プロフィール

« Jリーグ2014年を振り返る | トップページ | 選挙についてあれこれ »

【ドミニオン】初手「隠遁者」(暗黒時代)―「香辛料商人」(異郷)

 財宝カード以外しか廃棄できない「隠遁者」と、財宝カードしか廃棄できない「香辛料商人」がタッグを組んだらどうなると思う??
 と、いうことで今日は初手「隠遁者」―「香辛料商人」を紹介します。

隠遁者(Hermit) コスト3 アクション
あなたの捨て札のカードすべてを見る。
あなたの捨て札または手札の、財宝以外のカード1枚を廃棄してもよい。
コスト3コイン以下のカード1枚を獲得する。
-------------------------
あなたがこのカードを場から捨て札に置いたとき、あなたがこのターンにカードを購入していない場合、このカードを廃棄し、狂人の山札から狂人1枚を獲得する。

香辛料商人(Spice Merchant) コスト4 アクション
あなたは自分の手札の財宝カード1枚を廃棄してもよい。
そうした場合、次のうち1つを選ぶ:「+2カードを引く、+1アクション」;「+2コイン、+1カードを購入」

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください

このコンボの狙い
 このコンボの狙いはもちろん、「銅貨は香辛料商人で廃棄し、避難所(屋敷)は隠遁者で廃棄する」です。さらに、隠遁者の効果で銀貨(コスト3以下のカード)を獲得することができますし、香辛料商人の「2カード1アクション」効果でデッキを回転させることができます。
 理想形は、
初手で隠遁者・香辛料商人を購入し、3ターン目が「香銅銅銅避」となり、香辛料商人で銅貨を廃棄し、「2カード1アクション」を選択し、「銅銅避隠銅」となり、隠遁者で避難所を廃棄し、隠遁者の効果で銀貨を獲得し、銀貨を購入します。すると4ターン目は「銅銅銅避避」となるので、銀貨を購入し、5ターン目の手札ドローでシャッフル。
と、いうものです。

いざ実践
ほぼドミで4ターン目まで動かして実践。
【ルール】
・YES避難所、NOT植民地。
・初手、隠遁者―香辛料商人。
・香辛料商人と隠遁者が手札に同居した場合、香辛料商人を先に行う。
・「香隠避避避」となった場合は隠遁者を行う。
・香辛料商人と銅貨が手札に同居した場合、銅貨を廃棄し、「2カード1アクション」を選択。
・隠遁者は避難所のみ廃棄する。避難所を廃棄できない場合も使用する。
・避難所の廃棄優先順位は 納屋>草茂る屋敷>共同墓地 手札か捨て札かは問わない。
・隠遁者のカード獲得効果は銀貨を獲得する。
【調査項目】
・香辛料商人が手札に来たターン
・3,4ターン目に香辛料商人で何を廃棄したか
・隠遁者が手札に来たターン
・3,4ターン目に隠遁者で何を廃棄したか
・3,4ターン目の最終的なコイン
【結果】
 このようになりました。・隠遁者が手札に来たターンの「香」とは「香辛料商人の2カード効果で来た」という意味です。5(銀)とは前のターンで購入・獲得した銀貨が手札に来たことを表します(草茂る屋敷の1カード効果によりシャッフルが入った)。
Spice1
 香辛料商人は、2回ほど沈んでしまい5ターン目に登場となりました。隠遁者は香辛料商人と隠遁者が共に底に沈まない限り(1/66の悲劇)、4ターン目までにお目見えできます。隠遁者は手札が全て銅貨(捨て札なし)で何も廃棄できなかったケースが1度ありました。しかし、今回の実験では7割の確率でで香辛料商人・隠遁者共にカードを廃棄することが出ています。
 3,4ターン目のコインは4-2が多く、隠遁者の獲得効果も含めて、4ターンで銀貨を3枚獲得できる確率は3割となりました。2金で有用なカードがあればいいのですが。

いざ実践 その2
今度はほぼドミで非干渉COM1人入れて実践。
【ルール】
・開始4ターンは上記のルールと同様。
・購入ルールは、~2金なら何も買わない、~5金なら銀貨、~7金なら金貨、8金~なら属州を購入。属州が4枚以下になったら公領・屋敷も購入する。
・終盤でも隠遁者で屋敷他勝利点カードは獲得せず、銀貨を獲得する。
・香辛料商人による銀貨の廃棄は2枚まで行う。金貨は廃棄しない。
・終盤で、10金以上になれるならば香辛料商人の「2コイン1購入」効果を使用する。
【調査項目】
・属州を何枚獲得できたか
・銅貨を何枚廃棄できたか
・避難所を何枚廃棄できたか
・金貨を最初に獲得したターン
【結果】
 このようになりました。
Spice2
 属州は平均5枚獲得できたので弱いコンボではないと思います。銅貨は平均4枚、避難所は高確率で3枚すべて廃棄することができます。金貨は概ね5~6ターン(≒2度目のシャッフル後)に購入することができますが、表一番下のように事故る場合もあります(この時は1/66の悲劇だった)。それでも属州6枚取れたりと(相手にもよりますが)悪くないコンボと言えるでしょう。

まとめ
・隠遁者―香辛料商人の場合、65/66で3,4ターン目に隠遁者は避難所を廃棄できる。
・ゲームを通してほぼ100%避難所は3枚とも廃棄できる。
・ゲームを通して銅貨は4枚ほど廃棄できる。
・属州は5枚ほど獲得できるので悪くないコンボだと思われる。
 このコンボと仲が良さそうなカードというと「青空市場」(暗黒時代)。でもこれは隠遁者―香辛料商人に青空市場なんじゃなくて隠遁者―青空市場に香辛料商人という構図になっちゃうんだよなぁ。もう一つ思いついたのが「封土」(暗黒時代)。この場合は、香辛料商人は「2コイン1購入」効果使用で。

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« Jリーグ2014年を振り返る | トップページ | 選挙についてあれこれ »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

香辛料商人、隠遁者ともに初手から始める軽圧縮としては優秀なカードで、その両方がサプライにあったら、ほとんどの場合、4-3の初手第一候補は「香辛料商人-隠遁者」になると思います。

隠遁者での獲得を銀貨に固定せず、「別の隠遁者を獲得しつつ購入をパスして狂人獲得(特に手札のお金が2金などの少ない場合/避難所を廃棄した後なら、隠遁者でなく銀貨などを獲得してから狂人化もあり)」もルーチンに加えると更に強くなると思います。

実戦だと、そうやって2周目に取った狂人を3ターン目に打って、宮廷とか馬上槍試合用の属州を取ったり(または属州と馬上を揃えに行ったり)と、高コストのカードが必要な際に活躍します。

あとは、狂人連打のコンボとかできる場合もありますね。

香辛料、隠遁者、青空市場がサプライに揃った場合も、香辛料-隠遁者で入って圧縮をかけながら青空を後から加える(隠遁者で獲得したり、普通に買ったり)方が勝率は高くなるはずです(先に青空入れる場合に比べて、若干の差なので、10戦程度のシミュレーションだと差が出ない可能性もありますが)。
この場合も、狂人獲得をかませれば、青空と圧縮カードがほぼ確実に揃えることができるようになります。

コメントありがとうございます。
実戦になると、5金出た時に有力な5金カードを買うことで、さらに強くなりそうです(テストでは5金でも銀貨を買っているので)。
今回は、隠遁者の狂人化を行っていませんが、ある程度進んだところで、狂人連打で引き切り→香辛料商人で銅貨廃棄→2コイン1購入で、属州2枚獲りなんかも夢じゃなさそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2015348/58255197

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドミニオン】初手「隠遁者」(暗黒時代)―「香辛料商人」(異郷):

« Jリーグ2014年を振り返る | トップページ | 選挙についてあれこれ »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ