プロフィール

« 僕が「急須で入れたお茶に一番近いお茶"A"」が嫌いな3つの理由 | トップページ | ~6割4分の在庫知識~「確か○○は××だって書いてあるのを前に見たことがある」 »

【ドミニオン】「抑留」(海辺)を考える

 ※本ブログでは当面の間は新セット「Adventure」カードは総スルーという方針で話を進めていきます。
 久しぶりのドミニオン記事でございます。ここ最近、gokoはなくなっちゃたし、ほぼドミはchromeではプレイ困難だし(最近Firefoxからchromeに乗り換えました)、実機は近くにプレイできる人がいないしで、結果としてドミニオンから離れることとなってしまい、先月は(多分)当ブログ史上初の「ドミニオン記事0」の月となってしまいました。
 が、年末になると(多分)ドミニオンの実機プレイができるようになると思うので、再びじわじわと再加熱。ドミニオン記事も久々に書きます。
 今回はそいつ独自のトークンがあるくせにイマイチ影の薄い「抑留」(海辺)について考えたいと思います。


抑留(Embargo) コスト2 アクション
+2コイン
このカードを廃棄する。サプライのいずれかの山札1つの上に、抑留トークン1枚を配置する。
-------------------------
プレイヤーはカードを購入するとき、その山札に置いてある抑留トークン1枚につき、呪いカード1枚を獲得する。
※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください。

使いどころが分からない
 抑留の難しいところは「いつ買い、いつ使うのかが分からない」ところ、「抑留トークンをどこに置けばいいのかが分からない」ところだと思います。
 抑留は使い切りのアクションカードなので(コスト2なので「墓暴き」(暗黒時代)で取り戻すこともできない)、「ここ!」という絶好のタイミングで使いたいところです。しかし、トークンを置くのが早いと相手は路線変更してそのカードを買わないデッキを作りますし、遅いと誰もそのカードを買いません。
 また、「禁制品」(繁栄)と違い、抑留(抑留トークン)の効果は一度かけたら呪いの山札が切れるまで続きます。さらに、抑留トークンを置いた自分自身にも効果がかかります。「××に抑留トークンを置いて、俺は××は使わないデッキで攻める!」とか「俺は××は「改築」(基本)の効果で獲得するからOK!!」と目論んでいても、他のプレイヤーも××を使わないデッキを作れたり、改築で××を獲得することはできるわけで、イマイチ、もくろみ通りには進まなかったりします。
 まあ、「呪いがデッキに入る」「呪いの処理の分遅くなる」「路線変更させる」「路線変更に時間がかかる」「路線変更させた結果相手のデッキの質が悪くなる」「改築を買わせるだけデッキ構築が遅れる」等々の効果が得られれば十分なのかもしれません。
 あと、「闇市場」(プロモ)で自分だけが何らかの対抗カードを手に入れたうえで、抑留トークンを置くという作戦も考えられますが、相当なレアケースな気が・・・。

単純に「コスト2で+2金出るアクションカード」と考えてみる
 今までは「抑留トークンを置く」側の効果に着目していましたが、今度は「+2金」側の効果に着目してみましょう。純粋に「コスト2で+2金」という効果は強く、初手5-2の組み合わせ次第では3ターン目8金も夢ではありません。コスト2で2金を得られるカードは抑留と「公爵夫人」(異郷)だけです。
 抑留トークンはあくまでおまけと考えて、+2金の方に期待して抑留を買うのはアリかもしれません。

まとめ
・抑留は「いつ買い、いつ使うか」「抑留トークンをどこに置くか」が分かりづらい。
・抑留トークンを置いたところでそのカードを買わない方法を取られるだけでダメージを与えづらい。
・「そのカードを買わない方法を」とらせるというのが十分なダメージなのかもしれない。
・抑留トークンはおまけと割り切ってコスト2で+2金という方に着目した方がいいのかもしれない。

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« 僕が「急須で入れたお茶に一番近いお茶"A"」が嫌いな3つの理由 | トップページ | ~6割4分の在庫知識~「確か○○は××だって書いてあるのを前に見たことがある」 »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/62906993

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドミニオン】「抑留」(海辺)を考える:

« 僕が「急須で入れたお茶に一番近いお茶"A"」が嫌いな3つの理由 | トップページ | ~6割4分の在庫知識~「確か○○は××だって書いてあるのを前に見たことがある」 »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ