プロフィール

« 【中3数学】√の乗除は錬金術の如し | トップページ | 「英語の複数形は数えられるものにsを付ける」って教えるのはもうやめませんか―他英語教育小ネタ »

僕がなでしこを素直に応援できない理由

 なでしこジャパンが女子W杯で頑張っていますね!日本時間の明日朝、決勝進出をかけてイングランドと対戦します!(そのはず)
 是非、なでしこジャパンには連覇をしてほしいものです!
と、素直に応援できない自分がいます。
 それは4年前にW杯を制した時、3年前にロンドン五輪で銀メダルを獲得した時と同様に「なでしこジャパンの活躍」から「日本の男女論」に持ってく輩が湧いてきそうだからです。「日本の男は情けない!」「これからの日本は女が引っ張っていく!」「日本は女性社会にしたほうがいいじゃないか?」的なのです。
 今回はそんな輩への反論っていうか愚痴。ヘイトを吐きます。

そういうこと言うのはだいたいサッカーに興味ない人
 まず、そういうことを言うのはだいたいサッカーに興味ない人、むしろサッカー嫌いぐらいな人が多いと感じます。
 で、こういう人たちの中には普段「たかがサッカーで・・・」みたいなこと言ってるくせにそういうこと言ってる人もいるんですよねw 「たかがサッカー」の結果だけで「日本の男はダメ、女は素晴らしい」まで言えるなんて・・・と、ブーメランですね。

それ、○○でも同じこと言えんの?
 仮にこの世が「W杯などの結果でその国の男女の地位が決まる」世界だとしましょう。ふむ、そうするとW杯で優勝した日本女性は素晴らしく、直近の大会はGL敗退。過去最高ベスト16の日本男はクソですな。(煽りです)
 ただ、その理論で行くと2012年ロンドン五輪。女子サッカー金メダルのアメリカ・銅メダルのカナダに対し、両国の男子代表はどちらも本戦にすら出場できていません(出場したのはメキシコとホンジュラス)。今、この世は「W杯などの結果でその国の男女の地位が決まる」世界なのでアメリカとカナダの男性は自国の女性たちに死んで詫びるべきです。(煽りです)
 逆に2010年W杯(男子)で優勝したのはスペインですが、スペイン女子代表は2011年の女子W杯に出場できていません。この場合、スペインはクソ男尊女卑国家ということになります(※スペインはレディーファーストの国です)。
 と、いろいろと例を挙げてみましたが、ここ4年間で「カナダの男は情けない!」「これからのアメリカは女が引っ張っていく!」「カナダは女性社会にしたほうがいいじゃないか?」みたいな話は聞きません。逆に「スペインの女は情けない!」「これからの(も)韓国は男が引っ張っていく!」「ポルトガルは男性社会のままの方がいいじゃないか?(ポルトガルの男女関係知りません。ごめんなさい。)」という話も聞きませんし、そんなこと言ったら大問題でしょう。結局日本の事しか言ってない訳です。
 余談ですが、そういうことを言う輩にとってロンドン五輪の日本男子の4位は「女子より下の情けない結果」だったりします。「金と銅or4位だと差があってみじめな思いをするから、なでしこが銀メダルで終わって(負けて)男子は喜んでる」とまでいう人もいました。

 以上をまとめるとそういうことを言う輩は日本男を叩きたいクソフェミが、格好の材料を見つけて日本女性を持ち上げながら日本男を叩いてるだけでしょう。

 別に「男子を叩くな」「女子を持ち上げるな」と言ってる訳ではないですよ。なでしこの優勝は諸手を上げて喜ぶべきだし、先日の男子のvsシンガポール戦は叩かれるべきでしょう(俺はシンガポール側を褒め称えるべきだと思うけど)。

男子サッカーと女子サッカーは別スポーツ
 さて、サッカー好き、サッカーの知識を一般人と比較すればそこそこ持ち合わせてる方の者として、「男子サッカーの結果と女子サッカーの結果を比較するのは無理」ということを言わせていただきたいです。はっきり言って男子サッカーと女子サッカーは別スポーツです。別スポーツの結果を比べてどうこう言うのは何とも無理があるものです。以下、別スポーツたる所以。
1.世界の普及の仕方(≒歴史)
 サッカーはイギリスで生まれ、ヨーロッパ各国へ伝わり・・・と普及したので、単純に考えれば日本のある東アジアに伝わるのは遅い。実際日本(っていうか東アジア)はサッカー後進国でしょう。ただしこれは男子の話。女子サッカーはある程度、世界各国に広まった後普及し始めたので普及時期はほぼ同時と考えられます(もちろん差はありますが、男子と比べれば小さい)。
2.「女子がスポーツをやる」に対する価値観
 そもそも女子サッカーというか女子スポーツ全般に関しては、各国の「女子がスポーツをすること」というか「女子そのもの」への価値観等が反映されます。それこそイスラム教の国なんかは女性はスポーツはほぼほぼ全面禁止ですし、宗教的でなくても経済的・文化的理由で「女子がスポーツなんて・・・」という国は多いでしょう。いや、日本もまだそちら側の国でしょう。

まとめ
・「なでしこの活躍」から「日本の男女論」まで話を飛躍させる人は、日本男を叩きたいクソフェミが格好の材料を見つけて日本女性を持ち上げながら日本男を叩いてるだけ。
・そもそも男子サッカーと女子サッカーは別スポーツだから比較するのは無理。
 まあ何が言いたいのかというと「なでしこがんばれ!」「男子(サムライブルー?)も頑張れ!」ってことですよ。

« 【中3数学】√の乗除は錬金術の如し | トップページ | 「英語の複数形は数えられるものにsを付ける」って教えるのはもうやめませんか―他英語教育小ネタ »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

世間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/60580539

この記事へのトラックバック一覧です: 僕がなでしこを素直に応援できない理由:

« 【中3数学】√の乗除は錬金術の如し | トップページ | 「英語の複数形は数えられるものにsを付ける」って教えるのはもうやめませんか―他英語教育小ネタ »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ