プロフィール

« サイコロ相撲 | トップページ | 次のキリスト教発イベントは「イースターエッグハント」が来る! »

3月23日だし差別について考えてみる ~地方差別(?)編~

 今日は真面目なこと書くよ。
 "あの試合"から1年が経ちます。無観客試合の当事者となった清水エスパルスを応援する者として、Jリーグファンとして、サッカーファンとして、この日は特別な日として差別について考える日にしたいし、なってほしいと思っています(とかいいつつも"あの試合"を3月30日だと勘違いしていたw)。と、いうことで当ブログでは勝手に3月23日を語呂合わせも含めて「さ(3)べつに(2)ついてみ(3)んなでかんがえる日」としたいと思いますw
323
 で、差別といえば、男女・民族等々、いろいろな差別がひしめいておりますが、今回はもっと狭い世界の差別について書きたいと思います。「世界の心配を気にする前に日本を心配しろ。」というやつです。また、「小さい差別が積もり積もって大きい差別となる」というものでもあります。今回書きたいのは「地方差別(?)」です。
 また、今回触れるのは堅苦しい差別ではなく、「それって地方差別(の温床)なんじゃないの??」というものです。

グンマーネタは差別だからやめろ
 俺はいわゆる「グンマーネタ」が大嫌いです。アレで笑ってる人は相当趣味が悪いと思っています。俺は群馬県に2度ほど行ったことがありますが、普通の日本の土地でした(あたりめーだ)。こういうと発展途上国の人々を差別していることになってしまうかもしれませんが、群馬県をアフリカの発展途上国であるようにいい、群馬県民をそういう国の人々のように言うのは群馬県の方々に対して大変失礼です。
 「いやいやネタにしてるだけじゃん。群馬県が実際はちゃんとした土地だってことぐらい知ってるよ。」と言われるかもしれませんが、だったらよっぽど問題です。「本当のことを知ってるのに、嘘のことを言ってネタにする。」ということができるのは「群馬県のことはネタにしてよい。」という認識であるからであって、それは群馬県を見下していることになり、それは差別につながります。
 「え、でもお前静岡県民じゃん。」とか言ってくるかもしれませんがどこ県民とか関係ありません。まあ群馬県民の前でグンマーネタを控えるならばまだましですが、今の日本には、どこにどこ出身の人がいるか分かったもんじゃありませんし、当人の出身地は違くても、親戚にその人がいるかもしれません。特に静岡県みたいな様々な企業の工場が立ち並んでいて全国から人がやってくる土地では、他県からやってきた人がたくさんいます。あなたの上司や先生や先輩や恋人が、バカにしてる土地の出身者。なんてことがあるかもしれませんよ。

地元をバカにされることの不愉快さ
 僕は静岡県生まれ静岡県育ちですし、両親もそれぞれ両親も全員群馬県の血は入っていません。上司や先生や先輩に群馬県出身の人は把握してる限りいませんし、恋人はいません。「なのになんでそんなにグンマーネタを嫌うの?」みたいなことを言われますが、それは僕も地元をバカにされた経験があるからです。
 僕の地元は静岡県のG市という富士山の麓にある都市(特定避けの為伏字にさせていただきます。といっても意味はないと思いますがw)、「富士山の麓なので標高が高い」「雪が降らない静岡県の中では珍しく雪が降る」「Kという全国的には珍しい名字が多い」「東京はもちろん静岡市、沼津市なんかと比べると田舎」「自衛隊駐屯地がある」「米軍基地がある」等々さまざまな特徴があります。それを捕まえて、「G市は標高が高いから85℃ぐらいでお湯が沸騰する(実際は98℃ぐらい)」「G市はメートル級の雪が積もる」「G市は夏でも気温がマイナス何℃」「(冬に)大丈夫?G民の君には沼津の冬はGの真夏以上でしょ?」「G民が沼津に来たら熱で溶ける」「G民が沼津に来たら熱で発火する」「Gの家は雪を落とすために合掌造り」「(沼津市で雨が降ってたら)Gはもう大雪だよ」「(Gで雪が降ったと言ったら)家から出れたんだーよかったね。2階から出たの?」「G市は全員Kという名字(俺はKじゃないのに)」「G市は自衛隊のジープしか走ってない」「G市はアフリカにある」「G市はまだ(文明がまだ発達してないから)テレビがない」「G市はアフリカにあるから入国にパスポートが必要」「G市はアフリカにあるから時差がある」などなど・・・。「G民って体罰とか容認しそう」「G市に行ったら自衛官が銃を乱射していた」なんてシャレにならないことも言われました。言われた相手は同級生の3、4人からです。
 はぁ・・・書いててイライラもしてきましたし、涙も浮かんできました。
 特に辛かったのが個人的なことを全部G市のせいにされること。例えば、俺が早く寝ることに対して「G市は時差があるからね」(奴らにとっては遅く寝るのが当たり前らしい)とか。ちょっと俺がうっかりでトンチンカンなことを言うと「Gではそういうルールなんだね」とか。「そんなんGだけの話だろwwwww」とか(ちなみに俺が話した"そんなん"は東京の話です)。
 まあ奴らは俺への個人攻撃(奴ら敵には「イジり」)のために俺の地元であるG市をバカにしており、先述の通り、それはG市民を差別をしていることになる訳です。つまり奴らは俺をバカにする(イジる)ためだけにG市全体をバカにしているわけです。さらに、上記を見ていただくと分かるように、奴らは「G市は雪が降る」「G市は寒い」ということをやたらとバカにしてきています。これは降雪地帯や寒冷地の方々もバカにしています。また、奴らのしょーもないG市の嘘情報誇張情報に関して、俺は当初は否定や訂正を行っていたのですが、奴らは変わらず、嘘・誇張を繰り返しておりました。
 つまり、奴らは俺をバカにするために、レイシストになり、嘘つきになり、アホみたいな小学生レベルの誇張表現を使う人になり、人の話を聞かない人になり、学習能力がない人になり、非常識人になっている訳です。なんとも下らないことのためにそんな人間クズに成り下がれるなんて、プライドの無い人間だなぁと、終盤は奴らを見下していたものです。
 まあ、地元をバカにされることは相当頭にくるし、悲しくもなるのでやめてほしいものです。一番いい対処法は「マジレス」からの「内心見下してスルー」かと思われます。
 しかし、困ったことに世の中の一部界隈には「郷土愛とかwwwww右翼かよwwwww」みたいな風潮がありまして、地元をネタにされたら「そうなんっすよーwwwwwマジ××wwwww」と乗っちゃう奴がいるんですよね。別に地元が嫌いな人がいるのも仕方ないとは思いますが、あなたの一言で、あなたの扱いだけでなく、あなたの地元の扱い、あなたの地元の家族、友人の扱いが変わるかもしれないんですよ。
 「人をイジるな」とまでは言いませんが、その人をいじるためにその人の地元をイジることは差別行為であり、愚劣で卑怯な輩です。

「○○県って何があるの?」もやめろ
 さて、いままでは悪意を持った差別について話していました。次は悪意のない差別について話します。悪意のない差別は悪意を持った差別よりはましですが、罪の意識がない分、繰り返されたり悲劇になったりとする可能性もあります。
 よく、「○○県って何があるのか分からない」とか「○○県がどこにあるか分からない」とか「どっちが○○県でどっちが××県か分からない」いう人がいます。茨城・栃木・群馬・富山・福井・鳥取・島根・山口・佐賀あたりでしょうか。こういったものは悪意のない差別だと僕は思っています。
 まず、「何もない県」なんて存在しないですし、小5(だっけかな?)で日本の都道府県は一通り習うので上記のような発言はただの不勉強アピールでしかない訳です。「○○県のことは別に知らなくてもいい」と思っているならばそれはグンマーネタ同様、○○県を見下していることとなり、「○○県のことは知らなくても別にいい。でも、△△都のことは知っておかないと!」となるのであれば、それは差別につながります。
 また、今の都道府県というのは明治維新の廃藩置県だけでなくそれ以前からの長い歴史の上で形成されたものであり、それぞれの県の名前・形・特産品等々に深い物語がある訳ですがそのへんを無視して、「○○県と××県なんてどっちも地味なんだから合併しちゃえばいいじゃん。合併したって北海道よりは狭いんだし。合併したら『○○県と××県がどっちがどっちか分からない』なんていいうことも減るし。」なんてことを言う人がいます。こういう人は多分「清水エスパルスもジュビロ磐田もどっちも静岡県にあるんだから合併すればいいじゃん。どっちも弱いんだしwww」とか言うんでしょうね。
 全ては日本の都道府県に対する不勉強・無関心の賜物でしょうな。

まとめ
・グンマーネタは地方差別
・個人攻撃のために差別主義者に成り下がるとかプライド低いな
・郷土愛を持って、安易に地方イジりネタに乗っからないように
・「○○県って何があるの?」も地方差別
・差別行為は不勉強・無関心の賜物
 今回は、狭いところで日本における地方(都道府県)差別を取り上げました。しかし、どこかの県をバカにする輩はいつかどこかの国をバカにします。改めて「小さい差別が積もり積もって大きい差別となる」という言葉を書きたいと思います。
 じゃあ差別をなくすにはどうしたらいいか?と言われたらそれは「全員が日本(世界)各地に関心を持つ」事だと思います。別に地図を見て勉強しなくていいんです。「都道府県は桃鉄で覚えた」「Jリーグで都道府県を覚えた」「温泉の入浴剤で日本各地の温泉地を覚えた」なんて人は多いのではないでしょうか?「W杯で世界各国を覚えた」という人もいるでしょう。最近は「相撲で世界各国を覚えた」なんて子供もいるようです。Jリーグ見てれば「佐賀県って何があるの?」なんて言えませんからね。
 別に仲間内の酒の席でネタにする分には構わないと思うんですがね。そのネタは本当に参加者全員が120%で楽しんでるネタですか?と問いたいものです。

 正直僕も今回書いたような地方差別を過去にしたことがあると思います。しかし、自分がされて、非常に不快な思いをしてからはしていないつもりです。やはり「差別は差別されて初めて罪に気づく。」というやつでしょう。また、「お前が雪ネタでG市をバカにされたと思っているのはお前が雪国を見下しているからだ」なんて奴らに言われたことがあるのですが、「それは違う。お前たちがバカにしてるから同じ土俵に立ってるだけだ」と心の中で反論しようとしつつも、「本当はそうなのかも・・・」と思ってしまったり、「普段は差別する側の東京をトンキンとバカにすることは許される!」と思ってしまったら「あいつらのような差別主義者がいるから静岡県はクソ」と思ってしまったりと自分自身にも内心、差別する心はあったりするわけで。そうそう簡単に解決する問題ではないでしょう。ここまで書いて「これは差別なのか?」と思ってしまったりもしています。

 この記事とJリーグ・サッカーがあらゆる差別の根絶に繋がることを願って。

※管理人や管理人の地元の特定は勘弁願います。

« サイコロ相撲 | トップページ | 次のキリスト教発イベントは「イースターエッグハント」が来る! »

コミュ」カテゴリの記事

世間」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ