プロフィール

« ブームになる→衰退する→「これだから日本人は・・・」に物申す | トップページ | 「とりあえずビール」なんじゃない「ビールはとりあえず」なんだ »

【ドミニオン】「貢物」(陰謀)を考える

 「陰謀で一番購入しないカード」などと言われている「貢物」について考えていきます。呪いが入ったら役に立たなくなるのは言うまでもなく、「「ハーレム」や「貴族」(共に陰謀)で2つの効果ゲットや!」と企んでも、相手はハーレムや貴族を買わないなんてのもよくある。
 初心者の時はよく買ってたけど、次第に使わなくなっているなぁ。という感じ。


貢物(Tribute) コスト5 アクション
あなたの左隣のプレイヤーは、自分の山札の上から2枚のカードを公開し、捨て札にする。あなたは、その2枚のカードのうち、異なる名前のカードごとに…
アクションカードの場合:+2アクション
財宝カードの場合:+2コイン
勝利点カードの場合:+2カードを引く
(カード名が同一の場合、そのカードの種類のボーナス1つのみを得る。)

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。
※当ブログでは「冒険」および新セット「Empire」のカードについては考えに入れていません。詳しくはこちら

貢物が売れない理由は「不安定だから」
 経験則からすると、貢物で得られる効果は「+2アクション、+2コイン」「+4アクション」「+4コイン」あたりが多いと思います。同じコスト5の「商船」(海辺)や「宿屋」(異郷)の効果から考えると決して悪くはないと思います。山札をめくって、どのカードによって得られる効果が変わるカードとしては「金物商」(暗黒時代)があり、そちらは強カードという評価です。、そんななか、貢物が微妙な評価になってしまっているのは、得られる効果を決めるのが相手山札のカードという不確定すぎる要素だからだと思われます。アクションを期待して使ったら「+2コイン、+2カード」になったり、2枚めくったら銀貨銀貨で「+2コイン」しか得られなかったり、逆に「+4アクションもいらねぇよ!」となったりと、いい感じになってくれなかった経験が強く残っているのもあるでしょう。
 一応、「役人」(基本)で、決まった種類のカードを山札に置かせたり、「密偵」(基本)や「念視の泉」(錬金術)の効果で相手山札の一番上のカードを確認して(山札に戻す)から貢物を使うという、「貢物の安定化」もできない訳ではないですが、「そこまでやる必要あるか?」といわれるとないでしょう。結局、それらで何が山札の一番上にあるかは運ですし。また、相手のカードをカウントすれば、貢物の出す効果の期待値をある程度予想することはできますが、これまた「そこまでやる必要あるか?」というレベル(もちろんある程度のカードの分布は把握しておくべきだけど)。

防御不可のアタックカード
 貢物を使われる側に立ってみると、これは「防御不可のアタックカード」と見ることができます。すなわち、山札の上から2枚のカードを公開し、捨て札にされるにもかかわらず、貢物はただのアクションカード(アタック-アクションではない)なので「堀」(基本)をはじめとした「他のプレイヤーがアタックカードを使用した時~」と書かれたリアクションカードのリアクション効果を得ることができません。なお、「坑道」(異郷)が公開され捨て札にされるときはリアクション効果を得ることができます。
 ちなみに、他に「防御不可のアタックカード」と見れるものは「仮面舞踏会」(陰謀)、「支配」(錬金術)、「義賊」(異郷)の購入時効果、「不正利得」(異郷)の購入時効果などがあります。

貢物はものすごくしょっぼい支配だった!?
 以上のように、貢物は「相手の山札によって得られる効果が最高にも最低にもなる」と「使われる側にとっては防御不可のアタックカード」という共通点があることから「ものすごくしょっぼい支配」なのではないかと考えることができます。使われる側の思考として、「相手は貢物(支配)を持っているが、それ対策のために自分のデッキをわざわざ汚すのは本末転倒。(だから普通にプレーする)」となりがちなのも共通しています。

まとめ
・貢物が不人気なのは得られる効果が相手の山札によって決まるという不安定な要素だから
・貢物を使われる側にとっては「防御不可のアタックカード」
・これらの共通点から「貢物はしょっぼい支配」という見方もできる!?
 「初めてカード効果を見た時、『仮面舞踏会は効果的にも名前的にもパーティカードかな?』と思った。」という人は多くいますが、あえて、ドミニオンのパーティカードを選出するならば貢物がそうなのでしょう。

同時上映 ~「前哨地」(海辺)もしょっぼい支配~
 上述のように「貢物はしょっぼい支配」といいましたが、前哨地もしょっぼい支配と考えることができます。前哨地の場合はそのまんま「通常ターン終了後に追加のターンを得る」という共通点があります。追加のターンが不発に終わるときもあるというのも同様です。
 そうすると、もしも支配が存在しなければ、貢物はドミニオン中唯一の「相手の山札によって得られる効果が最高にも最低にもなり、使われる側にとっては防御不可のアタックカード」となり、前哨地はドミニオン中唯一の「追加のターンが得られるカード」となっていたわけです。しかし、支配という超強力なカードが出てしまったせいで、貢物(笑)、前哨地(笑)となってしまったわけです。貢物と前哨地は支配を恨むといいよ!

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« ブームになる→衰退する→「これだから日本人は・・・」に物申す | トップページ | 「とりあえずビール」なんじゃない「ビールはとりあえず」なんだ »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

 貢物は、「高火力で不安定」なので、コンボで多数打って安定化を図る、といった使われ方が多いカードというイメージがあります。
 でも、安定化させるためには村系を先に打っておく必要があり、しかしコンボが強い場ならアクションもめくれやすいので徒にアクションが出て終了、という展開が多いのではないでしょうか。これだと、おっしゃる「+4アクションもいらない」どころか、「+2アクション+2金」でも損した形になるから弱い扱いされるんだと思います。
 でも、(下家がコンボに入らないようなら)不安定でも火力を頼ってステロとして使える気がします。
 しかし貢物って下家依存なので、「1人回しがしにくい」じゃないですか。だからステロの強さが測りづらいと思うんです。これも、貢物が使われない理由の1つなんじゃないでしょうか。

初心者3さん
コメントありがとうございます。
仰る通り、村→貢物なら、ある程度安定はするんですが、そうすると貢物は+2アクションでもいらないものになってしまい、かといって貢物の+2アクションに期待して村なしで使うと、貢物が「+2コイン、+2カード」で終わり(+2カードはアクション)。みたいな事故になったりするんですよね。
「1人回しがしづらい」というのもありますね。

ちょっと考察が雑な感じが。
ちょっとした共通項(とも思えない項目)を元に貢物と支配をひとまとめにしていますが、そこの括り方にあまり納得力がないように感じます。

貢物で山札が落ちるのはランダムなのでプラスともマイナスとも言えないことが多く、貢物のために対策することは少ないように思います。

支配は相手が普通に組んでいる場合に「相手を支配したターンだけ」で勝てる場合があるので(特に1ターンに支配を連打できる場合)、その場合、相手の支配の効果を下げる(相手に同じことをさせないため)に、自分は「支配以外ゴミ」にする場合は十分あります。

あと、支配(相手の手札)と前哨地(枚数を減らした自分の手札)もかなり使い方が違います。

そういえば追加ターンと言えば、イベントでもそういう効果があったような。

考察が雑に感じられたなら申し訳ございません。「貢物(前哨地)と支配は似ている」という点は「まあそういう見方ができない訳ではないかな」程度に6割4分ぐらいネタとしてとらえていただけたら幸いです。
自分の経験上「相手の支配対策で自分のデッキを汚す」という対策を見たことがないのでその視点は抜けていました。

支配が蛇蝎のごとく嫌われる理由に「研究所たくさん、村、支配複数で、財宝カードなどはデッキ構築後に圧縮して廃棄」という、完全に相手に寄生するだけのプレイができる点ですね。
デックを汚すというより、支配をプレイする以外の機能をなくすのが理想です。
相手が1ターンプレイする間に、こちらは相手の手札で、支配を使った枚数ターンだけプレイできて、相手が慌てて支配入れても、相手は何もできません。

互いにこういう状態(自分では支配プレイする以外は何もできない)になると、引き分けになりますね。

なるほど~。という感じです。
「寄生」されるから嫌われているわけですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« ブームになる→衰退する→「これだから日本人は・・・」に物申す | トップページ | 「とりあえずビール」なんじゃない「ビールはとりあえず」なんだ »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ