プロフィール

« 横綱が油断することなんてあるか? | トップページ | 【ドミニオン】「広場」(ギルド)は”プチ「策士」(海辺)” »

【ドミニオン】「助言者」(ギルド)を考える

「あれ?助言者って弱くね!?」とある日突然思ったので、助言者をいろいろな方向から見てみます。

助言者 Advisor アクション コスト4
+1アクション
あなたのデッキの上から3枚を公開する。
あなたの左隣のプレイヤーは、その中から1枚を選び、そのカードを捨て札にする。公開した残りのカードをあなたの手札に加える。

※管理人のドミニオン歴や、これらの考察へのコンセプトはこちらをご覧ください

「助言者」vs「研究所」(基本)
 まずは「最終的に2カード1アクション」対決。研究所の強さは説明不要ですが・・・。
うーん。完敗だなぁ。公開する3枚の質をよっぽど上げないとちょっと強い「浮浪者」(暗黒時代)程度になってしまう。「銀貨」「銀貨」「ハーレム」とかだったら選択の余地なしだからいいけど、銀貨レベルのカードを1枚流しちゃうのはなぁ。
唯一助言者が研究所に勝るのは「デッキの回転が速くなる(1枚だけ)」かと。この点と1コスト安いことにどれだけ価値を見いだせるか。でも、左隣のプレイヤーに捨てられるのは確実にキーカードだからデッキ回しには向かないよねぇ。

「助言者」vs「中庭」(陰謀)
 続いて「3枚ドローして1枚どうにかする」対決。中庭は反則レベルの強さだから助言者の負けです。
中庭は自分で1枚選べる(プラス)けど、助言者は左隣のプレイヤーが1枚選ぶ(マイナス)
中庭はデッキトップだけど、助言者は捨て札。
中庭はコスト2だけど、助言者はコスト4。
助言者惨敗です。唯一勝るのは、研究所対決同様「デッキの回転が速くなる」かと。3カードの結果が「呪い」「呪い」「呪い」だった時は助言者の方が強いですね。(助言者の後に廃棄系アクション使えるし)

「助言者」vs「禁制品」(繁栄)
 3番目は「左隣のプレイヤーが妨害してくる」対決。妨害される側の立場になって考えてみます。
禁制品は「本命が購入禁止にされても+1購入効果によって、路線変更が多岐で可能」言われていますが、助言者は「本命カードが捨てられたら終了」ですね。また、左隣のプレイヤーは禁制品はターンや金量によって、購入禁止カードの判断に迷いますが、助言者では基本一番金が出るカードか、一番合強いアクションかなので判断が楽です(そもそも禁制品は1/17、助言者は1/3なので単純に考えても助言者の方が楽)。

ギルド内での立ち位置は?
 と、ここまで3戦3敗の助言者ですが、研究所と中庭は全カードの中でも優秀なカードですし、禁制品も特殊財宝の中ではよく買われるカードです。相手が悪いのでは!?と、いうことで、ギルド内で考えてみます。
1.「1カード1アクション」があるのは助言者を含む4枚だけ
 13枚(アクションカード12枚)中、「助言者」「広場」「パン屋」「伝令官」のみ。
2.ギルド内でカードを2枚以上引けるのは助言者と「熟練工」だけ
 助言者は2枚。熟練工は3枚ドロー可能。1枚引けるカードは3種。残りはカードを引くことができない。(「予言者」効果で他のプレイヤーが1枚引くことはできる)
このように考えると、ギルドで唯一「カード2枚以上引けて、1アクション付くカード」となる。しかし、いかんせん引けるカードは最も欲しいカードが1枚捨てられてしまう場合がほとんどなので評価は上がらず・・・。

まとめ
・助言者はギルドに4種しかない「1カード1アクション」カードである
・助言者はギルドに2種しかない「2カード以上引ける」カードである
・カード性能は研究所や中庭に劣るが、「デッキを速く回せる」という利点が一応ある
「呪い」「屋敷」「銅貨」みたいな時に、左隣のプレイヤーが銅貨を指名。「呪い」と「屋敷」を手札に加えて、ドヤ顔で手札から廃棄系アクションを打つ!とかできないことはないけど、ある程度のデッキ操作が必要だよなぁ。何度かやったらばれて左隣のプレイヤーも対策してくるし、助言者で廃棄系カードを後悔してしまったら元も子もない。
 ギルドはまだ発売されて間もないので「宰相」「木こり」(基本)のように、評価が急上昇するときが来るかもしれません。ま、それまでは「助言はいらないよ」って王冠かぶってる王様も言ってますw

※各カードの説明はこちらをご覧ください。

« 横綱が油断することなんてあるか? | トップページ | 【ドミニオン】「広場」(ギルド)は”プチ「策士」(海辺)” »

ドミニオン」カテゴリの記事

コメント

他のカードとの比較も、あるカード(この場合“助言者”)を理解する助けになりますが、まずは「どういった状況ならそのカードを使うのか(使うべきでないのか)」「(本当に強いカードなら)そのカードを使うために、どういうデックにすべきなのか」といったことを考えるのかなという気がします。
サプライにあっても使われない頻度の高いカードを“弱いカード”と定義すれば、確かに助言者は他のカードより使われない頻度の高い弱いカードですが、使って(他のカードより)役に立ったり、他人に使われて困ったりすることが全くないわけでもないです。
助言者を使ってマイナスになるのは「金貨、屋敷、屋敷」みたいなカードが公開された場合で、「銀貨×3」や「屋敷×3」といったカードが公開された場合はプラスだと思います(「屋敷×3」は“良くない”とされるかもしれませんが、それは助言者が悪いのではなく、デックの作り方や引きが悪いとなります)。
このように助言者は、「均質なデック」の方が効果が高くなります。
そうなると圧縮して強いカードばかりのデックや、名品のようなカードで大量に銀貨を入れたデックなどでは効果が高くなります。逆にほんの数枚の重要度の高いキー・カードに支えられているデックでは使うとマイナスになる可能性が出てきます。
あとデック内容が助言者にあっていなくても、鉄工所のようなカードで大量に掻き集められる場合は、質が変わることがあります。助言者10枚で毎ターン「1番重要なカード以外の全カードを引ききれる」なら、かなり強力でしょう。

助言者がサプライにある場合、その辺を念頭に「均質なデックになったのでサポートに助言者を入れる」「助言者を使う(使いそうな)ので、デックを均質にする」「均質にならない(キー・カードがある)ので助言者は使わない」といったことを考えてみると良いのではないかと思います。

長文ありがとうございます。
たしかに均質なデッキでは助言者でキーカード(や金貨)を落とされる心配はないですね。
しかし、例えば銀貨銀貨銀貨の場合で銀貨1枚を落とされても、たしかにキーカードを落とされた感はないですが、結果として銀貨1枚無駄になってるんですよねぇ。その辺も含めてサプライによって価値が変わるということですね。(他に+2カードがないサプライなら上記の例も受け入れられる)

この場合、「銀貨1枚が使えなくなった」のも確かですが、「助言者1枚が4金になった」という点も大きいのでは。使えなくなるカードが非常に大事なキー・カードなら問題ですが、そうでもないカードなら、得られた成果(4金)の方に目を向けるべきでしょう。

うーん。確かにコスト4のアクションカードで4金出るなら強いと言えますね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 横綱が油断することなんてあるか? | トップページ | 【ドミニオン】「広場」(ギルド)は”プチ「策士」(海辺)” »

Twitter

  • 主に更新情報を呟いています
無料ブログはココログ