プロフィール

« 3月23日だし差別について考えてみる ~地方差別(?)編~ | トップページ | 【オリジナルトランプゲーム】PARVENU(パベニュー) »

次のキリスト教発イベントは「イースターエッグハント」が来る!

 縁あってここ数年の3月のこの時期に「イースターエッグハント」をやっています。やるというのは卵型のケースにお菓子を詰めて、その卵をどこかに隠す側であり、探すのは幼稚園~中学生の子供たちです。つまり僕は主催者です。
 さて、まだまだ日本では知名度の低い「イースターエッグハント」ですが、ここ数年のうちに日本でも知名度が高くなり、クリスマス・バレンタインデー・ハロウィンに続く、4つ目のキリスト教発のイベントになるのではないかと踏んでいます。
 その理由は3つあります。

1.おかしを絡ませやすい
 クリスマスはケーキ、バレンタインデーはチョコ、ハロウィンはカボチャ系と、日本で広まっているキリスト教発イベントには象徴的なお菓子があります。そしてイースターにはイースターエッグがあります。イースターエッグは本来はゆで卵ですが、本場の国でも「お菓子の入った卵型のケース」を使っているところもあります。
 日本には昔から「こども会の行事でもらえるお菓子の詰め合わせ」なるものがありまして(下図参照)、「お菓子(駄菓子)を詰め合わせる文化」はある訳です。さらに、チョコエッグというお菓子もありますし。
 「卵型お菓子の詰め合せケース」への反応は悪くないと思います。
Kodomokainookashi

2.ディズニーが扱いだした
 ハロウィンもディズニーが扱ってから急激に、知名度が上がったと認識しています。今年から「ディズニー・イースター」のCMをやたら見るので、今年からだと思ってたら去年からやってるんですねw 同様ディズニーがやれば知名度は一気に高まると思うのでこれから伸びるのではないかと思われます。

3.日本でもイースターエッグが手に入りやすくなっている
 イースターエッグハントを始めたばかりの頃はネットショップにもろくにイースター・エッグが置いておらず、イースターの時期にはもう売り切れ!ハロウィンの時期にハロウィングッズと一緒に購入なんてこともありました。が、今年はamazonで見てもいろいろな種類のイースターエッグが多く売られていますね(参考)。これは徐々に日本国内でのイースターエッグの需要が高まっているということでしょう。

まとめ
 以上の理由から、数年後にはイースターもクリスマス・バレンタインデー・ハロウィンと並んで、メジャーなイベントになると思われます。
 が、それは例によって「日本人特有のお祭り」になることと「それを嫌う人々のネガキャン」も増えることも予想されますね。
 それに備えて今のうちにこういう記事を書いておいて、何年後かに予言通りイースターがメジャーになったら「知ってたわー2年前から知ってたわー」とミサワになりたいものです。
 エッグハントは子供たちは結構楽しんでやるので、是非メジャーになってほしい物です。そして、クリスマス・バレンタインデー・ハロウィンにも言えることですが、少なくともいい年した大人ぐらいは、しっかりと「本来の意味」を知った上で「日本人特有のお祭り」にしてほしいと思います。

※調べた感じイースターエッグハント自体に宗教的な意味は無し?(イースターエッグには意味があるようだけど)

« 3月23日だし差別について考えてみる ~地方差別(?)編~ | トップページ | 【オリジナルトランプゲーム】PARVENU(パベニュー) »

世間」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/59393998

この記事へのトラックバック一覧です: 次のキリスト教発イベントは「イースターエッグハント」が来る!:

« 3月23日だし差別について考えてみる ~地方差別(?)編~ | トップページ | 【オリジナルトランプゲーム】PARVENU(パベニュー) »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ