プロフィール

« 【ドミニオン】~原住民の武器庫~ 「原住民の村」(海辺)&「武器庫」(暗黒時代) | トップページ | ラーメン三銃士とか、TOKIOのラーメン作りとか »

【中2数学】2つのサイコロを投げるときに樹形図描く奴wwwwwwwwww【確率】

 中2で習う確率でよくある「2つのサイコロを投げる問題」、例えば、
『大小2つのサイコロを投げるとき、2つのサイコロの出た目の和が4の倍数になる確率を求めよ。』
なんかですね。
 この2つのサイコロを投げる問題を解く際に樹形図を描いて解くのは少々ナンセンス。表を書いて解いたほうがスマートだよっていう話を今日はします。

※問題を正解するのが最優先事項なので「樹形図の方が分かりやすい!」というのであれば、もちろん樹形図を使って解いてください。

表を描いたほうが楽
 とりあえず、上記の問題について、樹形図を使った解き方と、表を使った解き方をご覧ください(字が汚いのはご勘弁を)。
樹形図
Jukeizu

Hyo
 2つとも4/36=1/4が導けているのでいいんですが、2つの解き方を比較すると・・・
・樹形図は六分木を6個書いててめんどくさい。スペースも多く使っている(画像は若干恣意的ではありますが)。表は1~6を使い回している(?)ので楽。
・樹形図はまず、「考えられる出る目の組み合わせ」を書いて、「出た目の和」を書かないといけない。表は対応するマスに出た目の和を書けばよい。
・表は値の法則性が分かりやすいので見落としが少ない(今回は出た目の和が斜めに連なっていることが分かる。樹形図ではわかりづらい)。
など、表の利点がいくつか出てきます。
 ただし、表は基本的に「2つの○○を~」「××を2回~」「△△から2つ取り出す~」など、"2"に関する問題でしか使えません(試行回数が2回という意味)。また、『コインを2回投げるとき、1回表で1回裏である確率を求めよ。』は多分樹形図で解いてもあんまり変わりません。
 また、樹形図は基本的になんにでも使えるので汎用性が高いです。「これは表で解くべきか、樹形図で解くべきか・・・?」と考えるぐらいだったら全部樹形図で解いた方が早いでしょう。
 ただ、「サイコロ2つ」問題は表で解いた方が早いです。ぜひ、みなさん使いましょう。
 なんつーか何でもかんでも樹形図ってバカっぽいやん・・・

« 【ドミニオン】~原住民の武器庫~ 「原住民の村」(海辺)&「武器庫」(暗黒時代) | トップページ | ラーメン三銃士とか、TOKIOのラーメン作りとか »

学校/教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ