プロフィール

« 【ワンダースワンゲームレビュー】「GUNPEY」と「種をまく鳥」 | トップページ | 【中1数学】「資料の散らばりと代表値」について思うこと【問題あり】 »

【ドミニオン】「総督」(プロモ)&「礼拝堂」(基本)&「望楼」(繁栄)

 「当ブログでは基本的にプロモカードは取り上げません(キリッ」とか言ってたブログ管理人wwwwwwwwww自分がプロモカード(英語版)を手に入れたらそんな方針は忘れてしまいました。だってプロモカード強いんだもん。
 と、いうことで今日はドミニオンの盟主、総督を使ったコンボを紹介します。

総督(Governor) コスト5 アクション
+1アクション
次のうち1つを選ぶ:あなたは( )内の効果を得る:「すべてのプレイヤーは+1(+3)カードを引く。」;「すべてのプレイヤーは銀貨(金貨)1枚を獲得する。」;「すべてのプレイヤーは自分の手札からカード1枚を廃棄してもよい。廃棄したカードよりもコストが1コイン(2コイン)多いカード1枚を獲得する。」

礼拝堂(Chapel) コスト2 アクション
あなたの手札から最大4枚までのカードを、廃棄する。

望楼(Watchtower) コスト3 アクション-リアクション
あなたの手札が6枚になるまでカードを引く。
-------------------------
あなたがカード1枚を獲得するとき、このカードを手札から公開してもよい。そうした場合、そのカードを廃棄するか、あなたの山札の一番上に置く。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください

条件と作戦
 Not植民地、Not避難所、初手5-2(もしくは「パン屋」(ギルド)ありサプライ)を想定しています。サプライにコスト7のカードはありません。
 とりあえず、銅貨と屋敷の全廃棄を目指します。総督は「+3カード」を選択し、礼拝堂の回転効率UP&礼拝堂と銅貨屋敷の同居率UPを目論みます。なお、途中で望楼を購入したいので3金分銅貨は残して、望楼を1枚購入したいです。理想は望楼購入時点で、デッキの内訳が「総督・望楼・礼拝堂・銅貨・銅貨・銅貨」になっていることです。以下、理想のデッキから話を進めます。
 次に金貨を購入・獲得します。総督と望楼は高確率で手札に同居するので(理想のデッキの場合、2/3の確率で同居)、総督で金貨獲得→望楼のリアクション効果でデッキトップに→望楼のアクションで引き切り、銅貨3枚金貨1枚で6金出るので金貨を購入します。金貨が2枚デッキに入ったならば、総督で「+3カード」を選択し、引き切ってから礼拝堂で銅貨を全廃棄します。この時点でデッキは「総督・望楼・礼拝堂・金貨・金貨」となっています。
 デッキ内の金貨を5枚、総督を3枚にします。総督は「金貨を獲得」を選択し、購入フェイズで総督か金貨を購入します。望楼が手札にあるならば、リアクション効果で金貨も総督もデッキトップに置きます。デッキは「総督・総督・総督・金貨・金貨・金貨・金貨・金貨・礼拝堂・望楼」になります。*
 そうしたら、属州を取り始めます。1回目の総督で「+3カード」を選択します。高確率で金貨4枚と残りの総督2枚が手札に揃います。2回目の総督で金貨を獲得します。望楼があったらデッキトップに置いておきます。3回目の総督で金貨を1枚廃棄し、属州を獲得します(望楼のリアクション効果はもちろん発動しません)。さらに、手札には金貨が3枚以上あるはずなので購入フェイズに9金で属州を購入します(望楼のリアクション効果はもちろん発動しません)。もしも、金貨が足りなくても望楼を使用すれば(さっきデッキトップに置いた)金貨が手札に加わるので、大丈夫です。
 属州が2枚デッキに加わっても、そこまでデッキの質は落ちず、総督で+3カードを引く→総督で金貨獲得→総督で金貨廃棄して属州獲得→(望楼で金貨補充)→属州購入。で1ターン中に属州2枚を獲得できます。すなわち、2ターンでノルマである属州4枚が獲得できます。

いざ実践
 ほぼドミで1人回しをしてみると、デッキ構築(*部)までに8~10ターンほどかかり、属州4枚を獲得するまでに10~14ターンほどかかりました。たまに、手札が「金貨・金貨・金貨・属州・属州」という事故になるときがあるので、デッキ構築から2ターンで4枚獲得とはならない時もありました。
 非干渉COMを1人入れて2人戦をやったところ、属州5~6枚を取れて勝利しました。総督の他プレイヤーへの効果が不安でしたが、結局勝てたのでそんなに気にしなくていいのかもしれません。

気になること
お役御免になった礼拝堂の処理
 屋敷銅貨全廃棄後の礼拝堂はお邪魔カードでしかないので、どこかのタイミングで総督で廃棄してコスト4のキャントリップカードなどに変えてしまった方がいいかもしれません。
+購入カードが欲しい
 特に金貨・総督集め中はオーバーペイになりがちなので+購入カードが欲しいかもしれない。礼拝堂を「労働者の村」(繁栄)に変えるなんてどうでしょうか。
対アタック効果
 呪い系・・・望楼が手札にあるときに使用されることを願うのみ。
 民兵系・・・案外問題にならなそう。
 デッキ操作系・・・あまり問題なし。
 カード廃棄系・・・やめてください死んでしまいます。
相手が総督を使って来たら?
 もちろん、相手のデッキやレベルやサプライにもよりますが・・・
 +1カード・・・歓迎。
 銀貨獲得・・・悪くはないが微妙。デッキ濁され感がある。
 廃棄・・・礼拝堂→銀貨orキャントリップにして、あとはパスで。
金貨5、総督3が適切か??
 総督はもう1枚あったほうが良さそうですが、デッキ構築に書けるターン数を揃えるとなると、金貨は4枚に。と、なると事故率が高くなりそうだと感じたので、今回は金貨5、総督3で紹介させて頂きました。

まとめ
・初手総督-礼拝堂で、礼拝堂で屋敷銅貨を全廃棄しつつ望楼を購入。
・総督、望楼の効果をフル活用で金貨5枚と総督3枚を集める。
・総督で「+3カード」→総督で「金貨獲得」→総督で「金貨廃棄して属州獲得」→(望楼で金貨補充)→購入フェイズに属州購入 で、1ターンに2枚属州を獲得できる。
・総督の他プレイヤーへの効果は案外気にならない。
 総督の3つの選択肢をフル活用し、望楼もリアクション効果だけでなく、忘れられがちな通常アクションの効果も活用するデッキなのでこのデッキが好きになりましたw
 それにしても、総督は強い。やっぱり総督はドミニオンの盟主たい!
Img001

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« 【ワンダースワンゲームレビュー】「GUNPEY」と「種をまく鳥」 | トップページ | 【中1数学】「資料の散らばりと代表値」について思うこと【問題あり】 »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

「屋敷属州場」でなく、「Not植民地、Not避難所」と書かれている理由はなんでしょうか?
分かりにくい(特に初心者の人は、他に条件として「何があったか?」と考え始めて、そこで考えがとまるかも)し、もし今後の拡張で初期条件が増えた場合(植民地は繁栄で、避難所は暗黒時代で増えてます)、条件を確定できなくなるような気がします。

目的は勝つことであって、きれいなデックを作ったり、完璧に圧縮する(初期の10枚を全て廃棄する)ことではないのですが、最後の銅貨や礼拝堂を圧縮・改築するのに手数をかけているのが見受けられます。
最後に残った邪魔な礼拝堂をどうにかして「理想のデッキ」にしたい気持ちはわかりますが、そこで総督を礼拝堂の改築に1回使ったとして、そのせいで本筋の金貨獲得などが1回遅れた分を(礼拝堂を4コストの村にした効果で)取り戻せるとは思えません。

プレイングとしては圧縮も大事ですが、総督の枚数(手数)を増やすことの方が大事になります。
そのため総督の選択肢の傾向としては序盤の「金貨獲得(総督を買う5コインを確保するため、最後に属州に改築するため)」→「ドロー」で回転率アップ→「ドローして金貨を属州に改築」という流れになります。
礼拝堂で圧縮できてると、ドローに使う総督の枚数が少なくて済むことになります。
適切にプレイできている場合、望楼を買ったり使ったりするタイミングはないと思いますし、いわゆる理想のデッキになる前にゲームが終わっていると思います。

基本的に金貨は総督で獲得するもので6コインあれば金貨でなく総督を買うべきでしょう。
寵臣と一緒で、総督も「あればある程良い」カードになります。
2人戦という前提なら、理想のデックは、総督の枚数が足りない(5枚以上を確保すべき)と言えます。総督は取れるだけ取るべきでしょう。
総督を3枚までにしている理由は4人戦(一人辺りの枚数が2.5枚)を念頭にしているのかもしれませんが、その場合でも全員が総督を使う時の場全体の加速に配慮されていないように思います。

属州は8コインで買うこともありますが、それはどちらかというと総督の処理後に8コイン以上残っちゃった場合で、仕方ない場合もありますが、どちらかというと8コインで買っている場合は失敗気味と考えるべきでしょう。特に終盤はそうですが、基本は金貨の改築で獲得するものになります。

非圧縮の総督場でも、事前準備が整っていれば(金貨の枚数があり、総督の枚数があり、相手も総督を使ってくるので手札が多い)1ターンに3~4枚の属州獲得は十分可能で、それが礼拝堂の圧縮を伴うなら、さらにハイスピードで可能です。

対戦相手も考えた場合、相手が総督で金貨獲得した場合、自分が獲得した銀貨は総督で別の総督に改築して、1ターンに総督2枚取りを目指すべきです。
呪いは最後に暇になった礼拝堂で対処可能なので、そもそも対戦相手も取らない(その暇があったら総督を買うべき)でしょう。
民兵は非常に重要で、総督のドロー時のデメリット(相手も1枚引く)を打ち消します。総督でドローした後に、最後に民兵で増えた対戦相手の手札を絞っている未来図が見えます。

特に2人戦の総督場の場合、1ターンに2枚や3枚の属州が消えるため、仕掛けるタイミングが重要となります。
「改築と8コインで属州2~3枚枚獲得」→「対戦相手も動く」→「金貨改築連打で属州3枚獲得」でゲーム終了といった展開を考えると、十分デックができているなら先に仕掛けないと負けることになります。
非圧縮場だと総督が売り切れてからになりますが、礼拝堂ありの初手総督の場合、前言を翻しますが、総督が売り切れる前に動かないといけない場合はありそうです。

総督戦は結構特殊なプレイングが必用になりますので、一人回しなどで慣れておくと、いざ本番という時に役に立つでしょう。

 長文コメントありがとうございます。一段落一段落じっくり読ませて頂きました。
 そうですね。現状は屋敷or避難所、属州or植民地ですが、今後増える可能性があるので、「屋敷属州場」と書くべきでしたね。
 実際に回してみても、総督の+3カードがオーバーキル(オーバードロー?)気味なので気にならなかったですし、無理に改築しない方がいいのかもしれませんね。
 確かに望楼がなくても大量の総督があれば、金貨獲得→3ドロー連発で引き切り→金貨改築で属州とできますね。そういう意味ではおっしゃる通り、総督を優先するべきであり、その優先順位の高さは寵臣の如しですね。
 自分で「総督の金貨改築は1ターン1度まで!」と勝手に決めていましたが、総督と金貨が手札にもっと集まれば、何度でも改築できますね。それこそ、「3金で属州を買っている」状態になる訳で。
 銀貨→総督という手がありましたね。自分が総督で3ドロー→民兵というのは自分が初めて総督を使った時にやったので印象に残っているのですが、「じゃあ、相手が使って来たら?」ということを書いています。まあ、総督を残しておけばリカバリーは可能でしょう。
 総督は総督だけでなんとかなるカードだと改めて思い知らされました。そして、ドミニオンの原則である「自分ができることは相手もできる」なので、総督をより活かす方法を考えていきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/59091674

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドミニオン】「総督」(プロモ)&「礼拝堂」(基本)&「望楼」(繁栄):

« 【ワンダースワンゲームレビュー】「GUNPEY」と「種をまく鳥」 | トップページ | 【中1数学】「資料の散らばりと代表値」について思うこと【問題あり】 »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ