プロフィール

« 100均の品でカードゲーム・ボードゲームを作ろう! 花札編 他 | トップページ | 横綱白鵬の変化騒動とダメ押し騒動について俺の考えを述べる »

3月23日だし差別について考えてみる ~生き方の差別編~

 今年も3月23日がやってきます。3月23日は「さ(3)べつに(2)ついてみ(3)んなでかんがえる日」だと当ブログは勝手に決めております(詳しいことの顛末は昨年の3月23日の記事から)。
323

今年のテーマは「生き方の差別」!
 今年のテーマは最近流行のジェンダー差別にしようと思っていました。「ジェンダー差別ってなんぞ~?」という方はこちらをご覧ください。
 で、最近の流れとして、「ジェンダー差別≒性差別」の話になるとたいてい「女性差別」の方が取り上げられます。で、その反応として「男性差別だってあるぞ!」という反論が飛び交います。と、いうことで、今回は男女両方の差別についてケアするため、男女共通のジェンダー差別を考えないと!と考えたのですが、それは「ジェンダー差別」ではないと・・・。
 ということで、男女共通の差別問題として「生き方の差別」というテーマにして、「早く結婚して子作りしろ。」という言葉について考えます。
 完全に余談になりますが、僕は「女性差別問題が取り上げられる」→「男性差別ガー」の流れを見ると、「気持ちは分かるけど、『男性差別ガー』って言ってる男は女々しいなぁ。」的なことを考えてしまいます。この「『男性差別ガー』って言ってる男は女々しい。」という僕の考えは、既に「男は女々しくてはいけない(男は不満があってもうんと噛み締めるものだ)。」というジェンダー差別ということになりますね。また、「ジェンダー差別」という言葉は女性にだけ適用されるというような記事も見かけたのですが、本当にそうだとすると、「ジェンダー差別は男性差別」ということになります。

「早く結婚して子作りしろ。」を考える
「早く結婚して子作りしろ。」という言葉にはさまざまな差別的思考が含まれた言葉で、
1.同性愛の否定(同性愛者差別)
 「結婚」とか「子作り」という言葉には「普通は男女が愛し合うものだ。」という考えがあります。現行の日本では同性愛者同士では結婚は出来ませんし、同性のカップルでは生物的に子作りはできません。
2.(結婚・)子作りできない体の人の否定
 「無精子病」の男性や、「卵管閉塞」の女性等々…。先天性・後天性の病気などで子作りができない人たちを「生物なんだから子孫を残して当然だろ。子作りできないなんて欠陥人間だ。」と否定していることになります。
3.「結婚しない」「子作りしない」という考えの否定
 世の中、特に最近の日本の若者には「結婚しない(したくない)」「子作りしない(したくない)」という考えを持っている人が増えているとかいないとか。そういう人たちに対して「いい年した大人なら、結婚し、子供を作って、家庭を持つものだ。」という意見は、その人たちを否定することになります。「結婚したくない」という考えを持つようになったきっかけが、「両親が凄く仲が悪く、喧嘩が絶えない夫婦だったから。」などという精神的トラウマによるものだったら、2とも考えることができるかもしれませんね。
 また、最近は変態カップルも多くなったものですから、「いわゆる普通のセックスより、○○プレイ(未挿入)の方が興奮するぜ!」なんていう夫婦もいるのではないでしょうか?w

 以上より、「早く結婚して子作りしろ。」という言葉は、生き方の否定だけでなく、3つの否定がなされているわけです。
 また、「早く」の部分にも「一人前の男なら何歳までに過程を持つべき。」とか「○歳以上で子供作るとキ○ガイが生まれるぞ。」みたいな価値観や偏見が含まれています。
 そして、僕は以前、中学生に「蒼次郎氏はいつ結婚するの?」みたいなことを聞かれたことがあるのですが、これは上記の考え方を子供(中学生は子供なのか?という疑問はあるが)達が持つような教育をされているということです。

「このままだと日本ヤバイじゃん。」を考える
 「早く結婚して子作りしろ。」に続く言葉として、「このままだと日本の少子高齢化がさらに進んでヤバいじゃん。国のために(ひいては自分のために)自分は嫌でも産むべきだよ。産まないなんてわがままだよ。」というものがありますが、こちらについても考えてみましょう(少子高齢化で日本がどうヤバくなるのかはこちら)。
 これに関してはもう一言で。「"国のために産め"って大日本帝国かよwwwwwwwwwww」
「国のため」が「兵士として」なのか「納税者として」なのかの違いってだけですね。ある意味それが真理なのかもしれません。だとしたら、大日本帝国が(現代的には)洗脳教育でお国の為の兵士を量産したように、日本国も何らかの方法でお国の為の納税者を量産させないといけませんね。大日本帝国で「生き方の自由。戦争には行かない。行かせない。」なんて言ったら非国民だと罵られたでしょうが、ここは日本国です。生き方の自由は憲法で保障されているはずです。

まとめ
・「早く結婚して子作りしろ。」は同性愛や子作りできない体の人や色々な生き方の否定となる。
・↑のような考えは子供も持っていて、そういう教育がなされている。
・「このままだと日本ヤバイ。国のために産め。」って大日本帝国および独裁軍事国家っぽい。
・生き方の自由は日本国憲法で保障されているはず。

※リンク先の内容に関する意見等は、リンク先にお問い合わせください。

« 100均の品でカードゲーム・ボードゲームを作ろう! 花札編 他 | トップページ | 横綱白鵬の変化騒動とダメ押し騒動について俺の考えを述べる »

世間」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ