数も増えやすいのです。
 今日は、植民地場(=繁栄のセットが含まれている)のゲームでは植民地を目指すのが最適解ではない場合もあるというお話。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

他セットと購入回数の増えやすさを比較してみる
 繁栄のカードで購入回数が増える(可能性のある)カードは「交易路」「労働者の村」「都市」「禁制品」「ならず者」「大市場」の6種類です。繁栄収録カードの6/25が購入回数が増えるカードということになります。
 基本セットのカードで購入回数が増えるカードは「木こり」「祝祭」「市場」「議事堂」の4種類と4/25です。陰謀は「手先」「橋」「男爵」の3種類で3/25。海辺は「引揚水夫」「船着場」「策士」の3種類で3/26。錬金術は「薬草商」の1種のみで1/12。と、このように繁栄は購入回数が増えるカードが多く収録されているセット=購入回数が増えやすいセットだということが分かります(収穫祭以降はめんどくさいから調べていません。暗黒時代とか特にめんどいし。でも、繁栄が一番購入回数増えやすいはず)。

購入回数を増やして勝つ例
 購入回数は場合によってはドローやアクションより大事な要素というのは、繁栄に限らずすべてのドミニオンにおいてそうですが、金量も購入回数も増えやすい繁栄ではさらに大事になってきます。
 例えばサプライが以下の状況で、22金10購入出たとします。相手は力を貯めて貯めてドーン!と植民地大量購入を狙っているようで、まだ勝利点の変動はありません(初期屋敷の3点のまま)。
Example
ここで、植民地を2枚購入して先行してもいいですが、救貧院・手先・労働者の村の山を切らして屋敷を購入してターンを終われば、3山切れでゲームが終了し、勝利点4対3で勝利できます。
 植民地場(=繁栄のカードを使用したゲーム)は、植民地を安定して買えるようなデッキを構築するのに時間がかかり長期戦になることが多いですが、上述のように3山切れのデッキを作って勝つこともできます(こちらも時間がかかるので結局は最速デッキ構築ゲーム)。

まとめ
 植民地場(=繁栄のカードを使用したゲーム)は「植民地の買い合い」的な勝負をイメージしがちだけど、金量と購入回数を増やして、「3山切れ」で勝負がつくこともあるから気を付けろ!
 「上(植民地購入)ばかり見ていると足(3山切れ)を掬われる」ってことですな。

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« スタジアム観戦における"ヤジ飛ばしおじさん"の害悪さを語る | トップページ | "シュレディンガーの猫"の誤用の誤用を広めたい »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

・・・この例、特に「植民地場だから(起こった)」という要素は少なく、属州場でもありそうな普通の3山切れの話のような。

コメントありがとうございます。
そうですね。記事書いてて気づきましたw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/65548472

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドミニオン】「繁栄」は金量も増えるが購入回数も増える:

« スタジアム観戦における"ヤジ飛ばしおじさん"の害悪さを語る | トップページ | "シュレディンガーの猫"の誤用の誤用を広めたい »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ