プロフィール

« ドーハの悲劇と比べるならオーストラリアのことも考慮に入れて | トップページ | 例のチキンナゲットの件について思ったこと »

生主「一般の方とお付き合いさせて頂いております」について考える

いわゆるニコ生主や歌い手を「生主(笑)」「芸能人気取りかよwwwwww」と嘲笑うときに使われる「生主『一般の方とお付き合いさせて頂いております』」について考えていきます。

「一般の方と~」発言の3つの見方
まずはこちら、
ニコ生主の「一般の人と付き合ってます」発言でツイッターが沸騰 | ニコニコニュース
件の話題のニュース記事ですが、おおむね3つの見方があるようです。ニュース記事のネットでの反応を分類すると…
1.「芸能人気取りかよ」系
・ただのニコ厨が有名人気取りなのが笑える
・勘違いしている生主が多いのは事実

2.「ニコ生で活動してる芸能人みたいなもんだ」系
・実際テレビに出てる芸人より人気がある人もいるでしょ
・彼らは“ネット芸能人”という新カテゴリーの人たちだ

3.「そもそもTV芸能人もアレだよ」系
・そもそもテレビの芸人が特権階級意識を持っているのもムカつく
2と3は共に「生主≒TV芸能人」という考えですが、2はニコ生、TVをポジティブに捉え、3はネガティブに捉えている。という感じですね。
 僕は2と3の意見に乗っかるなぁという感じ。

ニコ生が1つの芸能活動場になるかも
 2の意見は、「近いうちにニコ生(っていうかニコ動)が1つの芸能活動場所になるかも」ということですね(実際もうなってたりするのかな?)。YOUTUBEで言えば、YOUTUBErという職業名があり、YOUTUBEに動画をあげてお金を稼いでる人がすでにいるらしいですね(ニコ動にもいる?)。
 さらに、下手な芸能人よりファンが多い、生主なんかもいます。「信者」とも言われたりしていますが、結局のところ芸能人にも「信者」はいるのでどっこいどっこい。生主の地位が上がれば「信者」も「熱狂的なファン」になるわけです。
 と、いうことで、ニコ生(ニコ動)の地位は徐々に上がってきており、近い将来「ニコ生主」や「歌い手」が1つの職業となる日が来るかもしれませんね。

プロとアマの差がない世界
 3の意見がまかり通るのは、芸能界はプロとアマの差が小さいからです。
「アマがプロに勝つ(=ジャイアントキリング)ことが割と多い」サッカー界で例えてみると、地域リーグのチームの選手が「俺みたいなアスリートになると・・・」とtwitterで発言した感じでしょうか。これを↑の反応に当てはめてみると、
1.「アマチュア選手のくせにプロ気取りか」
2.「地域リーグの選手だって、サッカー選手。(上に行くチャンスはいくらでもあるしね)」
3.「そもそもJ2のベンチ選手でも、給料も知名度も低いじゃん」
と言った感じでしょうか。やっぱり僕は2に同意ですね。3に同意しかねるのはサッカーが好きだからか。
うーん例えが微妙だった。
 とはいえ、プロとアマがきっちりしてる野球界で例えても、「2軍の選手なんて~~」とかなるんですよねえ。それこそ社会人の方が人気あったりするし。

まとめ
・生主の件の発言はおおむね3つの捉え方ができる
・ニコ動近い将来、1つの芸能活動の場になるかも(既になってる?)
・ニコ動、TVではなく、別の世界で例えると捉え方が変わるかも
上記3つの捉え方をもっと、端的に書くと、「ニコ生NO、芸能人OK」、「ニコ生OK、芸能人OK」、「ニコ生NO、芸能人NO」となります。と、いうことは、残り1つ、「ニコ生OK、芸能人NO」がある訳で、それは現在では、「信者」のみというところですが、若者のTV離れが加速している今、「ニコ生OK、芸能人NO」となる層ができるかもしれませんね。

最後にとあるニコ生主のtwitterでのやり取りを紹介します。 こちらをクリック
(発言上下に他ユーザーとの会話・反応が見れますのでそちらと併せてお楽しみください)
散々上でニコ生に肯定的な意見を述べている私ですが、こりゃアカン。っていうか芸能人でもこの発言は痛いwww
しかも彼、こんなことにもなってるんですなぁ・・・

« ドーハの悲劇と比べるならオーストラリアのことも考慮に入れて | トップページ | 例のチキンナゲットの件について思ったこと »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ