プロフィール

« 【オリジナルカードゲーム】誰かしらの野望 ~Somebody's Ambitious~ カード説明 | トップページ | 3月23日だし差別について考えてみる ~生き方の差別編~ »

100均の品でカードゲーム・ボードゲームを作ろう! 花札編 他

 「オリジナルのカードゲーム・ボードゲームを作りたい!」という思いは、少年や少年の心を忘れない大人たちの多くが持っていると思います。その中でカードというのはカードゲームにはもちろん、ボードゲームにおいても重要なアイテムのひとつです。
 しかし、オリジナルでカードを作る上で問題となるのが透け問題。裏からカードの文字等が透けてしまいます。ちゃんとした業者に印刷してもらえばもちろん透けませんが、TGSに出す訳でもないものに、そんなにお金はかけられない・・・。
 と、いうことで今日は100均商品を使った「透けないカード作り」を紹介します。透けるのは女の子の下着だけでええねん。
 今回は同時上映として「パネル」「トークン」問題も紹介したいと思います。

今回は花札+シール作戦
 前回はドミノでしたが、今回は花札を使います。花札にシールを貼ってオリジナルカードを作れるようにします。ラベルシールも100均で買えます。
 今回使用した花札はこちら。


光札→種札→・・・の順に入っており、予備の白い札が2枚、計50枚入りときりがいいです。
 そしてこちらが、100均で購入したラベルシール。
La
花札の寸法が34×56mmなのに対し、こちらのラベルは34×70mmと、短編はぴったしなので扱いやすいです。
 前回の記事で、「カードの上にシールを貼るタイプのオリジナルカードはシールの分カードが厚くなって扱いづらい。」的なことを書いています。普通の花札48枚と、花札にシールを貼ったカード48枚の厚さ比較はこちらです。

花札はもともと厚みのあるカードなのであまり気になりません。
 下地のカード(今回は花札)透け問題はこちら。

元「菊に盃」の「茶室」。気になるけど気にならない。

花札+シールのオリジナルカードのデメリット
1.山札に不向き
 上記のように、元々厚いカードが更に厚くなるので山札に出来る限度は50枚ほど。
2.シャッフルしづらい
 通常のカードより、小さく、かさばるのでシャッフルがしづらいです。こちらも限度は50枚ほど。
3.ガンが付いてしまう
 これは100均クオリティの話ですが、シャッフルを何度か行っていると、カードのカドがはがれて「ガンを付ける」事が出来てしまいます。これで花札をやったら、製造元に横井軍平氏のインタビューで言っていたような怖いお兄さんがクレームに来てしまいそう。
4.カードに記載できる情報量が少ない
 上述の通り、カードサイズは34×56mmと小さいです。ドミニオンは作れませんw

同時上映:「パネル」に使える100均商品
 ここでいうパネルとは麻雀でいう「東南マーク」のような、ゲームの状況やプレイヤーの意思表示をするものです。
1.ドミノ
 前回紹介したように、ドミノにシールを貼り付けます。裏表で東南マークのように使えます。
2.キーホルダー
 こういうやつ(左下)です。

置く、置かないで「ある・なし」を判断することができます。物によっては裏表で使えるかも。
3.角材
 こういうやつです。写真は「これの正方形の面にゴム製の版(別売り)を貼り付けてオリジナルスタンプを作ろう!」というもの。

 底面が正方形の直方体を用いれば、4面で4種類の表示をすることができます。
4.サイコロ
 サイコロでなくても立方体の角材で十分です。カードで行うのであれば6枚必要なところをサイコロ1つで済ませることができます。
5.貼れるホワイトボードシート
 「意思表示をプレイヤーに書いてもらう」方式にするというゲームも考えられますが、お手頃サイズのホワイトボードは早々売っていません。が、「貼れるホワイトボード」というものがダイソーで100円で売っていました!これを花札に貼り付ければ、花札の厚みもあって、ちょうどいいものができます。

同時上映:「トークン」に使える100均商品
 トークンっていうか駒ですね。ここでは、こちらで使う用の「金トークン」(お金として使う。コインや金延べ棒っぽいのがベター)と「兵糧トークン」(兵糧として使う。米や米俵っぽいのがベター)に使えそうなものを紹介します。
1.ドミノ(黄色)
 前回のあまり。二分金っぽいので金トークンに使えます。 →二分金参考画像
2.木ダボ
 米俵っぽいので、兵糧トークンに使えます。100円で40本入りぐらいなのでトークンとして扱いやすいです。

え?米俵っぽくない?こういうことだと、無理やりイメージしてくださいw
KomedawaraKomedawara_long

と、いうことで今回ダレヤボ作成にかかった費用は
花札×3=300円
ラベルシール×2=200円
キーホルダー×=100円
サイコロ×1=100円
貼れるホワイトボードシート×1=100円
木ダボ×1=100円
以上900円です。

さあ、アイデアと1080円と「100均で花札をたくさん買う勇気」を持って、Let's Make Original Card/Bord Game!!

« 【オリジナルカードゲーム】誰かしらの野望 ~Somebody's Ambitious~ カード説明 | トップページ | 3月23日だし差別について考えてみる ~生き方の差別編~ »

オリジナルカード(ボード)ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ