プロフィール

« W杯 グループリーグ グループF 第2戦 アルゼンチンvsイラン 小学生並の感想 | トップページ | 【ドミニオン】災いカードがリアクションカードだったら »

W杯 アジア勢1勝もできず・・・ でもアジア枠は減らさなくていいでしょ

W杯のグループリーグが終了し、アジア勢4チームは決勝T進出どころか、1勝もできず・・・。
巷では例によって「アジア枠多すぎ。アジア枠削って欧州枠か南米枠増やせや」と主張する人が一定数いるようです。
と、いうことで今回は06ドイツ大会以降3大会のデータをを使用してアジア枠について弁護して行こうと思います。
02日韓や98フランス大会のデータを入れてもよかったんだけどねぇ・・・
めんどくさいから
優勝チーム予選免除とか(特に日韓は)枠の都合とかがドイツ移行とは一線を画す感があるので。
※長文書いてたらデータが消えてやる気が無くなったので短文になってます

集計したデータ
まずは、集計したデータをご覧ください。
Kurou
 「頑張り率」とは組み合わせ抽選会でのポッド1に入るチームは「GL突破して当たり前」として、それ以外の「頑張ってGL突破したチームの割合」を表します。アジア勢は06ドイツ以降は1チームもポッド1に入っていないのでGL突破率=頑張り率になります。敗退率の勝分負は敗退チーム"のみ"の成績をまとめています。
 で、突破率を見ると確かにアジア勢は悲惨だ。3大会中2大会が突破率0%だし。ただ、意外なことに欧州は55%と半分ちょいで、北中米カリブ海と同値だ。 頑張り率にすると欧州勢の頑張り率は大きく下がる。
 敗退チームの成績を見ると、14ブラジルでのアジア勢の悲惨さがよく分かる。が、敗退チームだけを見ると、北中米カリブ海勢がもっと悲惨だと分かる。

チャレンジ枠の存在
 上でdisった北中米カリブ海勢だが、06ドイツのトリニダード・トバゴは0勝1分2敗だったが、その1分を相当称賛された記憶がある。10南アのニュージーランドも0勝3分0敗でGL突破はならなかったが称賛された。これらのチームは「チャレンジ枠」といわけで、W杯には「チャレンジ枠」も必要だと思う。FIFAがアジアを見捨てたならば分からないが、世界中のサッカー人口を増やし、サッカー人気を高め、サッカーレベルを上げたいと考えているならば、「チャレンジ枠」を削ることはないでしょう。
流石にアジアTOP2(14ブラジルでは日本・イラン)はチャレンジ枠ではないとは思うので、1勝はしてほしかったが・・・。
 W杯は「世界の強豪32チームが頂点を目指す大会」ではなく「世界の強豪24チームぐらいが頂点を目指し、8チームぐらいはその真剣勝負の世界で揉まれる大会」だと思います。

まとめ
・アジア枠他厳しい成績のチームはあるがそれは「チャレンジ枠」である。
・欧州勢は意外とポッド1レベルのチーム頼み感があるので欧州枠増やしても・・・?
・アジアも悲惨だがメキシコ(とアメリカ?)を除いた北中米カリブ海勢もなかなか悲惨。

っていうか、ぶっちゃけると・・・
・仮にアジア枠減らしてどっかの枠増やしたとして、そのチームがアジア4位よりもいいサッカーする保証はないよね。予選でいいサッカーしても本戦でダメダメなんてよくあるし、その逆もしかり。現に予選終了時ではホンジュラス>メキシコだった。
・上記チャレンジ枠の話的にも「アジア枠は0.5か1でいい。おまけして1.5」とか言ってる人は、超極端な正確で多分アジアが嫌いなんだと思う。
・「欧州と南米のチームが殆どの大会で、何が「ワールドカップだ!」」→「全体的に出場枠増加、アジア枠他地域の枠も増加」といういきさつがあるらしいから「アジア枠減らして欧州南米枠増やせ」は本末転倒感。
・某華人民共和国のお金的な意味で、アジア枠は減らないのではないか。むしろ、FIFA的には増やしたいらしいし。
※下2項目はソースが不適格なのでご了承ください。

俺個人の意見としては、アジア4.5→4でオセアニア0.5→1にしていいと思う。さらに、ここ2大会の大活躍っぷりに南米枠4.5→5.5にしてもいいかも。じゃあどこを減らすかってのが問題。今大会のふがいなさ的にアジアかなぁ・・・。うーん難しい。

っていうかデータが少ないからあと20大会くらいこの出場枠でやろう(笑)

ワールドカップのデータはこちらを参照しました。

« W杯 グループリーグ グループF 第2戦 アルゼンチンvsイラン 小学生並の感想 | トップページ | 【ドミニオン】災いカードがリアクションカードだったら »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ