プロフィール

« 九九だけじゃなく"12の段"、"15の段"、"25の段"も覚えよう!という話 | トップページ | 【ドミニオン】「手先」(陰謀)を考える »

【ドミニオン】ルール考察:「画策」(異郷)のクリーンアップ時効果

 ※本ブログでは当面の間は新セット「Adventure」カードは総スルーという方針で話を進めていきます。
 画策の思ひ出というと、初心者時代に「あーこのアクションカードを次のターンにも使えたらなぁー」と思っていたところで画策の存在を知り、いざ使ってみるとコレジャナイ感があったという感じです。
 で、画策ってアクションカードを1枚選ぶのは「クリーンアップフェイズの開始時」で、そのカードをあなたのデッキの一番上に置くのは「プレイエリアから捨て札に置く場合」なんですよね。この時間差が、プレイヤーには分かりづらかったりするところ。と、いうことで今日は画策のルールについてまとめます。

画策(Scheme) コスト3 アクション
+1カードを引く
+1アクション
このターンのクリーンアップフェイズの開始時に、あなたは場に出ているアクションカード1枚を選んでもよい。このターンあなたがそのカードをプレイエリアから捨て札に置く場合、そのカードをあなたのデッキの一番上に置く。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください

クリーンアップフェイズに行うこと
クリーンアップフェイズに行うことは以下の通りです。上から順番に行います。[ ]でくくられた内容は実際に何かをする必要はないけれど流れを分かりやすくするための仮の内容です。

1.[クリーンアップフェイズ開始宣言]
2.クリーンアップ開始時効果のあるカードの効果発動(「画策」、「囲郭村」(プロモ))
3.[捨て札開始宣言]
4.[場に出ているカードおよび手札を捨て札置き場に置こうとする]
5.捨て札に置くとき効果のあるカードの効果発動(「宝物庫」(海辺)、「薬草商」、「錬金術師」(共に錬金術)、「隠遁者」(暗黒時代)、「prince」(プロモ)で指定したカード、「画策」で指定したカード)
6.場に出ているカードおよび手札を捨て札置き場に置く
7.山札から5枚手札を引く
8.[クリーンアップおよび自ターン終了宣言]

 2と5は複数のカードの効果が同時に発動することになりますが、ドミニオンのルールでは「ある効果とある効果が同時に発動する場合は、発動順はプレイヤーが決めて良い」ということになっています(注:gokoやほぼドミは今回のケースでは"場に出した順"に発動するようです)。
 また、画策で指定できるアクションカードは2の時点で場に残っているアクションカードですので、「祝宴」(基本)や「抑留」(海辺)のような使用時の効果に「自分自身を廃棄する」効果のあるアクションカードや「行進」(暗黒時代)で指定したカードなどは指定することができません(囲郭村の「場にあるアクションカードの枚数」のカウント方法も同様)。

画策でのカード指定が無意味になるカード
 画策でのカードの指定が無意味になる可能性があるカードは以下のカード達です。
このターンに使用した持続カード
 画策の文面上、このターンに使用した持続カードも、前のターンに使用してこのターンに持続されたカードも指定可能です。しかし、このターンに使用した持続カードはクリーンアップフェイズに捨て札に置かれないので、「そのカードをあなたのデッキの一番上に置く。」が行われず、そのまま持続されます。
宝物庫、錬金術師
 この2つは画策で指定しなくても、自分自身の捨て札に置く時効果で山札の上に乗せることができるので「別に画策で指定する必要なかったじゃん」となる場合があります。もちろんそれぞれのカードを山札の上に乗せるには条件があるので条件を満たしていない時に画策で指定するのは無意味ではないです。
囲郭村
 場に画策、囲郭村の2枚しかない状態でクリーンアップフェイズに入った時、画策と囲郭村のクリーンアップフェイズ開始時効果が同時に発動するわけですが、先に画策の効果で囲郭村を指定し、次に囲郭村の効果で囲郭村をデッキトップに置くと、もちろん「囲郭村を捨て札に置く」ことができないので画策の効果は無意味になります(結局囲郭村はデッキトップに置かれるけどね)。
別の画策で指定したカード
 言わずもがな。囲郭村同様、そのカードを「捨て札に置く」ことができないので(結局デッキトップに置かれるけどね)。

画策でのカード指定が損になるカード
 上記の例は「画策でカード指定してもしなくても一緒」という例ですが、今回は「しない方がよかった」のパターン
princeで指定したカード
 princeで指定したカードを画策のクリーンアップフェイズ効果で指定すると、そのカードは山札に移動してしまうので、王子の効果を得られなくなってしまいます(イマイチ「princeの再び脇に戻る」と「画策の山札の一番上に置かれる」はどちらが優先されるのか分かりませんが、どうやら画策の方が優先されるようです)。

画策でのカード指定が得になるカード
隠遁者
 (購入フェイズで何も購入せずに、)隠遁者を画策で指定しておくと、隠遁者を捨て札にするときに隠遁者の捨て札に置く時効果が発動し、「狂人」を獲得し、さらに、画策の効果で隠遁者がデッキトップに戻ります。すなわち、隠遁者が廃棄されることなく狂人を手に入れることができ、お得です。

まとめ
・画策の「カード指定」は囲郭村の効果と同じタイミングで発動する
・「画策で言指定したカードをデッキトップに」は、宝物庫、錬金術師等と同じタイミングで発動する
・画策のカード指定には無意味になるケースと損するケースと得するケースがある

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« 九九だけじゃなく"12の段"、"15の段"、"25の段"も覚えよう!という話 | トップページ | 【ドミニオン】「手先」(陰謀)を考える »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ