プロフィール

« 偉人に持論を言わせよう!! | トップページ | オリジナルTシャツ制作奮闘記【アイロンプリント】 »

流行ってるみたいだしドッジボールへの思いを書く

 ドッジボール、学校での強制参加を禁止にするべきでは? - Togetterまとめ

 これが発端でドッジボールの是非がtwitter等で問われていますね。
 と、いうことで僕のドッジボールへの思いや思い出、この議論に関して思うことなどを書いていきます。

※「dodge ball」は「ドッジボール」と「ドッヂボール」という表記法がありますが、当記事では"ジ"に統一します。ヂ派の人ごめんね。

俺とドッジボールライフ
 【幼稚園時代】
・ドッジボールと出会う。
・ドッジボール云々以前に1人が好きだった俺は「太郎君、みんなでドッジボールしようよ!」というお誘いを毎回断っていた。あ、もちろん「みんなでドッジボールをする時間」は参加してましたよ。
 【小学校時代】
・幼稚園時代と比べて、ドッジボールをする機会が増えた(体育・昼休み・自治会のドッジボール大会)。
・俺が高学年の頃「クラスのリクリエーション」なるものができて月一でクラス全員で遊ぶ日があった。ドッジボール云々以前に何で遊んでも一部の男子がエゴになって、一部の女子がそれに文句付けて口論になってたので大嫌いだった(集団が嫌いだったしねw)。
・このころから、強い奴弱い奴の差ができ始めて(俺は弱い奴側)、ボールも硬い物を使うようになったので好きじゃなくなってくる。なので、「元外(元から外野)」を積極的に買って出ていた。
・基本的に影が薄かったので、メンバーが半分ぐらい減ってようやくターゲットになる感じだった。
・キャッチ→できません。
・投げる→当てれないからパスするだけ。
・ひたすら避けるタイプで最後の1人になって避け続けたことも。
・まとめると小学校時代は「影の薄さを活かしてメンバーが半分ぐらい減るまではターゲットにならず、ターゲットになったら避け続けるタイプ」or「元外」でした。
 【中学校以降】
・小学校時代よりはドッジボールをする機会が減る(だいたい体育だけになる)。
・ボールはバレーボール的なものになる。
・このころから手を抜くことを考え出す。影の薄さは相変わらずなので、ある程度メンバーがはけたところで当たって外野に行くようになる。
・「普通」が嫌なので「当たり方」にもこだわるようになるw 「痛くなく、笑いが取れる当たり方」。

以下をまとめるとこんな感じ
・ドッジボールは好きではない。「やれ」と言われたら参加するが、自由参加ならしない。
・影が薄かったのでターゲットになりづらかった。
・キャッチできない・投げてもアウトにできない・避けるのは得意。
・中学以降は「痛くなく、笑いが取れる当たり方」を意識するようになった。
・ドッジボール云々以前に「休み時間にみんなで遊ぼう!」的なのが嫌いだった。

Togetterまとめを読んで思ったこと
ソフトボールは使わせてもらえない
 「硬いボールだと痛いし危険。柔らかいボールを使うようにすればいい」という意見がありますが、それは無理です。と、いうのも柔らかいボールを使うことを提案すると強い側(≒投げるのが得意側)が「投げにくいからやだ!」と拒否するからです。当てる側は当たる側の事も考えてほしいですなー。
「サッカーだって、○○だって・・・」ってのはちょっとズレてる
 「ドッジボールはボールを人に当てるからダメというなら、サッカーはタックルするし・・・他の球技だってボールぶつけられるし・・・」という人がいますが、それはちょっとズレていると思います。と、いうのもドッジボールは「それが目的」であるからです。「タックル禁止サッカー」とか「ボールを選手にぶつけたらペナルティを与えるバスケ」はできますが、「ボールを人にめがけて投げてはいけないドッジボール」や「ボールを選手にぶつけたらペナルティを与えるドッジ」は出来ない訳です。
いじめの温床だというならそれはいじめが悪い
 これはさんざん言われていますが、ドッジボールがいじめの温床になっているであればそれは、ドッジボールが悪いのではなくいじめが悪い訳です。「頭はセーフだから頭ばかり何度も狙われた」とか「超至近距離で剛速球投げられた」とか書いてありますが、それはそういうことをする輩が悪い訳で、ドッジボール以外でもそういうことをするわけです。
昼休み強制参加って今もあるのかな?
 「昼休み強制参加なのが嫌だった」というのもありますが、確かに昔は走だったのかもしれませんが、今はどうなんですかね?会社の飲み会同様、個人主義が強くなっている現代では、強制力は大分下がってきたと思います。それこそ、参加する体でいながらいざ昼休みになったら図書室に逃げ込む奴なんてのもいそう。また「男女混合で男子に狙われて嫌だった(女子談)」なんてのもありました。ここでもチラッと書いていますが、今の学校は男と女は別々感が強いので、「男女一緒にやる」ということはあまりなかったような。さらに、リクリエーションなので一緒にやるときも「男子は女子を狙うときは左投げ(利き手の逆)」等のルールを課していたような気がします。

 まあすべてをまとめると、「ドッジボールの規制・禁止」にはさほど意味がなく、「ドッジボールを通じた生徒の指導・教育」の方が大事だよーってことですね。

« 偉人に持論を言わせよう!! | トップページ | オリジナルTシャツ制作奮闘記【アイロンプリント】 »

スポーツ」カテゴリの記事

学校/教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ