プロフィール

« 【ドミニオン】「死の荷車」(暗黒時代)コンボ考えたけど弱かったです | トップページ | 大相撲とJリーグが抱える似たような闇 »

【ドミニオン】「収税吏」(ギルド)&「愚者の黄金」(異郷)

 「「収税吏」&「愚者の黄金」のコンボが強い。」という噂を聞いたのでいざ実践。

収税吏(Taxman) コスト4 アクション
あなたの手札から財宝カード1枚を廃棄してもよい。手札が5枚以上ある他のプレイヤーは全員、廃棄したカードと同じカード1枚を手札から捨て札にする(ない場合は手札を公開する)。
あなたは廃棄したカードよりもコストが最大3コイン多い財宝カード1枚を獲得し、あなたのデッキの一番上に置く。

愚者の黄金(Fool's Gold) コスト2 財宝-リアクション
このターン最初にプレイする愚者の黄金は1コイン、2枚目以降は4コインの価値がある。
-------------------------
他のプレイヤーが属州1枚を獲得するとき、あなたはこのカード1枚を手札から廃棄してもよい。そうした場合、金貨1枚を獲得し、あなたのデッキの上に置く。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください

「収税吏」について考えよう
 「愚者の黄金」については、僕はとりあえず「集めてなんぼのカード」というスタンスでいます。
 そして、「変成」(錬金術)以来の弱カードこと、「収税吏」ですが・・・。このカード効果はどうなんですかねぇ・・・。
 言うならば、「弱い「鉱山」(基本)と弱い「巾着切り」(海辺)」という感じ。厳密には「巾着切り」のようで大分「巾着切り」とは効果が異なるんですがね。(巾着切りは捨て札にするのは銅貨のみだが、収税吏で捨て札にするのは鉱山効果で廃棄した財宝カード。つまり、銀貨、金貨、他財宝カードも対象となる。この点に着目すれば「巾着切り」より強い。と言えるのかもしれないが、収税吏では「手札が5枚以上のプレイヤー」のみしかアタックの対象でなく、それが低評価の要因となっている。)
 コスト5か6で普通の鉱山効果(進化した財宝カードを手札に加えられる)になるか、アタックの「手札が5枚以上」縛りのどちらかが無くなれば、彼の評価ももうちょっといいものになったのかもしれませんが・・・。なぜコスト4なのでしょうか?「コスト4でいままでのカードの効果を2つミックスしたカードを作ってみせますよ!」という人がいたのでしょうか??とりあえず、収税吏は「高コストにすべき所を低コストにした結果、いろいろ残念なことになってしまった。」ということで、ドミニオン界の仁川アジア大会と呼びます。

「収税吏」&「愚者の黄金」いざ実践
 ここで、「収税吏」&「愚者の黄金」コンボです。「愚者の黄金」は基本は1金ですが、手札に同居すると4金に。手札2枚の愚者の黄金があれば、愚者の黄金2枚で5金。1枚当たり2.5金と銀貨以上になります。収税吏のデッキトップ効果は次ターンの手札の愚者の黄金同居率が上がりそうな気がします。また、収税吏使用後、残った手札でも2金出すのは苦ではないので、愚者の黄金を購入することができるので、1ターンで2枚の愚者の黄金を手に入れることができます。また、少々乱暴ですが、相手も愚者の黄金を集めていて、自分の手札に愚者の黄金が1枚しかなければ、収税吏で愚者の黄金廃棄→愚者の黄金を獲得しデッキトップで、相手の手札から愚者の黄金を捨て札にし、自分は次ターンに愚者の黄金を回すことが出来ます(愚者の黄金を1枚廃棄してまですることではないと思いますが)。
 と、いうことで例によってほぼドミで非干渉COM1人入れて実践。
【ルール】
・NOT避難所、NOT植民地。
・初手、愚者の黄金―収税吏。
・以下、収税吏と銅貨が手札に同居したら銅貨を廃棄し、愚者の黄金をデッキトップ。
・基本的に2~5金で愚者の黄金、6~7金で金貨、8金~で属州を購入。ゲーム終盤は公領・屋敷も買う。
・愚者の黄金のリアクション効果は使わない。
【結果】
 5戦やって3勝でした。内、属州獲得数は3枚1回、4枚3回、5枚1回でした。銅貨→愚者の黄金変換率は銅貨7枚中3,4枚程度。1回5枚変換することができました。ちなみに、愚者の黄金は5戦中3戦で10枚コンプリートすることができました(ほぼドミのCOMは愚者の黄金を獲得しない)。
 ある程度愚者の黄金が集まってくると、ゆうゆうと8金出るターンが出るターンと、5~7金どまりのターンが目につきます。5金で愚者の黄金を購入するのはなんともアホらしい(愚者だけに)ので1カード1アクション1購入的カードがあるといいかもしれません。つまり「市場」(基本)。

「鉱山」&「愚者の黄金」だとどうなのか?
 冒頭で「収税吏は鉱山の劣化版」的なことを言いましたが、じゃあ鉱山&愚者の黄金だとどうなのか。ちなみに僕は鉱山は割と評価していたのですが、こちらで低評価になっていてびっくりした過去があります。
【ルール】
・初手5-2なら鉱山―愚者の黄金、初手4-3なら愚者の黄金―愚者の黄金
・初手4-3の場合、最初の5金以上出たターンに鉱山を購入。
・以下、鉱山と銅貨が手札に同居し次第、銅貨廃棄→愚者の黄金獲得。
・あとは収税吏と同じプレイ
【結果】
 2戦やって1勝1敗。属州獲得数は4,5枚。銅貨→愚者の黄金変換率は銅貨7枚中4,5枚程度でした。属州が4枚だった方(負け)はなかなか5金にならず、鉱山の購入が送れたのが敗因かと。実践結果では鉱山の方が収税吏よりもちょっと上、と言った感じでしょうか。コスト5がネックになっています。ちなみに、初手4-3だったら3ターン目以降の5金率を上げるために銀貨-銀貨にするべきでしたね。

まとめ
・収税吏は「ドミニオン界の仁川アジア大会」
・収税吏&愚者の黄金は属州4枚獲得には十分なコンボかと
・鉱山&愚者の黄金でも属州4枚獲得は十分、収税吏より強い気はするがコスト5なのがネック
 正直、「ドミニオン界の仁川アジア大会」が言いたかっただけです。

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« 【ドミニオン】「死の荷車」(暗黒時代)コンボ考えたけど弱かったです | トップページ | 大相撲とJリーグが抱える似たような闇 »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ