プロフィール

« 2015年の当ブログを振り返る | トップページ | 【ドミニオン】~ルール考察・確認~俺は「肉屋」(ギルド)について重大な勘違いをしていた »

第92回箱根駅伝を振り返りつつ箱根駅伝や駅伝を考える

 ※この記事は2016年1月2,3日に行われた第92回箱根駅伝に関する記事です。2017年1月2,3日に行われた第93回箱根駅伝に関する記事はこちら
 プロフィールにも書いてあることですが、僕は箱根駅伝が好きです。よって、毎年1月2日3日は基本的にずっとTVの前で箱根駅伝を見ています。と、いうことで今年の箱根駅伝を振り返りつつ、箱根駅伝そのものや駅伝全体について書いていこうと思います。(ここまで去年と同じ、なお今年はあまり見てない区間もあります。)

「箱根駅伝は5区だけゲー」じゃない!
 総合優勝に関しては青山学院大学が「はいはい、青学青学」と言いたくなるぐらいの独走を見せたのでおめでとうとだけ言って済まします。こんな場末のブログがスポットを当てなくても彼らは十分注目されるからええねん。
 僕が今大会に関して一番言いたいのは「箱根駅伝は5区だけに絞ればいいという訳ではない!」ということ。なんでかっていうと5区の区間賞を取ったキトニー選手擁する日本大学はシード権を落とし、2区で一気に上位に躍り出たニャイロ選手擁する山梨学院大学はシード権を守りきったわけで、本当に箱根駅伝は5区だけで決まるなら日大は少なくともシード権は取れているし、外国人留学生の起用方法が上手い山梨学院大学は(褒めているのであしからず)さっさと外国人に5区を走らせていることでしょう。
 5区が相当重みづけされている大会であることは否めませんが、「5区だけ見ればいいじゃん。(なのに、1区~4区と6区~10区も真剣に見るなんて馬鹿だなぁ)」的な嘲笑的なコメントをしてくる人達に一泡吹かせてやれたと思っています(決して日大のシード落ちを願っていたわけではないのであしからず)。
 余談ですが僕は山梨学院大学を「外人頼みのクソ駅伝」的に言う人が嫌いです。そういう人たちには第91回大会も2区の外国人選手の貯金を残りの8区の日本人選手が食いつぶして9位で終わったと思てるんだろうなぁ。

上武大学に注目
 今年もシード権や自身最高の14位はおろか、最下位の20位、3度の繰り上げスタートとなってしまった上武大学ですが、実は初出場から8大会連続で出場してるんですよね。この8大会の間に、國學院大学は初のシード権獲得→シード権死守→シード落ち→予選会落ちしてるんですよね。それでいて國學院大学、上武大学両校が出場している大会全てにおいて、上武大学は國學院大学より下位で終えています。ある意味安定した成績を収めている上武大学ですが、有力選手が入ったりすれば飛躍するのでしょうか?9大会連続出場の来年も注目です。
 一時期のなかなかシード権が取れない城西大学を「箱根駅伝のベガルタ仙台」(なかなかJ1に昇格できない)、一時期のシード権を落としそうで落とさない中央大学を「箱根駅伝の大宮アルディージャ」(J2に落ちそうで落ちない)と言っていたことに絡めて、(申し訳ないが)いい成績とは言い難いが予選会落ちはしない上武大学は「箱根駅伝のザスパクサツ群馬」(J2下位だが降格はしない)と呼びたいと思います。

他、放送見てて思ったこと、気づいたこと
「犬と並走」が消えた!
 箱根駅伝の中継ではCM前のアイキャッチに過去大会の映像を流す時があるんですが、「犬と並走」が今年は見られませんでした。「犬と並走」はこちら。

 これは、1日のニューイヤー駅伝での犬乱入事件に配慮してのことかなぁ?放送でもしきりに「ペットや小さいお子様をお連れで応援する方は~」って注意喚起してたし。
函嶺洞門横の駐車場は何?
 2015年の91回大会から函嶺洞門の通行が禁止となり、函嶺洞門を迂回するバイパスを通るコースとなりましたが、そのコース内に4台ほどの駐車場が。これは何かというと正体はこちらこちら。TVに移らない側に、もう少し広めの駐車場やトイレもあるようです。
繰り上げスタートの人数の多さ記録更新じゃないことに驚き
 鶴見中継所での繰り上げスタートは8人。流石に、記録更新だろうと思ったら最高記録は11人・・・。
10区ランナーを解放してあげるべき
 ゴールしてしばらくしたところで総合優勝の青山学院大学の選手へのインタビューが行われていたわけですが、まだ10区走者の渡辺選手は汗が引いておらず、息も落ち着いていませんでした。特にインタビュー終盤の4区走者田村選手や、5区走者神野選手へのインタビュー時はその、辛そうな表情がバッチシカメラに収まっており、「渡辺選手は解放してあげて!」と思ってしまいました。
復路順位は??
 今年、最後に復路記録表示されました??僕が見逃しただけかもしれませんが、されなかったような気が・・・。大会の性質上、10区成績と復路成績にスポットが当たりづらいですが、ちゃんとスポット当ててほしい。タイム集計とかで間に合わなかったのかもね。これ、去年も言ってる。
箱根から世界に・・・?
 ここ数年、箱根駅伝は「箱根から世界に」をテーマにしているようだけど、実態は反対にガラパゴス化して行ってるよね。ガラパゴス化時代は一概に悪いことじゃないけど、「箱根から世界に」と言いたいなら「駅伝を世界で行われる競技にする」か「箱根駅伝及び駅伝競技はあくまで世界で戦える長距離選手を育成するための競技という位置づけにする」のどちらかを行わないとね(後者は確実に「箱根駅伝をやらない!」という結論になりそうだから却下だけど)。

最後に
・来年も箱根駅伝見るよ!
・ランナーを応援する気のない「映りたがり」は応援したい人の為に場所を譲ってね!!そしてマナーを守ってね!
・箱根駅伝が開催できる自然や社会の平穏さに感謝。
・選手・スタッフの皆様ははお疲れ様でした!

« 2015年の当ブログを振り返る | トップページ | 【ドミニオン】~ルール考察・確認~俺は「肉屋」(ギルド)について重大な勘違いをしていた »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ